愛を与えるバンド・メレ。2年の歩み
と、儚くも美しい「117」の真実を語
る|BIG UP! Stars #24

すっと沁み込んでくるのに、感情を揺さぶり胸を締め付ける。清らかな中村伊織(G&Vo)の声には、不思議な力が宿っている。そうした彼女の才能と人柄の両方を信頼しているのだろう、リーガルリリーを脱退した白石はるか(B&Cho)が、中村を誘い結成したのがメレである。始動したのは2018年の4月だが、昨年にはいくつものサーキットに出演し、2枚のミニアルバムをリリース。耳の早いリスナーは既に彼女達の音楽の可能性に気づいていかもしれない。メレが初の全国流通盤『夢能う限り』をリリースする。『愛能う限り』、『才能能う限り』と続いてきた「能う限り」三部作の最後の1枚である。タイトルは湊かなえの『母性』からつけたものだというが、ふたりは何故「愛」について歌うのか。「愛を与えるバンド」と称するメレの歩みを辿り、彼女達のキャリアにおいてこれからも最も大切な曲のひとつであり続けるだろう、「117」について話を聞いた。

奥田民生はすべて正しい

ーいきなりで恐縮ですが、中村さん凄くオシャレなシャツ着きていますね。

インタビュイー画像

中村伊織:

ネットで買ったけど自分には似合わないからって、父からもらいました(笑)。The Beatlesの曲名がいっぱい書いてあるんですよね。でも、The Beatlesはあんまり知らなくて、イギリスのバンドではOasisを聴いています。

ーOasisの曲のどういうところに惹かれますか?

インタビュイー画像

中村伊織:

「Acquiesce」って曲が好きなんですけど、「サビはリアムじゃなくてお兄ちゃんが歌うの!?」って衝撃を受けて。メレがツインヴォーカルなのも、Oasisの影響がありますね。
インタビュイー画像

白石はるか:

突然、ノエルとリアムみたいになりたい! 日本のOasisになろうよって言われました(笑)。

ーあははは。

インタビュイー画像

中村伊織:

はるぺん(白石はるか)もいい声しているんだからサビで歌いなよって言って作った曲が前作(『才能能う限り』)にもあって、Oasisは曲の構成が凄く好きで、アレンジで影響を受けていると思います。

ーおふたりが音楽に出会った最初の記憶は何ですか?

インタビュイー画像

中村伊織:

私は小学校4年生の頃に父が車でよく流していたユニコーンの曲です。奥田民生さんと共演することが夢ですね。
奥田民生の曲のどういうところが好きですか?
中村伊織:
どこが好きっていうか…全部が正しいと思っています。
白石はるか:
神様なんだ(笑)。
中村伊織:
曲を聴いていて「そこの音程にいくのか!」とか、「そうだよねそうだよね!」って思うところがいくつもあって。何をやってもカッコいい、憧れます。一緒にラーメンカレーミュージックレコード(奥田民生が立ち上げたインディーズレーベル)で宅録するのが夢で、私の作った曲を歌ってほしいですし、私にも曲を書いてほしい。
ーそんなに好きなんですね(笑)。白石さんは?
白石はるか:
幼馴染が小学校のギターサークルに入っていて、そのバンドが校内のお祭りで発表していたのを見て、私もやりたいと思いそのバンドに入りました。その頃はみんな同じものをやっていて、ELLEGARDENチャットモンチーのコピバンでギターから始めましたね。
ーでは、一番好きなアーティストは?
白石はるか:
私は石崎ひゅーいさんです。お母さんが死んじゃった時のことを歌った歌(「第三惑星交響曲」)があるんですけど、あれを聴いた時、大事な人が亡くなっているのにこの歌詞が書けるのは凄いなと思いました。曲調も悲しくないところがめちゃくちゃ好きです。

ーそれでふたりとも、HPのプロフィールに奥田民生と石崎ひゅーいと共演したい旨を書かれているんですね。ちなみに、他はどんな音楽を聴かれていました?

インタビュイー画像

白石はるか:

Passion Pitがめちゃくちゃ好きで、エレクトロポップも聴いてます。GotyeやImagine Dragonsも好きですね。自分のベースでもメロで弾くのではなく、リズムのベースラインを作ることを意識しているのは、Passion Pitからの影響かなって思います。
中村伊織:
私はTRICERATOPSとかTHE COLLECTORS、あとガールズバンドだったらSCANDALやチャットモンチー、阿部真央さんも聴いていました。最近のバンドで言えば、それこそリーガルリリーが大好きですし羊文学ベランダなど、インディーズの音楽もたくさん聴きます!
【関連記事】

DIGLE MAGAZINE

プレイリスト専門webマガジン「DIGLE MAGAZINE」。最新&話題の音楽プレイリスト情報、インタビュー、イベント情報をお届けします。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着