MARISA、NANAMI、MAKO

MARISA、NANAMI、MAKO

【color-code インタビュー】
より自分たちの今が踏襲された
楽曲になった

3人だけのパワーで
真っすぐ届けたかった

《自分たちのスタイルで》とのリリックもありますが、それは何を指していたりしますか?

NANAMI
それを言葉で言い表しにくいのがcolor-codeらしさでもあって(笑)。強いて言えば、color-codeという枠の中で、各々がありのままの姿で出すパワーかなと。そして、それらが重なった時が唯一無二の自分たちのスタイルなんだと思います。絶対にこの3人でしか生まれ得ない音楽という自覚が強くありますから。
MAKO
私も自分らしく自由にいられること、そこじゃないかと。ひとりひとりが際立った声質の歌声があり、チームではあるけど、自分らしく輝ける。そこでしょうって。自由って“自分を由する”って書くじゃないですか。それは決して自分勝手にやっていいということじゃない。この3人の中でも、互いにリスペクトがないとチグハグになってしまうし。ただ、“どんな場所に行っても、自分を貫きつつ自由に自分らしく生きよう!”っていうのが、私たちが伝えられるひとつのメッセージなんだろうなって思ってます。
MARISA
あとは、媚びずに自分たちらしくやっている部分でしょうね。誰かに従ったり合わせたりするのではなく、お互いを尊重しながら、やりたいことができるグループで常にありたいんです。それこそ“自分たちらしく生きていいんじゃないの?”って。その辺りも自分たちの楽曲やライヴを通して伝わってもらっていたら嬉しいですね。
color-code インタビュー写真(NANAMI)

color-code インタビュー写真(NANAMI)

サビで表れる力強い3人のユニゾンも魅力的ですね。

NANAMI
ここまでがっつりとしたユニゾンはデビューシングル以来かもしれないですね。これまでは誰かが主メロを歌い、そこに他のふたりがハーモニーやコーラスを付けてましたが、今回は3人だけのパワーで、何も余計なことはせずに真っすぐ届けたかったんです。
MAKO
あと、ダンスをしている場面を想像しながら歌いました。歌のみを真っすぐ3人で歌い届けるのではなく、ダンスも同時に楽しめる…目でも耳でも楽しめるのが、やはりcolor-codeの魅力のひとつだと自負しているので。

そのダンスの面はいかがでしたか? カロリーの消化がかなり激しそうなのですが(笑)。

NANAMI
これまでの中でも確実に上位に入る激しいダンスになりました。そのダンスの激しさと、良い意味で楽曲の切羽詰まった感じ(笑)、それらを上手く昇華し、最高の歌って踊れる曲ができたなって。
color-code インタビュー写真(MARISA)

color-code インタビュー写真(MARISA)

このような力強い楽曲ながらタイトルが“KAGEROU”というのにも興味があります。

MARISA
まず今回は日本語のタイトルを付け、それをあえてローマ字表記にしたくて、いろいろと候補を出してみました。M-2に海外に向けて発信する英語版を収録することも決まっていたこともあり、外国人の方が“これはどういう意味なんだ?”と調べた時に、どことなく合致するものにしたくて。そんな中、熱い想いが一番にくる曲でもあったので、熱い地面からゆらゆらと立ち上る陽炎が思い浮かんだんです。どんなに走ってもその先にあり続けて、追いかけても追いかけても掴めない。目には見えないものだけど、その想いはしっかりと存在する。そんな陽炎と今回の曲が合致したんです。

その辺りはリリックに込められた、“自分たちを追い求めいく”という想いともリンクしますね。

MAKO
MARISAのタイトルへの想いは今初めて聞いたんですが(笑)、私もこの曲には実際の陽炎に似た“形はないけど存在や念みたいなもの”をすごく感じたんです。形にはなり切れていないけど、ずっとモヤモヤとして、沸々と心の奥底で燃え上がっている…その辺りと合致して。これからの私たちの狼煙や幕開けを飾るタイトルにもぴったりかなと。

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着