こぶしファクトリー

こぶしファクトリー

こぶしファクトリー、ラストライブで
5年4 ヶ月にわたる活動に幕 井上玲
音「いつ再結成してもいいように私が
居場所を作りたい」

ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「こぶしファクトリー」が30日にラストライブ『こぶしファクトリー ライブ 2020 ~The Final Ring!~』を開催。この公演をもって約 5 年 4 ヶ月にわたるグループ活動を終了した。

本公演は当初から東京・TOKYO DOME CITY HALL にて予定されていたが、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、無観客での実施に。ライブの模様は CS テレ朝チャンネル1で生中継されたほか、全国でのライブビューイングも実施され、映像を通して全国のファンに見守られる形でのライブとなった。
こぶしファクトリーは辛夷(こぶし)の花がグループ名の元になっているが、歌い回しの“コブシ”にも力を入れた、重低音ビートから衝き上げていく歌唱パフォーマンスにおいても抜きん出た底力を持っている。
オープニングでは紗幕の向こうからロックアンセム「Yes!We are family~こぶし ver.~」で力強く拳を突き上げ、「念には念(念入りVer.) 」で会場の熱を上げたあと現体制初のシングル曲「これからだ!」でステージを煌めかせた。広瀬彩海が観客へ向け「もっと~!」と煽りを届ける。ピアノも交えたジャジーなメロディに、パワフルな歌唱力で聴かせる「Come with me」、スピーディな EDM に切ない感情をのせた「好きかもしれない」と披露した後には、MCでリーダーの広瀬が「無観客ライブになってしまったことがすごく残念ですし、皆さんに会いたい気持ちでいっぱいなんですが、全国にこぶし魂を見せつけてやりたいと思います! 皆さん一緒に伝説を作りましょう」と呼びかけた。浜浦彩乃は会場の第一印象を「“日本武道館じゃん”と思った」と語り「自分の脳内でみんなを映し出さないと」と心構えをコメント。周りも「満員以上の人がきてくれたよー!」と声をあげて盛り上げていく。
MC開けには、最初で最後の挑戦となるアカペラメドレーを披露。井上玲音のボイスパーカッションにあわせ他 4 人がボーカルとコーラスを重ね合わせるメドレーはノンストップで 7 分近くに及んだ。アカペラの高度さに緊張感が漂うが、5 人はそれさえも楽しんでいるような表情をだ。さらに「開き直っちゃえ!」では画面の向こうの視聴者へ向けクラップし、手をふって一体感を生み出した。
また、中盤ではハッシュタグ「#こぶし 330」「#こぶし伝説」を用いて SNS からの視聴者コメントを拾いながらトークする場面も。ライブ中にはハッシュタグが Twitter トレンド 1位を達成し、メンバーもファンからの反応コメントに全員はしゃいだ喜びの声をあげていた。続く「Oh No 懊悩」でもお茶の間やライブビューイング会場を巻き込んだ“Oh Noジャンピング”に気合をこめる。
「青春の花」では思い出の映像をバックに、5 人が歩んできた道のりを春の歌にのせてしっかりと届ける。感動的な VTR から流れるように 5 人がラーメン屋へと入っていく映像で突入したのはデビューシングル曲「ラーメン大好き小泉さんの歌」。ライブ後半戦は持ち曲の中でもコミカルな楽曲を詰め込んだメドレーを披露し、「ドスコイ!ケンキョにダイタン」からファンへエールを送る 7 曲を一気に駆け抜けた。パワフルな「押忍!こぶし魂」、コールアンドレスポンスの熱さが売りながら、この日ばかりは各メンバーからのコールに胸が熱くなる「懸命ブルース」、マイクスタンドを用いての「明日テンキになあれ」、野村みな美が「ラストスパートです。燃え尽きますよー!」と煽りを入れての「亀になれ!」、いぶし銀の活躍でひたむきに歌い続けてきた彼女たちだからこそ、その鍛え上げられたパフォーマンスから繰り出されるパワーには説得力がある。本編ラストにはラストシングル曲「スタートライン」が華を添えた。
アンコールではメンバー5 人が白いドレスに身を包んでステージへと登場。ライブタオルを掲げながら「明日の私は今日より綺麗」を歌い上げ、一人一人が感謝のメッセージを残した。
ハロー!プロジェクトに残ることを決めた井上玲音は「こぶしをいつ再結成してもいいように私が居場所を作りたいと思ってます。今日が新たなスタートラインなんで、まだまだ私の成長は止まらないよって宣言します。これからも 5 人をよろしくお願いします」とコメント。
芸能界を引退する和田桜子は「皆にとっても感謝しています。グループとしては雨降って地固まれて、(磨いた泥団子のように)ピカピカ感を出せました。これからは”一般人(こぶしファクトリー)”として生きていきます。ありがとうございました」と伝えた。
これから女優・モデルとしてソロで活動していく浜浦彩乃は「こぶしのライブが一番好きでした。本当に楽しくて、ライブに対しての思いが一つなんです。こぶし組の皆さんの思いが伝わってたからかな。これから、いろんなことに挑戦して新たな自分の可能性をつなげていきたいと思います」
海外留学を決めた野村みな美は、手紙を読み上げた。「開演前に強気な言葉を言い聞かせるこぶしが好きでした。私は一人でもやるぞ!という人間ですが、みんながそう言ってくれることで無敵になった気がしました。これまでマイペースすぎる私を支えてくださったみなさん、ありがとうございました」
そして事務所を離れ、しばらくフリーになることを決めているリーダーの広瀬彩海はマイクを握って泣きながらも感謝の想いを伝えた。「寂しくて寂しくて仕方ないです。でも、いつか皆に会えるように頑張らなきゃいけないと思っています。これからは前を向いて、こぶしファクトリーらしく歩いていきます。5 年間本当に幸せでした。幸せな時間をどうもありがとうございました」
これまで想いを歌にのせて届けてきたこぶしファクトリーが、グループにとって象徴的なナンバーである「辛夷の花」を歌い上げる。最後は全員で円陣を組み、こぶしファクトリーらしく“笑って、歌って、踊って、跳んで、元気になれる”前向きなナンバー「シャララ!やれるはずさ」で幕引き。メドレー含む全 34 曲を完走し、5 人は高らかに「こぶしは永久に不滅です!」と声をあげステージを降りた。
■セットリスト
M01.Yes!We are family~こぶし ver.~
M02.念には念(念入り Ver.)
M03.これからだ!
M04.Come with me
M05.好きかもしれない
M06.アカペラメドレー
・LOVE マシーン(アカペラ Ver.)
・チョット愚直に!猪突猛進(アカペラ Ver.)
・念には念(アカペラ Ver.)
・GO TO THE TOP!!(アカペラ Ver.)
・サンバ!こぶしジャネイロ 2019(アカペラ Ver.)
・桜ナイトフィーバー(アカペラ Ver.)
M07.開き直っちゃえ!
M08.消せやしないキモチ
M09.Oh No 懊悩
M10.アンラッキーの事情
M11.ハルウララ
M12.青春の花
M13.ラーメン大好き小泉さんの唄
M14.メドレーブロック
・バッチ来い青春!
・エエジャナイカ ニンジャナイカ
・サバイバー
・オラはにんきもの
・ピッチピチトモダッチ
・闇に抜け駆け
M15.ドスコイ!ケンキョにダイタン
M16.押忍!こぶし魂
M17.懸命ブルース
M18.TEKI
M19.明日テンキになあれ
M20.亀になれ!
M21.スタートライン
EN1.明日の私は今日より綺麗
EN2.辛夷の花
EN3.シャララ!やれるはずさ

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着