AKB48全国ツアー2019~楽しいばかり
がAKB!~込山チームK千秋楽「一瞬一
瞬を大切に目に焼き付けて!」

2019年12月10日(火)、約4年ぶりとなるAKB48単独での全国ツアー「AKB48全国ツアー2019~楽しいばかりがAKB!~」の込山チームKコンサートの千秋楽がTOKYODOMECITY(TDC)で開催。

熱さとパフォーマンス力が売りのチームKらしく「Beginner」からかっこよくスタート。続いて「最終ベルが鳴る」やNMB48の「HA!」、妖艶な「シャムネコ」、「スクラップ&ビルド」など力強さを存分に表現し、緑のペンライトに染まった会場を盛り上げた。

ユニットコーナーでは、倉野尾成美、武藤小麟、⼩林蘭、橋本陽菜で真冬の12月に「波乗りかき氷」、小田えりな、下口ひなな、岡⽥梨奈・春本ゆきの「向日葵」、峯岸みなみ、茂⽊忍、湯本亜美、安⽥叶の4人でのセクシー&ダイナミックな「涙の表⾯張⼒」、さらにキャプテン込山、長友彩海、山田杏華3人がキュートな衣装で「チューしようぜ!」など、夏にスタートしたツアーでの楽曲はそのままにメンバーをシャッフルしての披露。ここでしか見られないユニットを展開し、客席を魅了。

これまでのチームコンサートで印象に残っている出来事として、左伴彩佳はレッスン中にメンバーみんなでフルーツバスケットをしたことがすごい楽しかったとチームKの仲の良さを紹介。

チームKの中核を担うようになった16期メンバー3人の存在感も際立っていた。コンサート冒頭からステージで感極まりながらパフォーマンスしていた武藤小麟は「初めてのチームがチームKでした。そのチームKでツアーが出来て本当に幸せです。今日が千秋楽ですが今からでも遅くないので、チームKをたくさん知って欲しいです。私のことも知ってもらいたいので全力でパフォーマンスをしたいです」と自己紹介MCで意気込みを語っていた。

笑顔だけでなくセクシーな表情と仕草も板についてきた長友彩海は「チームKは可愛さだったり、セクシーさっだったり、カッコよさだったり全部詰まっています!チームKの良いところを見つけて帰ってください!」と呼びかけていた。

ダイナミックなダンスパフォーマンスで会場を魅了していた安田叶は「チームKが本当に大好きなので、皆さんのことをへらへらにさせたいと思います!!」と語ると会場からも大きな声援が起きた。
「涙の表⾯張⼒」峯岸・茂⽊・湯本・安⽥

「涙の表⾯張⼒」峯岸・茂⽊・湯本・安⽥

「チューしようぜ!」 込⼭・⻑友・⼭⽥

「チューしようぜ!」 込⼭・⻑友・⼭⽥

峯岸「チームK最高でした!ありがとう
ございました!」

アンコール明け、「転がる石になれ」「僕にできること」と続き「To be continued.」に入ると、涙を浮かべるメンバーも。

最後の挨拶で、小田えりなが「このツアーで一緒に過ごす時間が増えて、本当にいい人ばかりのチームKに入れて良かったな…」と泣き始めると、半数以上のメンバーが泣き出した。

すると先日卒業発表をした峯岸みなみが「解散なの?(笑)」と茶々を入れつつも、改めて「このチームKのツアーはすごく楽しくて、振り返ればAKB48に入った当初は『まだ人を楽しませる力がないのに自分たちが楽しむな』って言われていて、私たちがステージを楽しむのはまだ早いんだと思いながらずっとステージに立っていました。でも長くAKB48にいさせてもらって、素敵なチームに巡り合えて、メンバーと一緒にこのステージに立つことが、こんなに楽しいんだ!って、そして『楽しい!』って言っていいんだなって思えるところまで来たんだなと自分で感じて、すごく感慨深くなりました。これからまだまだ先が長いメンバーたちにとって、ステージを楽しく感じられない瞬間とか、本当は笑顔でいられない瞬間とか、そんな時がたくさんありながらも、みんなのためにステージに立つと思うんですけど、みんながAKB48を卒業する頃には、心からステージを楽しいと思って卒業してほしいので、それまでチームKでのこの思い出を胸に、これからも羽ばたいてください。チームK最高でした!ありがとうございました!」と感謝の気持ちをメンバーそしてファンの皆様に伝え、自身も涙を浮かべていた。
チームK

チームK

チームK

チームK

込山「チームKこそ"楽しいばかりがAKB
!"」

キャプテンの込山は、峯岸や矢作萌夏などの卒業を受け「一人一人がすごく自分を持っていて、自分のやりたいこととか、これからの道をはっきり意思表示するメンバーがたくさんだからこそ、卒業という新たな道に行くこともあるんだと思います。ファンの方は卒業するたびに大丈夫かな?って不安に思ってしまうと思うんですが、こうしてみんなと活動してきて、心から楽しいから大丈夫だと思います。本当にチームKと一緒に活動していると‘楽しいばかりがAKB’だなと思いますし、今この一瞬一瞬を大切に私たちはステージに立って、ファンの皆さんも私たちがアイドルでいる時間一瞬一瞬を大切に応援して目に焼き付けていてほしいな、と思います。これからもチームKの応援をよろしくお願いします!」と決意を新たにした。
峯岸みなみ

峯岸みなみ

峯岸みなみ

峯岸みなみ

チームK千秋楽セットリスト

No. タイトル メンバー
OA となりのバナナ 末永・永野恵
overture ̶
1 Beginner
市川・岡⽥梨・⼩⽥・倉野尾・⼩林・込⼭・下⼝・⻑友・橋本・左伴・峯岸・武藤⼩・武藤⼗・茂⽊・安⽥・湯本
2 最終ベルが鳴る M1 と同じ
3 シャムネコ M1 と同じ
4 HA! M1と同じ
5 RESET ALL
6 スクラップ&ビルド ALL
7 その汗は嘘をつかない ALL
8 波乗りかき氷 倉野尾・武藤⼩・⼩林蘭・橋本
9 抱きしめられたら 武藤⼗・市川・左伴
10 涙の表⾯張⼒ 峯岸・茂⽊・湯本・安⽥
11 チューしようぜ! 込⼭・⻑友・⼭⽥
12 向⽇葵 ⼩⽥・下⼝・岡⽥梨・春本
13 ウッホウッホホ ALL
14 ボーイフレンドの作り⽅ ALL
15 Teacher Teacher M1と同じ
16 NO WAY MAN M1 と同じ
17 僕たちは戦わない M1と同じ
18 ⾔い訳 Maybe M1と同じ
19 希望的リフレイン M1と同じ
20 ⼤声ダイヤモンド M1と同じ
21 前しか向かねえ ALL
アンコール
EN1 転がる⽯になれ
市川・岡⽥梨・⼩⽥・倉野尾・⼩林蘭・込⼭・下⼝・⻑友・橋本・春本・左伴・峯岸・武藤⼩・武藤⼗・茂⽊・安⽥・湯本
EN2 僕にできること EN1と同じ
EN3 To be continued. EN1と同じ
EN4 君と虹と太陽と ALL

(出演メンバー)
市川愛美・岡田梨奈・小田えりな・倉野尾成美・小林蘭・込山榛香・下口ひなな・長友彩海・橋本陽菜・春本ゆき・左伴彩佳・峯岸みなみ・武藤小麟・武藤十夢・茂木忍・安田叶・山田杏華・湯本亜美
Opening Act:末永祐月・永野恵
峯岸みなみ

峯岸みなみ

チームK千秋楽 (C) AKS

チームK千秋楽 (C) AKS

佐藤仁

日本だけでなく欧米やアジアのポップカルチャーやエンターテイメント、メディアの動向を幅広く取材。放送作家・番組制作協力も多数。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着