7月1日(日)@東京・豊洲PIT

7月1日(日)@東京・豊洲PIT

FLOW、
“アニメ縛り”ツアーが
大盛況にて終幕

4月からスタートしたFLOWのアニメ主題歌・関連曲のみを演奏する全国ツアー『FLOW 15th Anniversary TOUR 2018「アニメ縛り」』が、7月1日(日)東京・豊洲PITでファイナルを迎えた。本ツアーは、2017年末に行なった東京・日本青年館での一夜限りのスペシャルライブが大盛況を博したことを受け、全国ツアーとして開催したもの。“アニメ縛り”という、いつものFLOWのライブとは一味違う表現方法でデビューから15年、FLOWが紡いできたアニメ関連曲を惜しみなく披露した。

開演前、満員御礼ですでに熱気あふれる会場に響いたのは、アニメ『NARUTO –ナルト–』の登場キャラクターである日向ヒナタ(声優:水樹奈々)の声。そのまま声主である水樹奈々にバトンタッチすると“僭越ながら私からご注意とお願いを申し上げます!”と影アナのサプライズ演出に大いに沸いた。そして満を辞してステージにFLOWのメンバーが登場。KEIGO(Vo)が“行くぞ豊洲ー!!”と客席を煽ると、1曲目を飾ったのはアニメ『べるぜバブ』のオープニングテーマで疾走感あふれるロックチューン「Hey!!!」。続く「WORD OF THE VOICE」「Steppin’’ out」と序盤からフルスロットルでヒットチューンを畳み掛ける。

そして続く楽曲たちの前では“アニメ縛り”ならではのキャラクターの名セリフのオンパレードがライブに花を添える。『交響詩篇 エウレカセブン』のレントンとエウレカによる名シーンの掛け合いのあと、“I can fly!”とレントンお馴染みの名セリフが響き「DAYS」のイントロがスタート。観客からはどよめきと歓喜の声が溢れる。その後も立て続けに劇場版『ドラゴンボールZ 神と神』の主題歌「CHA-LA HEAD-CHA-LA」や劇中歌「HERO〜希望の歌〜」といったライブチューンを連発していく。

この日、もうひとつサプライズが用意されていた。中盤でシークレットゲストとして登場したのは、FLOWと親交の深いアニメソングシンガー・きただにひろし。アニメ『ONE PIECE』の初代主題歌「ウィーアー!」をFLOWと共に熱唱すると、会場のボルテージは最高潮に! そのまま『コードギアス 反逆のルルーシュ』の主題歌コーナーに突入し、“撃っていいのは撃たれる覚悟のあるやつだけだ!”とルルーシュの名セリフから「COLORS」へ。客席からはその度に歓声とどよめきが起き、興奮状態が続いていた。

そして終盤、FLOWが過去6度にわたり関連曲を務めた作品『NARUTO –ナルト–』主題歌コーナーに突入し、ナルト、サスケ、サクラ、シカマル、そしてヒナタらによるセリフが流れ、FLOWだからこそできるアニメとのコラボ演出がステージを印象的に彩った。MCではKEIGOが“今日演奏している曲は全部みんなと出会えた曲たちです。そして出会い方はアニメ、ライブ、ロックフェス、みんな様々だと思う。アニソンバンドとかロックバンドとか、そんな肩書きはどうでもいい。もしそんなジャンルの間にボーダーラインがあるなら、その壁を、ぶっ壊せるバンドに絶対なるので、ついて来てください!”と語る。デビューして15年、真摯にアニメ作品と向き合い楽曲を世に送り出してきたFLOW。アニメがバンドを知るきっかけに、またバンドがアニメを知るきっかけになるようにと続けてきた選択は、音楽はジャンルに関係なく楽しめるのだということを見事に証明してみせた。

ラストはFLOWとアニメとを繋ぐキッカケとなった最初の曲「GO!!!」を大合唱し、全23曲のアニメ関連曲を披露。それぞれの楽曲を色濃く印象づけるアニメキャラクターたちの声に加え、FLOWのエネルギッシュでまっすぐなライブパフォーマンスが観客の胸を熱くさせた。この日は特別に完成したばかりの8月29日発売の新曲「音色」も初披露。この曲は7月8日(日)より放送されるABCテレビドラマ『幸色のワンルーム』の主題歌にも決定している。そうして大盛況の中、ファイナル公演は大団円を迎えた。

そして終演後、この日は最後の一番大きなサプライズが用意されていた。メンバーがステージを降りると映像がスタート。豊洲PITから車に乗り込みどこかへ向かう様子のメンバーが映し出され、その向かった先はなんと日本武道館! 2019年1月30日(水)に10年ぶり自身2度目の日本武道館単独公演の開催が発表され、観客からは待望とばかりに割れんばかりの歓声が起こり、FLOWに惜しみない拍手が送られた。

さらに、デビュー満15年目に突入する7月2日からは、ついに全世界でサブスク全曲解禁。これまでFLOWが発表した全曲が、各サブスクリプションサービスにて配信開始となる。これまで以上により身近にFLOWの楽曲を楽しむことが出来るので、こちらも要チェックだ。満15年、16年目の一歩を踏み出したFLOWに要注目!
Photo by 柴田恵理
【セットリスト】
1.Hey!!!
(TVアニメ『べるぜバブ』オープニングテーマ)
2.WORD OF THE VOICE
(TVアニメ『ペルソナ~トリニティソウル~』オープニングテーマ)
3.Steppin' out(TVアニメ『デュラララ!!×2結』オープニングテーマ)
4.DAYS
(TVアニメ『交響詩篇エウレカセブン』オープニングテーマ)
5.Realize
(ゲーム『エウレカセブン TR1:NEW WAVE』主題歌)
6.ブレイブルー
(TVアニメ『エウレカセブンAO』オープニングテーマ)
7.愛愛愛に撃たれてバイバイバイ
(TVアニメ『サムライフラメンコ』オープニングテーマ)
8.CHA-LA HEAD-CHA-LA
(映画『ドラゴンボールZ 神と神』主題歌)
9.HERO〜希望の歌〜
(映画『ドラゴンボールZ 神と神』劇中歌)
10.INVATION(Band Inst cover)
(TVアニメ『HEROMAN』Sound Track)
11.CALLING
(TVアニメ『HEROMAN』エンディングテーマ)
12.ウィーアー!(FLOW×きただにひろし Special Collaboration)
(TVアニメ『ONE PIECE』主題歌)
13.COLORS
(TVアニメ『コードギアス 反逆のルルーシュ』オープニングテーマ)
14.WORLD END
(TVアニメ『コードギアス 反逆のルルーシュ R2』オープニングテーマ)
15.BURN
(ゲーム『テイルズ オブ ベルセリア』テーマソング)
16.風ノ唄
(TVアニメ『テイルズ オブ ゼスティリア ザ クロス』第1期オープニング主題歌)
17.INNOSENSE
(TVアニメ『テイルズ オブ ゼスティリア ザ クロス』第2期エンディング主題歌)
18.光追いかけて
(ライブ・スぺクタクル「NARUTO-ナルト-」公演イメージソング)
19.Re:member
(TVアニメ『NARUTO-ナルト-』オープニングテーマ)
20.SUMMER FREAK
(TVアニメ『NARUTO -ナルト- 少年篇』オープニングテーマ)
21.虹の空
(TVアニメ『NARUTO-ナルト- 疾風伝』エンディングテーマ) 
22.Sign
(TVアニメ『NARUTO-ナルト- 疾風伝』オープニングテーマ)
23.GO!!!
(TVアニメ『NARUTO-ナルト-』オープニングテーマ)
24.音色
(ABCTVドラマ「幸色のワンルーム」主題歌)

<CAST>
『NARUTO-ナルト-』
うずまきナルト:竹内順子
うちはサスケ :杉山紀彰
春野サクラ  :中村千絵
奈良シカマル :森久保祥太郎
日向ヒナタ  :水樹奈々

『テイルズ オブ ゼスティリア ザ クロス』
スレイ :木村良平
ミクリオ:逢坂良太

『交響詩篇エウレカセブン』
レントン :三瓶由布子
エウレカ :名塚佳織

『エウレカセブンAO』
エウレカ :名塚佳織

『コードギアス 反逆のルルーシュ』
『コードギアス 反逆のルルーシュ R2』
ルルーシュ:福山潤
C.C.  :ゆかな

『サムライフラメンコ』
羽佐間正義:増田俊樹

影ナレーション :水樹奈々

『15th Anniversary Final「FLOW LIVE BEST 2019 in 日本武道館 〜神祭り〜」』

2019年1月30日(水) 東京・日本武道館
<チケット>
・FLOW OFFICIAL MEMBER「26ers」最速チケット先行
7月01日(日)19:00〜7月16日(月)23:59 ※抽選
■受付URL https://www.flow-26ers.jp/
・オフィシャルサイト先行
7月01日(日)19:00〜7月18日(水)23:59 ※抽選
■受付URL https://l-tike.com/st1/flow-budokan1
■特設サイト:http://www.flow.mu/cam/2019budoukan/

7月1日(日)@東京・豊洲PIT
7月1日(日)@東京・豊洲PIT
7月1日(日)@東京・豊洲PIT
7月1日(日)@東京・豊洲PIT
7月1日(日)@東京・豊洲PIT
『15th Anniversary Final「FLOW LIVE BEST 2019 in 日本武道館 〜神祭り〜」』
『15th Anniversary Final「FLOW LIVE BEST 2019 in 日本武道館 〜神祭り〜」』フライヤー
『15th Anniversary Final「FLOW LIVE BEST 2019 in 日本武道館 〜神祭り〜」』ロゴ
FLOW

Photo by 柴田恵理

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。