加藤和樹・鎌苅健太・井澤勇貴のコメ
ントが到着 「うち劇」第七弾『SHO
WDOWN』配信が終了

5月30日(土)にネット配信舞台「うち劇」の第七弾『SHOWDOWN』が好評のうちに配信終了。終演直後の加藤和樹、鎌苅健太、井澤勇貴のコメントが到着した。
「うち劇」は、新型コロナウイルス感染症拡大防止による外出自粛要請に伴い、「うちで楽しめるエンターテイメント」の発信として始まったプロジェクト。第七弾『SHOWDOWN』は、5月30日(土)の15時と18時30分に配信された。
加藤、鎌苅、井澤のコメントは以下のとおり。
加藤和樹
今回、【うち劇】『SHOWDOWN』に出演させていただき、本当に楽しかったです。
演劇の新しい形や可能性を感じましたし、僕たち役者が新しい形にチャレンジしていかなくてはいけないのだな、ということも感じました。
そして、リアルタイムで見てくださる皆さんと繋がることもできて、本当に嬉しかったです。
また、ぜひやりたいです。
ご視聴ありがとうございました。
鎌苅健太
まず一番の感想は、「楽しかった!」です。
2ヶ月ぶりのお芝居でしたし、リモートではありながらも役者仲間やスタッフの方々と顔を合わせてひとつのものを作ることができたということが本当に幸せでした。
そして、みなさんとも、アフタートークで繋がることができ、声も聞けました。
本当に自分が、「芝居をしたかったんだ!」ということを実感しました。
これから、どんどん状況が良くなり、どんどん芝居ができるようになれば嬉しい、と思っています。
本当に芝居がしたいです!
本日は、みなさんありがとうございました。
井澤勇貴
本日はご観劇ありがとうございました。
このご時世の中で演劇をするということは制約をされていますが、今回のようにリモートリーディングという新しい形で芝居をさせていただけるということは本当に幸せなことでした。
今回ご一緒させていただいたお二人は、存じ上げている上に仲良くもさせていただいている方々で、何より芝居に関しての安心感・リスペクトしているお二人だったので、今回ご一緒させていただけて本当に楽しかったです。
ありがとうございました。
また、5月31日(日)の15時と18時30分には、加藤和樹・豊永利⾏・⼟屋神葉の出演による、「うち劇」第八弾『振り向くな、後ろには未来はない』が配信される。

アーティスト

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着