三代目JSB・山下健二郎の主演映画『
八王子ゾンビーズ』に今田耕司の出演
が決定 敏腕マネージャー役で初共演

映画『八王子ゾンビーズ』が2020年6月5日(金)に公開されることが決定。また、今田耕司が出演していることが明らかになった。
本作は、2018年8月に上演された鈴木おさむ氏が脚本・演出を手掛けた同名舞台の映画版。ダンサーの夢破れた青年・羽吹が、住み込みのバイトとして働く寺でゾンビと交流する姿を描いたコメディ作品だ。ダンスで成仏できるというゾンビたちは、経験者である羽吹に教えを請い、夜ごと物語が展開していく。
山下健二郎(三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE)が初主演をつとめた舞台版は、観客がタンバリンを使って観劇する“応援上映”形式での上演も行われ、2万人以上の動員を記録している。映画『八王子ゾンビーズ』でも、引き続き山下が主演。成仏できない“訳あり”ゾンビたちを、久保田悠来、藤田玲、丘山晴己、高野洸、牧島輝らが演じるほか、劇団EXILEの小澤雄太もキャスティングされている。監督・脚本は、舞台版から引き続き、鈴木おさむ氏が担当する。
追加キャストとして出演する今田耕司は、山下演じる羽吹のマネージャー・高木役で登場。羽吹のほかに100人以上のダンサーを担当している敏腕マネージャーで、映画オリジナルの役どころだ。なお、山下と今田は、今回の舞台で初共演を果たすという。
今田、鈴木おさむ氏のコメントは以下のとおり。
今田耕司
八王子ゾンビーズは舞台でも観ていた大好きな作品であった為、それがいざ映像になった時にどんな形になるのかとても楽しみです!殺陣のシーンなんかも特に注目して観たいですね。ただ、僕の出演が映画の邪魔になってなければいいですが・・・苦笑
山下くんはLDHらしいというか本当に礼儀正しく爽やかで、THE・好青年といった良いイメージしかないですね!
鈴木おさむ
役を考えた時に今田さんしかいないなと。
映画の大事な部分で、その存在感。そして、今田さんとは10年以上舞台をやらせていただいてるので、ぴったりだなと思い、友情出演のオファーをして、二つ返事で決めていただきました。
現場は、空気の作り方からプロでした!
また、本作のドラマ版が1月11日からHuluで配信されることも決定している。
映画『八王子ゾンビーズ』は2020年6月5日(金)全国ロードショー。

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

新着