MVも公開!CANDY GO!GO! のメンバー
全員で熱く語る、最新シングル「Inf
inity」の「ここを聞け」!!

世の中を取り巻く空気も、人々の心の結び目も、少しずつ弛み出している昨今。経済がまわり出しているのは嬉しいことだが、音楽を生きる糧にしている人たちにその環境が訪れるのは、もうちょっと先になりそうだ。CANDY GO!GO!のメンバーたちも、当分は生身で触れ合うライブ活動を控え、「STAY HOME GIGS」と題し、無観客という形のもとライブハウスで収録したライブを、Webチケットを購入した方へ向け毎週日曜日に「24時間限定」で配信し続けている。

ご存じの方も多いだろうか、今年初頭からCANDY GO!GO!は「Series-GIGS-XTRAILS」と題し、10周年を祝したシリーズGIGを行い続けてきた。残念ながら現在は、会場も含め、ライブ活動の再開が見えないことから中断している。だが、つねに歩みを止めない姿勢を示す彼女たちは「CANDY GO!GO!の10周年」という大きな歩みの節目として、結成月となる7月15日に「CANDY GO!GO!の10年間の歩みと、その中で培ったメンバーたちの絆」を記したシングル作品を発売することを宣言した。それが”無限”という意味を冠した「Infinity」になる。
これまでにもCANDY GO!GO!は、万里の長城並に起伏の激しい道を汗水垂らしながら必死の形相で歩み続けてきた。つねに、輝きをつかもうと真っ直ぐな気持ちで突き進む彼女たち。その純真さ故に彼女たちは狡賢い大人たちに振りまわされ、何度も辛苦を味わえば、何度も道を遠回りし続けてきた。だからこそCANDY GO!GO!は、自分たち自身が強くならねばいけなかった。
「Yes-Yes-Yes」の中、彼女たちは「身勝手な大人に邪魔させない どれだけ足掻いたら この手振りほどけるんだ」と心の叫びをぶつけていた。
長く続けていく中、数多くの仲間たちが志半ばにしてグループを卒業。その姿を、涙を堪え何十回と見続けてきたなぎさりんは、また一緒に夢を観ようと、旅立った仲間たちへ向け、「CANDY」を通し「いつだって帰る場所はあるよ だってまた逢える」「キミは云った だからボクは守り続ける ここでずっとずっと オレンジのヒカリを」と想いをぶつけてきた(オレンジ=CANDY GO!GO!カラー)。
そして、どんなことがあってもCANDY GO!GO!を応援し続けてくれる大切なCANDYST(ファン)へ向け、「Fake News」の中「側にいてキミだけに この想いは伝わればいい~あともう少しもう少し 見せたい夢の入口まで」「奇跡なんてはじめからFakeさ 信じて待ってても道は拓かない さあ、いこう!」と歌いながら、一緒に描いた夢をつかもうと呼びかけてきた。
今のCANDY GO!GO!は、自分たちが大切にしたい「想い」「意志」「願い」や、守りたい「夢」「仲間」「友」に向けた心模様を楽曲にし続けている。それらの歌に心揺さぶられ、その想いを全身全霊でぶつけるライブに共鳴し、魂を奮わされた人たちにCANDY GO!GO!は支えられ、共に穴だらけの道さえも一緒に我武者羅に突き進みながら、10年という時を間もなく迎えようとしている。
その10年の歩み。たとえ加入した時期は異なろうと、10年間CANDY GO!GO!という存在を支え続けてきたのは今のメンバーたちの強い意志と、互いに結び合った絆にあることを知っているからこそ、CANDY GO!GO!は、先に触れた想いを歌詞に刻んだ「Infinity」という楽曲を作りあげた。
ここからは、メンバー全員の「Infinity」に込めた想い。一部のメンバーになるが、C/Wに収録した「漆黒のCANDYSM」を通して伝えたい意志を記したい。
 「「Infinity」の歌詞には、アイアイ(菜月アイル)さんから観た「これまでのCANDY GO!GO!、今のCANDY GO!GO!、これからCANDY GO!GO!」の姿が記されています。歌詞も「この言葉や想いを、このメンバーに歌って欲しい」と、メンバー全員の個性に合わせ書いているように、そこにも注目してください」(杉本莉愛)
「CANDY GO!GO!の正規メンバーとして活動をしてから初めて、わたしとさらちゃんがソロパートをいただけたのが「Infinity」になります。アイアイさんが、その人が歌うパートに、その人が歌って欲しい歌詞を当てはめて書いたというのを後から聴いて、「おっ天才!!」と思いました。わたしとさらちゃんは、一緒に「普通に生きることも出来たのに あえて普通を選ばなかった僕ら」という歌詞を歌っているんですけど。わたし自身が社会人として働いていたのを辞め、24歳でこの世界へ飛び込み、今じゃCANDY GO!GO!のメンバーとして生きる道を選んで正解だったと思っているように、その歌詞は、今のわたしの気持ちにぴったりです。
C/Wに収録した「漆黒のCANDYSM」は、曲調がちょっとダークなので、感情を重めに歌いました。歌詞は、「Yes-Yes-Yes」や「Let It Rain」と同じ系列の強気な歌になっています」(宇野みずき)
「「Infinity」は、ここに至るまでのCANDY GO!GO!の道のりを描いた歌詞。わたしも普通の道を選ばなかった一人のように、共感する言葉はたくさんあります。サビ歌に記された「何度も何度もぶつかり絆生み 互いが互いの背を押し合う」という歌詞通り、本当にそんな日々をCANDY GO!GO!のメンバーと過ごし続けています。数えきれないほどにぶつかりあえば、それを乗り越える日々を重ねてきたからこそ、今の絆があります。歌詞では綺麗にまとめていますけど、本当はもっとどろどろとしていますけどね(笑)。でも、「カタチは違っても僕らは進んでくずっと」の言葉のように、これまでもCANDY GO!GO!は、同じ意志を持った仲間たちがずっと絆を結びながら進んできたし、これからも、そうやって進んでいくんだと思います」(磯野未来)
「「Infinity」の歌詞には、共感する想いがたくさんあります。わたし、「手と手重ねて心1つに 言葉無くても僕らには分かるから」の部分を歌っています。ここには、ステージに出る直前に何時もやっている「CANDY GO!GO!いくぞー!!」「おーっ!!」と掛け合うときの風景を描いています。昨年後半、りんさんがステージに立てなかった時期、その掛け声をアイアイさんがやっていました。あのときは、「りんさんがいないぶん大変だけど、お互い頑張ろうね」というみんな共通した想いを、あの風景の中で感じあっていたし、それを思い出していたように、とても良い歌詞だなと実感していました。
C/Wに収録し、わたしがリードを取った「漆黒のCANDYSM」は、「絶対加速少女C」を作った方が作詞作曲を担当しています。少し懐かしい感じの曲調であり、歌詞にもCANDYSMを記してあるように、私たちだからこそ歌える内容と言いますか…。どんなことがあっても。たとえつらく、苦しく、悲しくても、わたしたちはそれを乗り越えて突き進んでいくから、みんなも安心してついてきてという想いを歌っています」(永瀬りか)
「わたしは今、大学4年生です。まわりは就職活動をしていますが、わたしは就活をしていません。理由は、わたしはCANDY GO!GO!に就職したからです。わたしも、「普通に生きることも出来たのに あえて普通を選ばなかった僕ら」の歌詞を歌うたびに、その選択は正解だったなと思えるように、これからもCANDY GO!GO!の一員として頑張っていきます」(夏井さら)
「「Infinity」の歌詞は、間もなく10周年を迎えるCANDY GO!GO!が、さらに未来へ進んでいくうえで改めて良いスタートを告げる歌になればいいなと思って書きました。中へ「僕ら何度何度もぶつかり絆生み 互いが互いの背を押し合う」と書いたように、ここへ至るまでにCANDY GO!GO!が歩んできたいろんな場面を記せば、これからもこの絆を未来へ繋いでいくぞという想いも記しました。私たちの歩みを知っているファンの方々はもちろん、これからCANDY GO!GO!に触れる人たちにも、「Infinity」を聴くことで、CANDY GO!GO!の10年間の歩みが映像として浮かんでくると思います」(菜月アイル)
「わたし、この歌のレコーディングのときに、スタジオへ遅刻して着いたくせに、最初に謝るどころか、アイアイに向かって「アイアイ、この歌詞は素晴らしい!!」と想いをぶつけたくらい、大好きな歌詞です。これまでもメンバーへ向けての歌はありましたが、それらはCANDY GO!GO!を卒業したメンバーに向けてなんですよね。だけど「Infinity」は、今現在のメンバーに向けられた歌。まさに10周年に相応しい楽曲が生まれました」(なぎさりん)
最初にも記したように、今もCANDY GO!GO!は、お客さんを目の前にしていないだけで、無観客生配信ライブ映像を毎週定期的に配信する「STAY HOME GIGS」を中心に、以前と変わらず新しいライブ姿を届け続けている。そこでも「Infinity」を披露すれば、発売時期頃には「漆黒のCANDYSM」も歌いだす予定のように、今は彼女たちの気迫を、ネットを通し感じてもらいたい。
TEXT:長澤智典
「Infinity」MV

★インフォメーション★
CANDY GO!GO! New Single 「Infinity」
2020年7月15日発売予定!
価格:1000円(税込)全2曲入
販売元:PCI MUSIC
発売元:ONEtoONE RECORDS
*無観客公演~期間限定公開LIVE「STAY HOME GIGS」
・開催予定:2020年6月7日、14日、21日、28日の毎週日曜日夜20時~1日限定公開LIVE!
・詳細は、info@candygogo.jp 迄、問い合わせください
・CANDY GO!GO!の次作シングル「Infinity」が
フジテレビ系音楽番組「Love Music」6月度のオープニングテーマに決定!!
(*一部地域を除く)
CANDY GO! GO! Web
CANDY GO! GO! twitter
CANDY GO! GO! YouTubeチャンネル
CANDY GO!GO! facebook
所属事務所 
http://one2one-agency.jp
なぎさりん twitter 
@Rin_rorigao
菜月アイル twitter
@aiaichan20
磯野未来 twitter
@mikichi0223
永瀬りか twitter
@rika_nagase
杉本莉愛 twitter
@smile_riaivi
夏井さら twitter
@natsuisara
宇野みずき twitter
@mii___candy 

Myuu♪

フェスティバルをテーマにしたWEBマガジン。フェスティバルの最新ニュースや役立つ情報、最新のフェスカルチャーを発信していき、これからのフェス文化をさらに盛り上げてまいります。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着