清貴、新曲「虹の向こうへ」がLGBTカ
ミングアウト・フォト・プロジェクト
<OUT IN JAPAN>のテーマソングに

日本では稀なオープンリーゲイのシンガーソングライター清貴が、平昌パラリンピックフジテレビ系列応援ソング「MY VICTORY」以来、2年ぶりとなる新曲「虹の向こうへ」をリリースした。

アメリカでの5年間の音楽活動から帰国後、アジア最大級のLGBTの祭典「東京レインボープライド2015」で自身がゲイであることを公表して以来、その経験から、LGBT当事者をはじめ、障がいのある方々、高齢者など、社会的に生きづらさを抱える人たちを、音楽の力で勇気づける活動を続けているシンガーソングライター清貴。
本楽曲「虹の向こうへ」は写真家のレスリー・キーが撮影する、2020年までに1万人のLGBT当事者たちのポートレートを展示し、その可視化を図ろうというプロジェクト<OUT IN JAPAN>のテーマソングとなっている。2015年にスタートし、現在まで全国で1600人以上を撮影、清貴本人をはじめ、KABA.ちゃん、ぺえ、IVAN、中村中なども参加している。

清貴自身も17歳でデビューしてから、ゲイである自分を隠していることに長年悩んだ経験から、社会からなかなか受け入れてもらえない人々の想いを代弁するように、人が人を愛する気持ちの尊さを歌っている。
「虹の向こうへ」は清貴のルーツであるゴスペルを取り入れた、壮大な愛のバラードとなっており、「自分らしく生きると決めてカミングアウトしてから4年かかって完成し、自分の人生を凝縮したような作品になった。運命を変える一曲になる予感がする」と語っている。

本邦初公開となるジャケットのイラストは『NINETEEN 19』や『ホットマン』などで知られる人気漫画家、きたがわ翔がこの曲のために描き下ろした。なお、5月17日には、清貴自身の過去の葛藤や心の傷についてはじめてテレビで語った番組、TBS系列『爆報!THE フライデー』のオンエアが予定されている。

「虹の向こうへ」

5/17(金)デジタル配信スタート
5/31(金)シングル盤リリース

アーティスト

BARKS

BARKSは2001年から15年以上にわたり旬の音楽情報を届けてきた日本最大級の音楽情報サイトです。