『CLUB SEVEN ZEROII』ゲネプロレポ
ート〜大人の色気も笑いも切なさも!
とにかく楽しい3時間

歌やダンス、芝居やスケッチなどあらゆる要素を取り入れたエンターテインメントショー『CLUB SEVEN』。“レジェンド・メンバー”が6年ぶりに集まって好評を博した前作(2017年)から、さらに進化した『CLUB SEVEN ZEROII』が2019年6月15日(土)から日比谷シアタークリエで開幕した。初日を前に行われたゲネプロの様子を写真とともにお伝えする。 
『CLUB SEVEN ZEROII』ゲネプロの様子

『CLUB SEVEN ZEROII』ゲネプロの様子
『CLUB SEVEN ZEROII』ゲネプロの様子
2003年の初演以来、ライブやディナーショーも合わせて、今回で16回目となる。80曲近い楽曲を芝居とダンスを交えて次々と展開する“50音順ヒットメドレー”など、数々の名物コーナー・キャラクターを誕生させてきた本シリーズ。今回は、脚本・構成・演出・振付・出演の玉野和紀のもと、吉野圭吾、東山義久、西村直人、大山真志らお馴染みのメンバーはもちろん、北翔海莉と沙央くらまら元宝塚歌劇団の2人が初出演となる。
『CLUB SEVEN ZEROII』ゲネプロの様子
『CLUB SEVEN ZEROII』ゲネプロの様子
『CLUB SEVEN ZEROII』ゲネプロの様子
1幕は約1時間15分、20分休憩を挟み、2幕は約1時間半の2幕構成。
  
1幕は冒頭、CLUB SEVENのテーマ曲などが披露される。のっけからキャスト全員で激しく踊って踊って踊りまくる。そして、“大人の”という形容詞がよく似合う色気のあるダンスや、玉野によるタップダンスを挟みつつ、数本の「スケッチ」(※ショートコントのような短編芝居)が始まる。ネタバレになるので詳しくは書かないが、キャストの個性がよく生かされたストーリーで、とにかく笑えるものばかりだった。
『CLUB SEVEN ZEROII』ゲネプロの様子
『CLUB SEVEN ZEROII』ゲネプロの様子
『CLUB SEVEN ZEROII』ゲネプロの様子

そして2幕は、1920年代のニューヨークを舞台にした、少し切ないミニミュージカルから始まり、皆さんお待ちかね(?)の“50音順ヒットメドレー”へ。こちらもネタバレになるので詳しくは書かないが、昭和、平成、令和に流行ったヒット曲や、一度は聞いたことがあるであろうCM曲など全77曲が息もつかぬ展開で歌い上げられる。「こう来たか!」と思わせてくれるラインナップだった(特に北翔と沙央のファンの方にとっては、宝塚時代を思い出させる嬉しい場面もあれば、驚きを隠せない衝撃的な場面も多々あることだけ伝えておきたい)。
 
歌とダンスの完成度の高さにも驚かされるが、キャストたちが汗を流して、息を切らせて、時たま素の状態を垣間見せながら駆け抜ける、そのライブ感がたまらなく楽しい。ご覧になる方は、ぜひ恥ずかしがらず、手拍子をしたり、ペンライト(1500円で販売されている)を振ったりして、一緒に楽しんでほしい。その方が何倍も楽しめるし、キャストたちもノッてくるだろう。
『CLUB SEVEN ZEROII』ゲネプロの様子
『CLUB SEVEN ZEROII』ゲネプロの様子
『CLUB SEVEN ZEROII』ゲネプロの様子

梅雨のジメジメした雰囲気を吹き飛ばしてくれそうな、爽快感あふれるジェットコースターのようなエンターテインメントショー。ぜひお見逃しなく!
『CLUB SEVEN ZEROII』ゲネプロの様子
『CLUB SEVEN ZEROII』ゲネプロの様子
『CLUB SEVEN ZEROII』ゲネプロの様子
【関連記事】
・北翔海莉と沙央くらまが初出演! 『CLUB SEVEN ZERO II』本気の稽古場レポート&インタビュー
・玉野和紀✕吉野圭吾✕東山義久✕西村直人✕大山真志がクロストークで大騒ぎ!『CLUB SEVEN ZERO II』

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着