L→R 竹下麻衣子(Vo&Pf.)、猪野進一(Ba&Cho)、加藤智之(Gu&Cho)、山田祐大(Dr)

L→R 竹下麻衣子(Vo&Pf.)、猪野進一(Ba&Cho)、加藤智之(Gu&Cho)、山田祐大(Dr)

【IRabBits インタビュー】
新たな転機を迎えたIRabBitsが
新作でアピールする
15年の集大成とさらなる挑戦

周囲のバンドもその実力を認める真のライブバンドとして人気を集めるピアノロックバンド、IRabBitsが完成させた3rdフルアルバム『IRabBits』。結成15周年を迎えるタイミングでメジャーリリースする意気込みと新境地を語ってもらった。

IRabBitsはこうあるべきという
縛りがなくなって自由になれた

メジャーリリースをきっかけに活動の幅も広がっていきそうですね。

竹下
リード曲の「This Is LOVESONG」は、それこそメジャーじゃないと似合わないというか、歌詞の内容も、いわゆるラブソングというところから逃げずにちゃんと書けたと思うんです。だからって、流行りのものに迎合したわけではなく、ちゃんと自分たちらしさを失わずに向き合えましたし。メジャーからリリースするって表舞台で勝負することなので、王道のラブソングを毛嫌いせず、逆にそこに体当たりで挑んでいくっていう意味で、この曲はほんとにメジャーに相応しいと思ってます。ただ、その中にもシンガロングを加えて、ライヴでみんなとしっかり盛り上がれるところも盛り込めたので、今回、メジャーからリリースする機会をいただけたことをきっかけに、この曲はすごくバケけるんじゃないかって期待しているんです。
猪野
もともと今回のアルバムは10曲の予定だったんですけど、メジャーリリースが決まった時、ちょっと物足りないという話になって5曲増やしたんですよ。結果、その5曲がIRabBitsの中心から外れた曲が集まって。それで、さらに幅が広がったというか、“今まで全然出してこなかったIRabBitsがまだ出るんだ!”みたいな(笑)。そういう懐の深さが増したのは、すごく良かったと思います。
竹下
智ちゃん(加藤の愛称)も祐大もそれぞれにね。「246」と「Life is…」を作詞作曲したんだよね。
山田
これまでやって来たことが最初の10曲でギュッと表現できたので、あとから加えた5曲は良い意味で遊べたんです。
竹下
今までのIRabBitsができることっていう10曲だったのが、やったことがないことにも挑戦してみようというところに広がった15曲になりました。
加藤
足すからには振り切ったものを!という意識はありましたね。

最初の10曲を作るにあたって、取っ掛かりになったのはどの曲だったのでしょうか?

竹下
「This Is LOVESONG」でした。昨年、前のレーベルを抜けて、自分たちだけで1年間やっていたんですけど、「This Is LOVESONG」を出すならもっといい環境でと思って。2018年に「ミスデモクラシー」と「二十日恋」というシングルを2枚、会場限定でリリースしたんですけど、自主でやるって本当に大変だって思い知らされたので(笑)、ちゃんとレーベルに所属してやろうと決めたんです。
山田
それまではライヴハウスのお客さんに向けて“どうやって発信しようか?”って考えてきたんですけど、“ライヴハウスに来たことがない人が聴いて、ライヴハウスに行ってみようと思えるぐらいの勝負がしたい。それにはやっぱりメジャーだろう!”ってことになったんです。そんなふうに思えるくらいパワーがある曲だと思ったから、「This Is LOVESONG」ができた時、“めちゃめちゃいいです!”ってすぐにバンドのグループLINEで送ったんですよ。
竹下
そうなんです。ピアノと歌だけで作った曲をLINEに流したら、祐大が即反応して“いいです! ヤバいです! 泣きました”って。メンバーが泣いたくらいなんだから、これは来たなって思いました(笑)。

その「This Is LOVESONG」は11年に発表した「未完成なあいのうた」のアンサーソングで、17年頃に“本当のあいのうた(仮)”というタイトルで作り始めた曲が紆余曲折を経て、ようやく完成に至ったそうですね。

竹下
「未完成なあいのうた」を11年に発表した時、MVがいわゆるバズるというか、バッと広がって、それがきっかけで『京都大作戦』をはじめ、フェスにもいろいろ出演させてもらったんですけど、その時期にライヴの動員もグッと増えたんですね。それまで私、福岡にいる父に縁を切られた状態でバンドをやっていたので、7年くらい実家の敷居を跨げず、父親と会話もしないまま、音楽をやっていたんですよ。でも、「未完成なあいのうた」をきっかけにツアーも全国を回れるようになって、ツアーで福岡に行ったら、父が観に来てくれたんです。YouTubeで広がったMVを父の友人が見つけて、“娘さん、すごく頑張ってるから、もういい加減、許してあげなさいよ”ってライヴに連れて来てくれたみたいで。その時、父が「未完成なあいのうた」をすごく褒めてくれて、“おまえたちが次のステージに進むのは、完成形の「あいのうた」が書ける時だな”って言ってくれたことがずっと心に残っていて。それから書き続けて、書き続けて、平成の終わりにやっと書けたと思って、ちゃんと世に出そうと考えていた矢先に父の癌が見つかったんです。それが今年の頭で、その時には全10曲で“IRabBits”ってタイトルも決めていたんですけど、どうしても1曲、父の歌を入れたくて。それが5曲目の「七光れ」で。速攻で書いて、速攻で録って、他界する前にアルバムを病室で流せたんですけど、息を引き取る時も看護婦さんたちがアルバムをかけてくれていたみたいで。父に届いたかどうか分からないですけど、看護婦さんたちがファンになってくれましたね(笑)。

なぜ、「This Is LOVESONG」を完成させるまでに時間がかかったのでしょうか?

竹下
どういうかたちで世に出していけばいいのか、ビジョンが見えなかったんですよね。ライヴハウスで速いビートのものに特化してやってきたので、そこにどうぶつけるのがいいのか全然分からないまま仮タイトルだけずっとあって。それが今回、やっと見えたんですけど…(メンバーに向かって)なんで見えたんだろうね?(笑) 前のレーベルを辞めて、独立することを決めたのが17年の12月だったんですけど、そのタイミングで縛られていたものを全て解き放って、物事をシンプルに考えるようになったんですよ。“こういうふうにIRabBitsはやっていかなきゃ!”って縛りが全部なくなって、バンド名からもハイフンを取ったんですけど(笑)、すごく自由になったので、その時に見えたのかもしれないです。でも、智ちゃんも祐大も今回、好き勝手に作ったよね? 智ちゃんの「246」なんて、ピアノが入ってないですからね(笑)。

そういう曲も今のIRabBitsにはありなんですね?

竹下
ありにしちゃいましたね(笑)。
加藤
「This Is LOVESONG」って揺らがないリード曲があるので、遊べるところは思いっ切り遊んじゃおうって。
L→R 竹下麻衣子(Vo&Pf.)、猪野進一(Ba&Cho)、加藤智之(Gu&Cho)、山田祐大(Dr)
アルバム『IRabBits』【初回限定盤(DVD付)】
アルバム『IRabBits』【通常盤】

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着