夏休み最後の3連戦はPERFECT DRAGON
S!! ナゴヤDで『ブルーサマーシリー
ズ 2019』

中日ドラゴンズは8月30日(金)~9月1日(日)にナゴヤドームで行われる3連戦を『ブルーサマーシリーズ 2019』として開催。さらに、9月1日(日)には『ドラ恋!ガールズデー』を同時開催する。対戦相手は東京ヤクルトスワローズ。
8月30日(金)の試合後は、オリエンタルラジオの藤森慎吾とドアラによる、この日限りのスペシャルユニット「藤森慎吾&ドアラFISH」がミニライブを開催。藤森が参加するダンス&ボーカルユニットRADIO FISHの『PERFECT HUMAN』(パーフェクト・ヒューマン)を披露する。
イベントに際して、藤森は以下のようにコメントしている。
「後半戦に弾みをつけるべく、ナゴヤドーム一体となって熱唱しましょう!!見せますPERFECT DRAGONS!! ここから最強の武勇伝を作りましょう!!かっ飛ばして行っちゃいまshowtime!! 」
藤森慎吾&ドアラFISHが30日(金)の試合終了後にミニライブを開催
31日(土)は「パンケーキ食べたい♪」のフレーズで人気の、お笑い芸人・夢屋まさるが登場。中日ドラゴンズ愛がこもった応援で試合を盛り上げる。
31日(土)に登場する夢屋まさる
9月1日(日)は6月の試合で配布して大好評だった「ドラ恋!ユニフォーム」を、女性来場者全員にプレゼント。さらに、来場者全員に「勝利のジェット風船」が配布される。この風船は7回裏の攻撃前に、ドラゴンズナビゲーターの掛け声に合わせ、一斉にドーム内に打ち上げられる。
9月1日(日)に配布されるジェット風船
9月1日(日)に女性来場者に配布される「ドラ恋!ユニホーム」
さらに、この3連戦ではさまざまな特典付きの企画チケットが発売されることになった。各チケットの詳細は以下の通り。
【「ブルーサマーシリーズ 2019」 青夏Tシャツ付チケット】
青夏Tシャツはチームカラーの「青」と「夏」をテーマとし、そこに「着て楽しい!」というコンセプトを加えてデザインされたもの。サラサラなドライ生地を初採用し、MとLの2サイズを用意している。
一般価格:チケット代一般価格にプラス300円
対象試合:8月30日(金)、31日(土)
2019青夏Tシャツ
【夏に恋する青ヨガ!体験付チケット】
試合終了後にグラウンドで行われる、特別ヨガレッスン「青ヨガ」に参加可能。講師は女優でヨガインストラクターの松本莉緒。LED照明によって球場全体を「青い海」に見立て、心も身体もリラックスできる。
対象席種:ナゴヤドーム内野A席
一般価格:5,000円
対象試合:9月1日(日)
9月1日(日)に特別ヨガレッスン「青ヨガ」体験イベントを行う松本莉緒
【「ブルーサマーシリーズ 2019」 ロゴ入り公式試合球付チケット】
『ブルーサマーシリーズ 2019』のボール専用ロゴが入った、公式試合球が付いたチケット。試合球は試合で実際に使用されたもので、3日間合計300個限定となる。
対象席種:ナゴヤドーム内野S席(一塁側)
一般価格:7,600円
対象試合:8月30日(金)、31日(土)、9月1日(日)
「ブルーサマーシリーズ 2019」 ロゴ入り公式試合球
【2019燕征燕パワーユニホーム付ビジター内野応援シート】
神宮球場でも手に入れることができない、「燕征ワッペン」が入った「2019燕征燕パワーユニホーム」が付いてくる、お値段そのままのお得なチケット。
対象席種:ナゴヤドーム ビジター内野応援シート(三塁側)
一般価格:おとな3,900円/こども2,000円
対象試合:8月30日(金)、31日(土)
2019燕征燕パワーユニホーム
期間中はドラゴンズ選手たちが、ファンに人気の昇竜ユニホームを着用して試合にのぞむ。彼らの躍動が期待される3連戦。夏休み最後の週末を、ナゴヤドームで過ごしてみてはいかがだろうか。

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」