来日間近のザ・ウィークエンド「ニュ
ー・アルバム、すぐに」

今年春、EP『My Dear Melancholy』をリリースしたばかりのザ・ウィークエンドだが、またすぐに新しい音楽が聴けるようだ。
彼は、火曜日(11月6日)故郷カナダ・トロントで開いた公演で、オーディエンスにこう話したという。「これは知っておいて欲しい。僕はこの2日間トロントにいて‥‥、この数年でこれほどインスパイアされたことなかった。みんなに言っておかないと。それに、みんなに最初に知って欲しい。僕はいま、新しいアルバムを作ってる。チャプター6はもうじきだ」

ザ・ウィークエンドはその後、「他のものより小さなチャプターもある。次のはそうじゃないけどね…」とつぶやいた。
ザ・ウィークエンドのスタジオ・アルバムは、ファースト『Kiss Land』(2013年)、全米1位を獲得した2枚『Beauty Behind The Madness』(2015年)、『Starboy』(2016年)に続く4枚目となる。これにコンプレーション・アルバム『Trilogy』(2012年)とEP『My Dear Melancholy』を加え、新作を“チャプター6”と考えているのではないかと思われる。

ザ・ウィークエンドは11月終わりからアジア・ツアーを始め、アブダビ、香港、タイ、フィリピン、台湾、韓国などを周ったあと、12月に来日。幕張メッセ(18日)でパフォーマンスする。

Ako Suzuki

BARKS

BARKSは2001年から15年以上にわたり旬の音楽情報を届けてきた日本最大級の音楽情報サイトです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」