『日本沈没2020』スピンオフ企画で生
まれた向井太一、Daichi Yamamotoら
による「シズマヌキボウ」PV公開

Netflixのオリジナル・アニメ・シリーズ『日本沈没2020』のスピンオフ・プロジェクト『シズマヌキボウ』より生まれた同名のオリジナル楽曲のMVが公開された。
『夜は短し歩けよ乙女』『夜明け告げるルーのうた』などで世界的な評価を受ける湯浅政明監督が、『DEVILMAN crybaby』以来2度目となるNetflixオリジナル・アニメ・シリーズとして小松左京の傑作SF小説をアニメ化した『日本沈没2020』。同作の全世界独占配信に合わせてスタートした本プロジェクト『シズマヌキボウ』は、どんな過酷な状況においても前を向くことを忘れない『日本沈没2020』の登場人物たちにインスピレーションを受け、様々な未来への希望を“音楽”や“言葉”、“画像”でアーカイブしていくプロジェクト。湯浅監督曰く「失って初めてわかる、日々享受されているものの尊さ」という今作のテーマに迫るコンテンツになるという。

楽曲「シズマヌキボウ」には『日本沈没2020』のカイト役の声優としても今作に出演する人気声優・小野賢章、バーチャル・シンガーの花譜、Spotify「Early Noise 2020」にも選出されたラッパー・Daichi Yamamoto、若者から高い支持を獲得するSSW・向井太一が参加している。
小野賢章
花譜
Daichi Yamamoto
向井太一

これまでの湯浅監督作品において重要なパートを担ってきた、劇中に差し込まれるラップ表現は『日本沈没2020』においても健在。登場人物たちが絶望的な状況のなか“未来への希望”をラップで表現する、本作の象徴的なシーンを出発点にオリジナル楽曲「シズマヌキボウ」は制作された。作中では、主人公の歩(あゆむ)と仲間たちが希望の光差す“魂のラップ”を繰り広げるが、本楽曲においてもまた、アーティストたちが自身の経験をもとに作詞したリアルな言葉で“未来への希望”を語る。

さらに、「シズマヌキボウ」のリリックには『日本沈没2020』全10話のエピソード・タイトルが散りばめられており、その“10の言葉”がアーティストそれぞれの持つ葛藤や希望とも重なり展開されていく曲構成となっているので、リリックのなかに隠された作品タイトルを追っていくのもひとつの醍醐味と言えるだろう。

日本人の父とジャマイカ人の母を持ち、ロンドン留学を期に音楽活動をスタートさせたDaichi Yamamoto。旧来の固定観念を打破するように、バーチャルとリアルのあいだに立ち、2つの世界で歌うことを選んだ花譜。子役時代からの長いキャリアのなかで体験した挫折、さらなる高みにのぼるために声優と俳優の両立を目指し、成し遂げた小野賢章。表現者としての“自分らしさ”を胸に、「やっとマイオリタキボウ/つらいことすら抱きしめていこう」と歌いあげる向井太一。

なお、PVの監督は気鋭の映像ディレクター、Nao Watanabeが担当している。


【番組情報】

Netflixオリジナル・アニメ・シリーズ 『日本沈没2020』

配信日:Netflixにて全世界独占配信中
エピソード:全10話

■ 『日本沈没2020』 オフィシャル・サイト(https://www.japansinks2020.com/)

Spincoaster

『心が震える音楽との出逢いを』独自に厳選した国内外の新鋭MUSICを紹介。音楽ニュース、ここでしか読めないミュージシャンの音楽的ルーツやインタビュー、イベントのレポートも掲載。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着