CHERIE GIRLS PROJECTが4thワンマン
公演で巻き起こした、小さな革命!!!
!

「あなたの愛しい人、あなたのかわいい人をコンセプト」に活動中のCHERIE GIRLS PROJECT。彼女たちが、11月17日(火)に渋谷club asiaを舞台に4thワンマン公演「Grandir」を行なった。
「Grandir」とは、フランス語で「成長する」という意味を持つ言葉。メンバーそれぞれが「成長する」ことをテーマに、今回のワンマン公演に挑んでいた。さらに、11月18日に誕生日を迎える音羽リィナの生誕祭もワンマン公演の中で実施。ゲストで、先輩グループのCHERRY GIRLS PROJECTも登場。この日の模様をお伝えしよう。
 可愛いを詰め込んだショーケースから4体の人形が飛び出し、キラキラ輝くSEに乗せはしゃぎだした。そんなロマンチックな光景を示すように、CHERIE GIRLS PROJECTのライブは「BELIEVE」から幕を開けた。自分たちの未来は輝くはずと信じている4人だからこそ、期待を込めた想いを胸に元気いっぱいに歌いだした。どんなつらいことがあっても大丈夫と歌う4人の瞳には、強い意志と希望が輝いていた。だからこそ彼女たちは、迷いない姿で舞台へ立っていたのだろう。
勢いを加速するように、CHERIE GIRLS PROJECTはキラキラ輝くダンスポップチューン「ねぇ・・・」を歌唱。力強く疾走する楽曲の上で、4人は切ない恋心を真っ直ぐにぶつけだす。躍動する楽曲に身体は騒ぎたい衝動を覚えながらも、4人の切ない乙女心に気持ちを重ね合わせたとたん、胸をキュッと締めつけられる苦しさを感じた。
華やかな音を振りまく中にも哀愁を覚える楽曲だ。4人は切ない乙女の胸の内を「アネモネ」に乗せ、告白するように歌っていた。リードを取る音羽リイナが切ない恋心抱いたヒロインとなり、言葉のひと言ひと言へ募る想いを重ねながら歌い躍ってゆく。
いきなり胸をキュッと締めつける始まりだ。4人は、悲しみを背負ったヒロインに気持ちを同化。痛みを感じながらも過ぎ去った恋心を振り返るように。そして、新しく生まれた恋の関係の中にある、先に進めないもどかしい恋心へいじらしさを覚えるように「VirginSnow」を歌っていた。甘えたように、でも、何処か切なさも覚える歌声やパフォーマンスへ視線が強く惹かれる…。
CHERIE GIRLS PROJECTの始まりを告げた「オキナグサ」の登場だ。4人は弾む楽曲に身を、心を預け、ときめく想いを振りまくように歌い躍りだす。もどかしさを覚えるいじらしい恋心を歌う彼女たち。躍動したステージングも、4人がヒロインの強い恋心へ同調し、馳せるように想いをぶつけていたから?!
さぁ、華やかなパーティの幕開けだ。CHERIE GIRLS PROJECTは「可愛い 可愛い 超可愛いー!」と歌いながら、アゲアゲの盛り上がりダンスポップチューン「らぶリパ」に合わせ、熱したポップコーンのような様で舞台の上を弾け飛んでいた。派手で可愛いパフォーマンスも視線を強く惹きつける。それ以上に、楽曲に触れている間中アゲアゲな気持ちへ導いたパワーへやられた気分だ!!
どこかで耳にしたことのあるようなイントロも印象的。アガった気持ちを、もっともっとアゲて騒ごうよと誘うように、CHERIE GIRLS PROJECTは「恋のNAINAI協奏曲」を歌いながら、フロア中を狂騒した空気に塗り替えてゆく。声を出せず、全力で騒げない環境とはいえ、フロア中の人たちも熱い手拍子を鳴らし、全力で想いをぶつけながら会場に熱狂したパーティを描きだしていった。
ライブは、ゲストのCHERRY GIRLS PROJECTにバトンタッチ。「エモ恰好いい」をテーマに据えた彼女たちは、「君に花束を」「神さま、お願い。」を歌い会場をしっかり温めながら、この日の主役となる音羽リイナの聖誕祭へバトンを手渡した。
愛らしいキリンのコスプレ衣装で登場した音羽リイナ。ここで彼女が、母親への感謝の手紙を読み始めた。音羽リイナが芸能を目指すきっかけになったのがママ(母親)だったことなどを告白しながら、母親への感謝の想いを彼女は伝えていった。
手紙を読み終えた音羽リイナは、派手派手なユーロナンバーに乗せ、パラパラダンスを披露。誰でも簡単に真似出来る振りを中心にしていたように、フロアでも彼女の振りに合わせ真似てゆく人たちが大勢いたことも伝えておこう。
ここからは、CHERIE GIRLS PROJECTのメンバーたちによるケーキや花束を用意してのバースデーコーナーへ。音羽リイナは、「毎年大人になりますと言ってたけど、見ての通り大人っぽくはなれないので、23歳は日本語を勉強し直して、もっとみんなと楽しい空間を作っていける人間になりたいと思います」と23歳の豊富を語れば、各メンバーも、音羽リイナの良いところをそれぞれ伝えていた。3人の言葉から、音羽リイナの優しい性格も見えてきた。
CHERRY GIRLS PROJECTによるゲームコーナーを挟み、ふたたびライブのバトンは着替えを終えたCHERIE GIRLS PROJECTへ繫がれた。
風に乗せて舞い上がるように、CHERIE GIRLS PROJECTは新曲の「風のように」を歌いながら、ふたたび心のアクセルを踏み出した。とても爽やかでメロディアスな楽曲だ。胸騒がせる歌の風を、4人はハートに届けてゆく。その歌に触れ、晴れた気持ちが胸いっぱいに広がった。
続く新曲の「ミラージュ」では、華やかな音を振りまく楽曲の上で、4人がチャーミングな仕種を見せながら、ファンたちに愛らしくせまっていた。隠していた愛しい人への想いを告白するように歌う、彼女たち。ちょっと切ない恋心を歌いながらも、晴れた曲調のように、気持ちは心地好さを覚えていた。
小悪魔な表情をチラ見せつつ、4人は「かわいいカースト」を歌いながら、可愛く、妖しくせまりだす。女の子のきつい本心をプチ毒づくように歌う様へ惹かれてしまうのは、彼女たちの毒に心が侵されたから?!ファンたちもエアー肩組みをし、その場で飛び跳ねながら、沸き立つ想いを舞台上にぶつけていった。
続く新曲の「チャミチャミ」は、韓流スタイルをオマージュしたナンバー。4人は力強く躍動するHIP HOP系のダンスビートに乗せ、妖しく大人っぽくせまりだす。サビではポップに軽やかに弾けるとはいえ、そこへ至るまではけっこうな色気を振りまいてせまるように、4人の新鮮な表情を味わえた気分。甘くプチセクシーなアプローチも、今後のCHERIE GIRLS PROJECTの魅力になりそう??だ。
 ここから一気にクライマックスまで全力で盛り上がれ。CHERIE GIRLS PROJECTは、身体をピョンピョン跳ねさせる超アゲアゲの和ダンスナンバー「青春カゴメ」を歌い、フロア中の人たちを「わっしょい」騒がせだした。テンションのレベルをマックスまで上げながら、4人はフロア中の人たちと全力の笑顔でお祭り騒ぎを繰り広げていった。途中に加えた「はないちもんめ」でフロアと一つになり遊びに興じる様も、この曲に欠かせない魅力だ。
最後は、やはりこの歌。何時だってCHERIE GIRLS PROJECTのライブに熱狂のドラマを作りあげる「Distortion!」だ。この歌を聴くたびに、胸が熱く騒ぎだす。どんなネガティブな環境にいようと、この歌に触れたとたん、心に広げた翼を大きく羽ばたかせ、淀んだ今を突き抜け、明日へ進んでゆく気持ちになれる。心に小さな革命を起こすこの歌が、自分らしさを取り戻してくれる。まさに、心を高ぶらす最高のアンセムだ!!
アンコールでは、CHERIE GIRLS PROJECTの歩みやライブには欠かせない「オキナグサ」「恋のNAINAI協奏曲」「Distortion!」を立て続けに歌い、フロアに本編時以上の熱狂を作りあげていった。そして…。
最後の最後に披露したのが、「未来」「希望」「継続」をテーマに、ファンたちと一緒に作りあげた新曲の「MiraiStap」。彼女たちの未来へ向かう気持ちを、絶対に輝いてみせると胸に抱いた力強い想いを、彼女たちは自信に満ちた歌声で会場中に響かせていった。「何時だってここが物語の始まりなんだ」と歌う言葉が強く胸に響いてきた。これからも彼女たちと、この歌と一緒に輝く未来を作ろうじゃないか!!
CHERIE GIRLS PROJECTは、2021年1月より12月まで、毎月第二月曜日に渋谷CLUB MALCOMEを舞台に無料定期ワンマン公演を行なうことを発表した。さらに、逢坂茉白の誕生日当日となる4月3日に、秋葉原ZESTで「逢坂茉白生誕祭」を行なうことも伝えてくれた。まだまだ彼女たちは、進化や成長の道半ばだ。だからこそ、その成長を追いかける楽しみもある。その選択をするのかは、あなたの心に委ねたい。    
TEXT:長澤智典
★インフォメーション★
NEXT IDOL GRANDPRIX 2020参戦中!!
渋谷Club Malcolmにて
無料ワンマンライブ開催決定!
【日程】
19:00open 19:30start
1/11、2/8、3/8、4/12、5/10、6/14、
7/12、8/9、9/13、10/11、11/8、12/13
逢坂茉白生誕祭開催決定!!
2021年4月3日秋葉原ZESTにて
【Musicvideo】
Distortion!
らぶリパ

CHERIE GIRLS PROJECT Web
CHERIE GIRLS PROJECT twitter
CHERIE GIRLS PROJECT BLOG
CHERIE GIRLS PROJECT公式YouTubeチャンネル
五十嵐璃真
逢坂茉白
綾坂星恋杏
【逢坂茉白主演CM放映中】
ピークアンドパインマスクCM
◆期間 11/17~11/30
◆場所 渋谷109横 HAMATOMOビジョン (サーティーワン上)
◆放映時間 9:00~24:00
毎時21分15秒~21分45秒 ・毎時51分15秒~51分45秒
─セットリスト─
「BELIEVE」
「ねぇ・・・」
「アネモネ」
「VirginSnow」
「オキナグサ」
「らぶリパ」
「恋のNAINAI協奏曲」
CHERRY GIRLS PRIOJECT
「君に花束を」
「神さま、お願い。」
リイナソロ
「風のように」
「ミラージュ」
「かわいいカースト」
「チャミチャミ」
「青春カゴメ」
「Distortion!」
-ENCORE-
「オキナグサ」
「恋のNAINAI協奏曲」
「Distortion!」
「MiraiStap」

Myuu♪

フェスティバルをテーマにしたWEBマガジン。フェスティバルの最新ニュースや役立つ情報、最新のフェスカルチャーを発信していき、これからのフェス文化をさらに盛り上げてまいります。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着