コロナ禍を乗り越えて新国立劇場が開
幕! 舞台『願いがかなうぐつぐつカ
クテル』で北村有起哉、あめくみちこ
らが喜びを語る

コロナ禍の影響で主催公演の中止が続いていた東京・新国立劇場の幕がついに上がる。舞台『願いがかなうぐつぐつカクテル』が2020年7月9日(木)に開幕し、初日直前にはマスコミ向けのフォトコールが行われ、本番さながらの芝居が披露された。
本作は『モモ』『はてしない物語』などを執筆した世界的にも有名な児童文学作家のひとり、ミヒャエル・エンデが手掛けたもの。今回舞台化に当たり、高橋文子が翻訳し、小山ゆうなが演出を務めた。
フォトコールで披露されたのは、魔術師イルヴィッツアー(北村有起哉)のもとに魔女ティラニア(あめくみちこ)が訪れ、何でも願いが叶う魔法のカクテルを作るためのレシピを譲ってほしいと依頼する場面。とにもかくにも魔法のカクテルのレシピを欲しがるティラニアが金に物を言わせてあの手この手でイルヴィッツアーに詰め寄るが、がんとして首を縦に振らないイルヴィッツアー。そんな二人のやりとりをネコのマウリツィオ(松尾諭)と、カラスのヤコブ(森下能幸)が身を隠しながら聞き耳を立てているが―。
魔術師というかマッドサイエンティストのような北村と、服装からアクセサリーに至るまでお金の匂いがプンプンする魔女役のあめくとのやり取りは、大人はもちろんのこと、子どもにも分かりやすいよう、表情豊かに、そしてコミカルに表現されており、肩の力を抜いて楽しめる内容となっていた。
ふと、最近観た他の舞台よりキャストたちの距離が近い……と感じたが、よくよく見ると演じるキャストの口元を覆う透明のマスクが装着されていた。マスクは衣裳デザインと上手く合わせて作られており、またこの作品がファンタジーであることから違和感なく溶け込んでいたのが印象的だった。
(左から)小山ゆうな、北村有起哉、あめくみちこ
フォトコールの後行われた会見では、北村とあめく、そして演出の小山が登壇し、今の心境を語った。
まずは北村が「2月頃から(コロナ禍で)舞台中止となることが相次いで、僕も心苦しく感じていたのですが、どんな形であれ、たくさん芝居を観たい方がいたと思います。でもギリギリのタイミングで、こうやってマスクを付けたりと、知恵を絞って舞台に臨めることができて大変光栄に思っています」と喜びを口にする。あめくも「果たして本作の稽古が始められるのか心配でしたが、無事6月から始めることが出来て、こういうのもの(マスク)をつけて、本番を迎えられて嬉しい」と笑顔を見せていた。
小山さんは普通のマスク姿です
小山は「観に来てくださったお客様が安心して芝居を観ることができるにはどうしたらいいか、スタッフ、キャストとも話し合いながら稽古を進めてきました」とコメントし、「演劇ならではのライブ感を楽しんでいただきたい」と期待を持たせていた。
北村さんのマスクに注目!
あめくさんのマスクは役柄に合わせてゴールドの飾りがついていました!

マスクを付けての演技について問われた北村は「もう慣れましたね(笑)。逆にもうこれがないと不安になっちゃうくらいって言う感じ」と笑うが「たまに忘れてくるんですが」と自爆。すると、あめくも「うっかり稽古中にマスクを忘れてやっていたが、誰も気が付いてなかった」としれっと語るが、北村から「いや、途中で気が付きましたよ」と突っ込まれ「言わないで!」とその言葉を制しながら苦笑いするあめく。改めてあめくは「演技中はズレてくるので、あごに両面テープを貼ってズレないようにしています。だからあごの部分はメイクをしていないんですよ」と苦労を語っていた。
空席に設置されたパネル。何種類あるか探してみると面白いかも!?

なお、客席は1つ空ける形で観客が座り、空席には本作にちなんで様々な妖精が描かれたパネルが置かれていた。これについて北村は「舞台から(パネルが置かれた)席を観ると何もないのとは全然違うんです。安心しますね」と柔らかな微笑みを浮かべていた。
取材・文・撮影=こむらさき

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着