エドガー・サリヴァン 佐々木 萌『東京文化びと探訪』

エドガー・サリヴァン 佐々木 萌『東京文化びと探訪』

エドガー・サリヴァン 佐々木 萌
『東京文化びと探訪』
- 第一回 『人柄に触れる』
樹木希林さん -

お上りさんの私が、これから素敵な文化びとになるべく
毎月、これまで出会った尊敬すべき文化人たちに触れていきます。

映画や、音楽、美術…いろいろなものを見る中でわたしは
いちばんに作り手の生き方を感じたいのです。

樹木希林さんのお芝居をみると、フィクションの中であるはずが
確かにその人と触れあっているような感覚になります。
その人と触れあう、絶対に代えのきかないものです。
恋の傷は恋で癒す、なんて言葉がきこえる浮いた世の中で
内田裕也さんとの夫婦関係にもみえる唯一無二の無償の愛、
ひとりの人を命をかけて愛すというその姿が
本当にわたしには素敵にみえて…
出会いとは全てそういう重大なものなんだと日々感じながら
わたしもそうありたいな、と思います。

縁(えにし)の哲学をわたしに遺してくださいました。

その生き方に、惹かれています。これからも。

追記* 代表作や名作は数々あるものですので、全てを挙げる事はできませんが
一番最近わたしが観た作品は 映画『あん』です。
役のおばあさんの生き方、そこから感じた希林さんに次の日があるにもかかわらず
涙やらなんやらが出払って脱水症状になるほどでした。
エドガー・サリヴァン プロフィール

エドガー・サリヴァン:それぞれ違うフィールドで音楽活動をしてきた3人が、東京は“江戸川橋”で出会い、お互いの音楽性に惹かれ合い、2015年4月に渋谷で活動を開始。3人がそれぞれ詞曲を担当、打ち込みサウンドを多用する一方、坂本のオルタナティブなサウンド、高木のブラックミュージックを基調とするアグレッシブなプレイ、そして佐々木の憂いを帯びた声と独自のメロディーセンスはこれまでにない新たな音楽を提示する。エドガー・サリヴァン オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • 臼井孝のヒット曲探検隊-アーティスト別ベストヒット20
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV
  • G-NEXT POWER PUSH

ギャラリー

  • Rei / 「Cutting Days」
  • Tsubasa Shimada(PrizmaX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • 夜の本気ダンス / 「鈴鹿秋斗の絵とビート!」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • WEBER / 「ハヤトノセカイ」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • フレンズ / 「続・ゾンビ探求日誌」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」
  • ジュリアナの祟り / 「こどもちゃんだっていろいろ」