L→R 悠介(Gu)、晁直(Dr)、葉月(Vo)、明徳(Ba)、玲央(Gu)

L→R 悠介(Gu)、晁直(Dr)、葉月(Vo)、明徳(Ba)、玲央(Gu)

【lynch. インタビュー】
各自が思い描くサイバーパンクの
要素が入っている

河村隆一さんの参加には感謝しかない
本当は隠したままで驚いてほしかった

ははは。リード曲「XERO」についても教えてください。

葉月
この曲は難産でした。構成に納得いかなくてサビができてからフルコーラスが完成するまで1カ月掛かったんですよ。《輝くのさ 失くした未来が》っていう箇所は最初はCメロだったんですけど、最後にリピートさせたらサビになるんじゃないかって思い付いて完成した曲です。結果、非常にlynch.らしい曲になったのでリード曲かなって。前作のリード曲だった「JOKER」は変化球だったので、ここで一発、lynch.らしいのをドン!と置いておこうかなって。

ヘヴィでありながらメロディックという。

葉月
そうですね。lynch.の良いところ取り。

あと、この曲には河村隆一さんがゲスト参加されてますよね。どういう経緯があってコラボすることになったんですか?

葉月
去年、隆一さん主催のイベントに僕がソロプロジェクトで参加させていただいたんですよ。お食事も何度かご一緒させてもらう機会があって“僕たちはもうファミリーだから何でも言って”って言ってくださって。

光景が浮かんできました(笑)。

葉月
つい似せた口調になっちゃうんですよ(笑)。“コーラスやるからさ”って言ってくださったんですけど、“本当なのかな”って思って、後日連絡して“本当にやっていただけるんですか”って確認したら“もちろん、いいよ”と。音を送ったら歌を入れてくださったデータが返って来てしびれましたね。“本物だ!”って(笑)。隆一さんも曲をすごく気に入ってくださって嬉しかったです。

lynch.はJさんともコラボしてるし、まさにファミリーですね(笑)。葉月さんの声と重なったものを聴いた時、どう感じましたか?

葉月
最初はエンジニアの方が僕の声はカットして隆一さんの声だけにしていたんですけど、重ねたほうがいいということになって僕の声も混ぜたので半々ぐらいの音量になってるんですね。でも、ファンには“隆一さんが参加してるんだ!?”って思って聴いてほしくなかったんですよね。聴いて“えっ!?”って思ってほしいんです(笑)。
玲央
大先輩だし、僕らなんかより全然ネームバリューがある方なので、“フューチャリング”と謳っていないのに全面に出すのは隆一さんに悪いし、スマートじゃないと思ったので、リリース後に知ってもらったほうがいいのかなって。
葉月
ははははは。
玲央
それぐらいに思ってます。感謝の気持ちしかないので。
葉月
でも、聴いたら一発で分かりますからね。

でも、ミュージックビデオを観て“あれ? 隆一さん出てないな”と思いました(笑)。

葉月
さすがに、そこは出てないですよ(笑)。

MVは映画のようで、まさにサイバーパンクな世界観ですよね。事件が起こりそうな緊迫感があってlynch.のサウンドにぴったりです。

玲央
撮影は結構大変でした。寒かったし。ゴミ処理施設で撮ったんですよ。
明徳
怖かったですね。
玲央
埃も舞っているし、下を見たら…ね。
明徳
玲央さんと僕は高所恐怖症なんですよ(笑)。
玲央
3階で撮ったんですけど、狭い場所なので動けないし、まかり間違ったら事故になりかねないようなところでしたからね。ちなみにアーティスト写真とは別のゴミ処理施設で撮影しました。

シチュエーションも注目ですね。4月から全国ツアーがスタートしますが、『ULTIMA』の世界がどんなふうにライヴで具現化されるんでしょう?

悠介
前回のアルバムより、さらに作り込まれた世界観のライヴになるんじゃないかと思います。会場の広さによって完璧に表現できないところもあるかもしれないですけど、グシャグシャになって楽しめる曲もありつつ、よりレベルアップした洗練されたステージを提示したいですね。

観せ方も演奏も含めてですか?

悠介
そうですね。僕らの演奏もそうですし、ステージを作ってくれるスタッフもそうですし、チーム一丸となって『ULTIMA』の世界を表現したいと思っています。
晁直
ビジュアル系が好きな人には見た目も楽曲も刺さるし、それ以外のシーンでも通用する曲が多いので、ジャンルうんぬんではなく、まずはアルバムを聴いてほしいですね。『ULTIMA』がlynch.をより強いものにしてくれる気がするし、ツアーを経てアルバムの曲たちが15周年を終える頃には強力な武器になっていると思います。

まだまだ続く15周年のact.シリーズを通して?

晁直
ええ。まずはアルバムのツアーを観に来てほしいですね。

取材:山本弘子

アルバム『ULTIMA』2020年3月18日発売 KING RECORDS
    • 【数量限定豪華盤】
    • KICS-93904
    • ¥9,000(税抜)
    • ※2CD+Blu-ray+Photo Book
    • 【初回限定盤(DVD付)】
    • KICS-93906
    • ¥3,500(税抜)
    • 【通常盤】
    • KICS-3904
    • ¥3,000(税抜)

『[XV] act:5 TOUR'20 -ULTIMA-』

4/18(土) 岐阜・club-G
4/19(日) 静岡・SOUND SHOWER ark
4/25(土) 熊本・B.9 V1
4/26(日) 鹿児島・CAPARVO HALL
4/29(水) 福岡・DRUM LOGOS
5/08(金) 群馬・高崎club FLEEZ
5/10(日) 神奈川・KT Zepp Yokohama
5/14(木) 宮城・仙台Rensa
5/16(土) 青森・ Quarter
5/17(日) 秋田・Club SWINDLE
5/23(土) 山口・RISING HALL
5/24(日) 岡山・CRAZYMAMA KINGDOM
5/30(土) 和歌山・SHELTER
5/31(日) 奈良・EVANS KINGDOM CASTLE HALL
6/06(土) 新潟・LOTS
6/07(日) 富山・MAIRO
6/13(土) 北海道・帯広MEGA STONE
6/14(日) 北海道・北見オニオンホール
6/16(火) 北海道・札幌PENNY LANE24
6/27(土) 香川・高松オリーブホール
6/28(日) 愛媛・松山WStudioRED
7/04(土) 沖縄・桜坂セントラル
7/05(日) 沖縄・桜坂セントラル
7/12(日) 愛知・Zepp Nagoya
7/18(土) 大阪・なんばHatch
7/26(日) 東京・TACHIKAWA STAGE GARDEN

lynch. プロフィール

リンチ:2004年8月、葉月と玲央と晁直の3人で結成。同年12月よりライヴ活動をスタートさせ、06年に悠介、10年に明徳が加入し現在の5人となり、6年にわたるインディーズでの活動にも終止符を打つ。11年6月、アルバム『I BELIEVE IN ME』でメジャー進出。その後もコンスタントに作品を発表。19年3月には『lynch.13th ANNIVERSARY-Xlll GALLOWS- [THE FIVE BLACKEST CROWS]』を幕張メッセ国際展示場にて開催し、約6000人を動員した。lynch. オフィシャルHP

「XERO」MV

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

新着