so’fly@『Girlz&Boyz Vol.2』より

so’fly@『Girlz&Boyz Vol.2』より

アッキーナ主演のミュージック・ムー
ビーが話題のSo’Fly、主催イベント
大盛況

10月29日(水)にリリースされた4thシングル「OLD DAYZ」のショート・ミュージック・ムービーに南明奈が主演して大きな話題を呼んだSo’Fly。iTunesヒップホップチャートではmihimaru GT、RIP SLYMEに次ぐTOP3にランキングされるなど、ここ最近で一気に注目度が高まっている。

そんな中、先日11月5日(水)にSo’FlyのGIORGIO13が主催するイベント『Girlz&Boyz Vol.2』が代官山UNITにて開催された。
前回は今年5月にPang、MEGARYU、WISEら実力派が出演し大盛況を極めた同イベント。2年ぶりとなるSo’Flyのフル・アルバム発売記念のパーティの意味合いももつ今回のVol.2も、豪華なアーティストを迎え相当な盛り上がりをみせた。
オープニングでSo’FlyとITTこと“I THE TENDERNESS”(GIORGIO13がプロデュースしている2人組HIPHOPグループ)の2組がステージに現れると、観客のボルテージは一気に上昇。ライトで聞き取りやすいラップが売りのITTがステージを盛り上げると、脅威の歌唱力を誇る気鋭のR&BシンガーSweepが登場し、軽快なナンバーの「It’s the fallin’ in love」やしっとりとしたミッドテンポの「Disconnect」を披露した。そして3組目となるSpontaniaがSpontania feat.JUJUの「君のすべてに」など3曲をパフォーマンス。オーディエンスが生で聴く大ヒット曲に大興奮しているところへ前回に続いての出演となるシンガーソングライターAYUSE KOZUEが登場。ダンス・ナンバーで会場を揺らし、デビュー曲「boyfriend」やシングル曲「こよいキミに恋をして」の他に、新曲を歌うという嬉しいサプライズも。彼女のキュートな魅力を余す事無く楽しめるステージとなった。
トリではいよいよSo’Flyが登場。アルバム『Blood&Wine』から3曲演奏し、続いてYoutubeで20万回以上再生されている「Last Summer」に突入。楽曲のクオリティの高さに定評のあるSo’Flyのステージは圧巻で、ボーカルTOKOの芯のある伸びやかな歌声と、GIORGIO13から発せられるリリックに会場のテンションはここでMAXに!そして話題のシングル曲「OLD DAYZ」をライヴで初披露と惜しみないパフォーマンスで観客を魅了した。
本編最後には、このイベントを持って活動休止する“I THE TENDERNESS”とのコラボレーション曲「星に唄えば〜sing in the stars」を歌い会場をひとつにして大盛況のうちに幕を閉じた。

なお、フォーライフYOUTUBE公式チャンネルでは『Girlz & Boyz Vol.2』のSo’Flyライヴの模様近日公開する予定となっているので見たい人はマメにチェックしておきましょう。MC/プロデューサーのGIORGIO13によるオフィシャルBlog<HOTTEIS>もアメブロにてスタート!制作秘話やプロデュースの裏話が見えるかも!要チェック!!

アーティスト

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着