SKE48 選抜メンバーコンサートより。松井珠理奈

SKE48 選抜メンバーコンサートより。松井珠理奈

SKE48、選抜メンバーコンサート を開
催 新曲のダンス・プラクティス・ム
ービーを公開

SKE48 が19日、TOKYO DOME CITY HALLで開催中のAKB48グループ恒例となる年始イベントの中で、選抜メンバーによる単独コンサートを開催した。

この日の参加メンバーは、15日に発売した 26th シングル『ソーユートコあるよね?』の選抜メンバーに松井珠理奈が参加した、TDC 選抜メンバー19 名で構成。松井珠理奈と須田亜香里の 2 人が登場し、『美しい稲妻』で幕を開けると、48 グループの中での“ダンスのSKE48”をまずは観ていただきたいとダンス曲を 5 曲連続で披露。激しいだけではなく『石榴の実には憂鬱が何粒詰まっている?』では、26th シングル選抜メンバーの息がピッタリそろったフォーメーション・ダンスで客席をわかせた。
続いて野島樺乃の『ショートケーキ』を皮切りに、出演メンバー全員のソロ・パフォーマンスをメドレーで披露するというコーナーに。各自の選曲で構成されたというこのコーナーは、それぞれのメンバーの個性あふれるステージとなりました。井上瑠夏(『走れ!ペンギン』)、北川愛乃(『シアターの女神』)、日高優月(『彼女になれますか?』)といったアイドルらしい楽曲の後、25 日(土)にこの同じ会場でソロコンサートを予定している末永桜花は、クールな楽曲『MARIA』をセレクト。トレードマークのツインテールもおろして臨んだ。
今回のシングルで初選抜となった髙畑結希は自身初のセンター曲『人生の無駄使い』でライトセーバーを使った振り付けに挑戦。古畑奈和はソロ・ミニアルバムに収録されているロック曲『本性』、竹内彩姫は SKE48 の代表的青春ソング『前のめり』、大場美奈は『コップの中の木漏れ日』で、それぞれのキャラクターに似合うパフォーマンスを繰り広げていく。
セクシーな印象の強い佐藤佳穂がチーム KII公演の定番曲『16 人姉妹の歌』のお茶目な衣装で登場したときには、客席からどよめきが起こった。『12 人姉妹の歌』として、自身のさまざまなキャラクターをコミカルに歌う様子は「TDC ライブ祭り」ならではのパフォーマンスとなった。
春に卒業を控えた高柳明音は夕暮れの海の景色をバックに『泣ける場所』をしっとりと、「わるきー」を「わるりん」として小悪魔的セクシーな魅力をふりまいた須田亜香里の姿に、須田の大ファンを公言している浅井裕華はバックステージで大興奮だったとのこと。当の須田は某番組の収録後、「色気を売りにしないと宣言したばかりなのに」と反省を口にする場面も。
ソロ・パフォーマンスのラストは松井珠理奈が鮮やかな赤の衣装で、今回のシングルに収録されたソロ曲『Who are you?』歌唱 ver.を初披露。間髪入れずに、最新シングル『ソーユートコあるよね?』を選抜メンバー全員で楽しく披露し、息つく間もないステージが一区切りに。
ここでメンバーから、『ソーユートコあるよね?』のダンス・プラクティス・ムービーが本日公開されることが発表された。前作『FRUSTRATION』のときに公開され、フォーメーションや、それぞれの動きもわかりやすいと大好評だったムービー。今回は『ソーユートコあるよね?』の楽しい感じのダンスが伝わるものとなっている。
トークの後はほぼ全メンバーで、SKE48 らしさ全開の代表曲をパフォーマンス。客席ともステージがも笑顔とコールで一体になり、今年もよろしくお願いしますという気持ちをこめて、『1!2!3!4!ヨロシク!』で新年最初の大きなステージを締めくくった。
■26thSG「ソーユートコあるよね?」Dance Practice Movie
(c)AKS

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着