7月13日(金)@日本武道館 photo by AZUSA TAKADA

7月13日(金)@日本武道館 photo by AZUSA TAKADA

ACIDMAN、オリジナリティを
証明した日本武道館ワンマン

7月13日の金曜日、ACIDMANが『ACIDMAN LIVE TOUR“Λ”』のファイナル公演を東京・日本武道館にて開催した。

生命と宇宙を歌うACIDMANの音楽は、武道館という精神性の高い場所において過去にいくつもの名演を生んできたが、今回もオープニングから名場面が続出する。暗闇に一筋の光が射し、大木伸夫(Vo&G)が端正なピアノとラウドなギターを使い分ける壮麗なスローチューン「白い文明」から、佐藤雅俊(B)と浦山一悟(Dr)が心弾むダンサブルなビートを叩き出す「ミレニアム」へ。アルバム『Λ』の世界観を再現する冒頭2曲で観客の心を鷲掴みにすると、強烈なストロボで目を眩ます「新世界」、ミラーボールが星の雨を降らせる「FREESTAR」と、ライヴで人気の高いアッパーな曲を連ねて一気に加速。虹色のレーザービームが飛び交う「prana」は祝祭感たっぷりに、バンドはわずか数曲で満場の観客を完全にロックしてしまった。

「音楽にはエンターテインメントだけはない可能性があります。今日はその世界をみんなで作っていきましょう」(大木)

中盤には「イコール」「赤橙」と、ACIDMANクラシックスと言える名曲を配して徐々にスローダウン、ライブはじっくりと聴かせるセクションへと進んでゆく。ドリーミーなメロディと劇的なテンポチェンジが印象的な「水の夜に」は深く穏やかに、インストと歌ものを組み合わせた「彩-SAI-」(前編) 「彩-SAI-」(後編)はドラマチックに。3人だけの音とはとても思えない豊かな表現力に聴き惚れる。音が生き物のように呼吸をしている。

「宇宙の96%は未だ解明されていないダークマターとダークエネルギーでできている」と語り、わずか4%しか知らない人間の運命に思いをはせ、「生きることは愛おしい」と結ぶ。大木らしいスケールの大きなMCに続いたインスト曲「Λ-CDM」と「世界が終わる夜」は、中盤のハイライトと言える名演になった。自ら生み出したあまりにもエモーショナルな音と言葉に、歓喜の涙を止めることなく歌い続ける大木。『Λ』で3人が到達した、ラウド&エモーショナルでありながら深い優しさとぬくもりを持つ、至福の音がそこにあった。

浦山一悟のとことんゆるいMCで張り詰めた空気がふっと和むと、いよいよアルバム『Λ』の核心にあたる大曲を揃えたライブ後半が始まる。重厚なロックバラード「最後の星」から「MEMORIES」へと徐々にテンポを上げ、高速メロディックチューン「空白の鳥」をはさんで再びのラウドバラード「光に成るまで」。空気がビリビリ震えるほどの緊迫感の中、喉から血も出よとばかりに大木が叫ぶ。眩い光がステージと客席を飲み込んですべてが一つになる。

「辛いこともあるけど、こうやってみんなに救われています。6回もここに立たせてもらえるなんて、奇跡のようです」(大木)

ラスト曲はアルバム『Λ』と同じ「愛を両手に」だった。“Λ"をかたどった巨大なオブジェ型スクリーン、湧き出すスモーク、照明、すべてが輝くばかりの白。「愛を両手に」の最後の一節「真っ白に染まれ」を具現化した、壮絶なまでに美しいラストシーンだ。

アンコールはやらない予定だったけど「でも出てきちゃってます」と、照れる大木を大歓声が包み込む。時間がないので1曲だけと言って「ある証明」を歌い終えたものの、スタッフに頼み込むようにさらにもう1曲「Your Song」を全力で歌いきる。それはACIDMANを愛するすべてファンへの、感謝の言葉に代えたメッセージだった。

暗闇の中で孤独に生まれ、光の中で幸福に果てる。大木伸夫の死生観を刻み込んだ一遍の映画のような『Λ』の世界観を、完璧に表現しきった2時間半。この国のロックシーンでACIDMANがどれほどオリジナルな存在かを深く再認識した、素晴らしい夜だった。

text by 宮本英夫
photo by AZUSA TAKADA、TAKAHIRO TAKINAMI、takufujii

『CIDMAN LIVE TOUR “ANTHOLOGY 2”』

<2019年>
3月02日(土) 沖縄・桜坂セントラル
3月11日(月) 福島・いわき芸術文化交流館アリオス中劇場
3月15日(金) 大阪・Zepp Osaka Bayside
3月21日(木) 香川・高松オリーブホール
3月23日(土) 宮城・仙台Rensa
4月06日(土) 福岡・Zepp Fukuoka
4月07日(日) 岡山・CRAZYMAMA KINGDOM
4月13日(土) 石川・金沢EIGHT HALL
4月21日(日) 愛知・Zepp Nagoya
5月10日(金) 北海道・サッポロファクトリーホール
5月17日(金) 東京・Zepp Tokyo

7月13日(金)@日本武道館 photo by AZUSA TAKADA
7月13日(金)@日本武道館 photo by AZUSA TAKADA
7月13日(金)@日本武道館 photo by AZUSA TAKADA
7月13日(金)@日本武道館 photo by AZUSA TAKADA
7月13日(金)@日本武道館 photo by AZUSA TAKADA
7月13日(金)@日本武道館 photo by AZUSA TAKADA
7月13日(金)@日本武道館 photo by AZUSA TAKADA
7月13日(金)@日本武道館 photo by AZUSA TAKADA
7月13日(金)@日本武道館 photo by AZUSA TAKADA
7月13日(金)@日本武道館 photo by AZUSA TAKADA
7月13日(金)@日本武道館 photo by TAKAHIRO TAKINAMI
7月13日(金)@日本武道館 photo by TAKAHIRO TAKINAMI
7月13日(金)@日本武道館 photo by TAKAHIRO TAKINAMI
7月13日(金)@日本武道館 photo by TAKAHIRO TAKINAMI
7月13日(金)@日本武道館 photo by takufujii
7月13日(金)@日本武道館 photo by takufujii

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着