キズナアイ、Avec Avecプロデュース
の新曲リリース 単独2Days公演にYu
nomi、パズラム、sasakure.UKら出演

キズナアイが2018年12月29日(土)・30日(日)に東京・大阪にて開催する単独2Daysライブ・イベント、Kizuna AI 1st Live “hello, world”の出演DJが公開された。

バーチャルYouTuberとして世界初・史上最大規模となる本イベントに出演が決まったのは、Avec Avec、Nor、Pa’s Lam System、TeddyLoid☆Taku Takahashi、DÉ DÉ MOUSE、MATZ、Yunomiといったキズナアイが現在行っている9週連続リリース企画に参加する面々に加え、sasakure.UKの合計9組。
【リリース情報】

Kizuna AI 『over the reality (Prod. Avec Avec)』

Release Date:2018.11.09 (Fri.)
Label:upd8 music
Tracklist:
1. over the reality (Prod. Avec Avec)

作曲・編曲:Avec Avec
作詞:Avec Avec, Kizuna AI

■ Kizuna AI オフィシャル・サイト(http://kizunaai.com/)


【イベント情報】

Kizuna AI 1st Live “hello, world”

日時:2018年12月29日(土) 開場 17:00 / 開演 18:00
会場:Zepp DiverCity (TOKYO)

日時:2018年12月30日(日) 開場 17:00 / 開演 18:00 
会場:Zepp Osaka Bayside

出演DJ:
<2018.12.29 TOKYO>
DÉ DÉ MOUSE
sasakure.UK
Nor
Yunomi
☆Taku Takahashi
MATZ

<2018.12.30 OSAKA>
TeddyLoid
Yunomi
AvecAvec
Pa’s Lam System

チケット価格:
1階スタンディング ¥7,800
2階VIP指定席(限定特典グッズ付) ¥10,800
・VIP限定オリジナル・クッションが特典として付属します
・ご入場時、ドリンク代 ¥500が必要になります
・全席指定(2階席より設定)着席指定
・未就学児童購入不可

チケット受付概要:

プレイガイド先行:
ローソンチケットプレリクエスト
日時:2018年11月9日(金)12:00〜2018年11月15日(木)23:59
・お申込みには各プレイガイドでの会員登録(無料)が必要です
・お申込み多数の場合は抽選となります
・受付期間につきましては各サイトにてご確認ください

一般販売:
日時:2018年12月1日(土)10:00〜
・先着受付となりますので予定枚数に達し次第、受付終了となります

[問合せ]
東京公演:クリエイティブマン 03-3499-6669 (平日12:00-18:00)
大阪公演:キョードーインフォメーション 0570-200-888

主催:Kizuna AI / upd8 music / 東京:クリエイティブマン / 大阪:キョードー関西
企画:Kizuna AI / upd8 music / AEI
ステージ制作:クリプトン・フューチャー・メディア株式会社
協力:株式会社TWH

■ Kizuna AI 1st Live “hello, world” オフィシャル・サイト(https://2018hello.world/)

Spincoaster

『心が震える音楽との出逢いを』独自に厳選した国内外の新鋭MUSICを紹介。音楽ニュース、ここでしか読めないミュージシャンの音楽的ルーツやインタビュー、イベントのレポートも掲載。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」