アルバム『Disney Goes Classical』
発売が決定 マッテオ・ボチェッリが
歌う「愛を感じて」がデジタルリリー

DECCA RECORDSとディズニー・ミュージック・グループのウォルト・ディズニー・レコードが、アルバム『Disney Goes Classical(ディズニー・ゴーズ・クラシカル)』を2020年10月2日(金)に発売することを発表した。
本アルバムは、ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団と名だたるアーティストが参加、そして多くの人々に愛されてきたディズニーのテーマ音楽が再編曲され、ロンドンのアビー・ロード・スタジオで録音された。収録されるのは、ディズニー映画の黄金期から、1990年代のルネサンス期を経て、CGIアニメーションの近代までの、誰でも知っているディズニー映画音楽の数々。『ジャングル・ブック』『ピノキオ』から、アラン・メンケンによる『ポカホンタス』『リトル・マーメイド』『アラジン』そして『ヘラクレス』まで、80年に及ぶディズニーの魔法が、素晴らしいシネマティックサウンドで、新たに生まれ変わるという。
そして、アルバムの1stシングルとして、マッテオ・ボチェッリが歌い上げる「愛を感じて (Can You Feel the Love Tonight)」が5月29日(金)にリリースされた。1990年代のディズニー・アニメーションの名作『ライオン・キング』でおなじみ、エルトン・ジョンとティム・ライスが手がけたこのバラードは、1994年アカデミー歌唱賞®を受賞。2019年の実写版でも使われている。
『愛を感じて (CAN YOU FEEL THE LOVE TONIGHT) feat. マッテオ・ボチェッリ』ティーザー映像
そのマッテオと父親であるテノール歌手アンドレア・ボチェッリのデュエット曲「フォール・オン・ミー」(チャートで1位に輝いたアルバム『Sì~君に捧げる愛の歌』より)は、ディズニーの『くるみ割り人形と秘密の王国 (The Nutcracker and The Four Realms)』のエンドソングとしても話題となった。マッテオは「ディズニーのプロジェクトに参加できるという、言葉にならないほどの喜びに、僕の胸は震えています。『ライオン・キング』は、子供の頃から大好きだった映画の一つで、その主題歌を歌えるのは実に光栄なことです。エルトン・ジョンは、その作詞作曲のスキルと独自のスタイル、どちらにおいても、僕の音楽のヒーローの一人です。この経験から得たことを今制作中の音楽にいくらかでも活かし、そして近いうちに皆さんにお披露目できるよう、願っています」と語っている。
またアルバムには、グラミー賞 ®を4度受賞しているアメリカのソプラノ歌手ルネ・フレミングによる『ピノキオ』からの「星に願いを (When You Wish Upon a Star)」の美しいパフォーマンスも収録予定。他にも、日本を代表するクラシック・ギタリスト村治佳織が参加するなど、特別なパフォーマンスが収録される。

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着