R N S T×河合里美(広告音楽プロデ
ューサー)対談。「Juvenile(少年性
)」をテーマにした新作『-』を語り
合う

幾何学的だが情熱的、無機質であり有機的、クラブミュージックとバンドサウンドの融合、R N S Tの音楽にはいくつもの二面性が存在する。幼馴染み3人、陽(Vo&Prog)、宇宙(G)、Sanson(B)からなるバンドであり、彼らは6月にアルバム『-』をドロップしている。自身らの音楽性を拡張した新作だ。本作を語る上では、まず何をおいてもSalvaged Tapesというレーベルの解説が不可欠である。Black Boboiで活躍しているermhoiも以前リリースしていたレーベルで、昨年からは年間テーマを設定し、それに沿った作品作りをアーティストと共に行う企画を行っている。2年目となる本年は、「Juvenile(少年性)」をテーマに2組のアーティストが作品を発表。そのひとつがR N S Tによる『-』である。かつては多くのレーベルがジャンルをある程度統一することでカラーを打ち出してきたが、ジャンルの意味が融解し、シーンの流れが目まぐるしく変わる今、新たなロールモデルを打ち出そうとしたのかもしれない。Salvaged Tapesは1年毎に流動的に音楽の楽しみ方をプレゼンテーションしているように思う。外部からの縛りを設けられることによって、これまでのどの作品とも違う新作を作れたというR N S T。そうした彼らの新たな魅力を多角的な視野で捉えるため、かねてから親交があった河合里美(広告音楽プロデューサー)氏を招き対談を敢行した。それぞれ異なる分野で活躍する4人の会話を楽しんでほしい。

有機と無機が同居する

ーまずは皆さんのバックグラウンドから聞かせてください。R N S Tのメンバー3人の、フェイバリットの音楽は何ですか?
【関連記事】

DIGLE MAGAZINE

プレイリスト専門webマガジン「DIGLE MAGAZINE」。最新&話題の音楽プレイリスト情報、インタビュー、イベント情報をお届けします。

新着