国内オルタナティブ・ハウスの先駆者
、peechboyによる新曲リリース オリ
ジナル楽曲としては10年以上ぶり

国内オルタナティブ・ハウスを牽引してきたDJ/プロデューサーのpeechboyが新曲「we’ve dance music ‘cause we’ve bodies」を1月9日(土)にリリースした。
COS/MESやTRAKS BOYSらを擁し、00年代のオルタナティブ・ダンス・ミュージック・シーンで存在感を放ったレーベル〈SWC〉の一画として活躍。その卓越したスキルで数々のフロアを揺らしてきたDJ、peechboy。昨年オリジナル・トラックの制作を再開した彼による復帰第1弾シングルとなる本作は、予てより影響を公言してきたTheo Parrishなども彷彿とさせる、ざらついた質感とサンプリング感覚も魅惑のディープ・ハウス・チューン。

ミックス/マスタリングはChester Beatty。XTAL『Aburelu』アナログ盤に続く、〈813 Records〉からのリリース作品となり、peechboyのオリジナル作品としては10年以上ぶりの新曲となる。


【リリース情報】 

peechboy 『we’ve dance music ‘cause we’ve bodies』

Release Date:2021.01.09 (Sat.)
Label:813 Records
Tracklist:
1. we’ve dance music ‘cause we’ve bodies

■peechboy: Twitter(https://twitter.com/peechboy) / SoundCloud(https://soundcloud.com/djpeechboy)

Spincoaster

『心が震える音楽との出逢いを』独自に厳選した国内外の新鋭MUSICを紹介。音楽ニュース、ここでしか読めないミュージシャンの音楽的ルーツやインタビュー、イベントのレポートも掲載。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着