6月20日@恵比寿リキッドルーム(SIX LOUNGE)

6月20日@恵比寿リキッドルーム(SIX LOUNGE)

SIX LOUNGE、
全国18カ所を巡った対バンツアーの
ラストはSUPER BEAVERと共演

SIX LOUNGEが6月20日に恵比寿リキッドルームにて全国ツアー『SIX LOUNGE TOUR 2018 “夢うつつ”』のファイナル公演を開催した。最新ミニアルバム『夢うつつ』のレコ発ツアーとして、全国18カ所を約1カ月で回ってきた今回のツアー。すべてが対バンライブとなっており、フラワーカンパニーズ、HAWAIIAN6、a flood of circle、ハルカミライ、KOTORIなど、多彩な顔ぶれと格闘してきた彼らが、最終日の相手に指名したのはSUPER BEAVERだった。

“年上だとか年下だとか一切関係なく、俺は今日、SIX LOUNGEというバンドに最大級の敬意を払って、先制攻撃させていただきます!”と、渋谷龍太(Vo)が叫ぶとバチバチの熱演がブチかまされていく。「証明」で狂騒に火をつけ、「正攻法」のギラついたサウンドを突き刺し、リリースを翌週に控えた最新アルバムから「ラヴソング」をいち早くドロップ。14年目のインディーズバンドとして何ひとつ嘘のない誇りや意地、そして全身全霊の誠意が、会場全体の大合唱に乗って鮮やかな花を咲かせた。

受け取るにはアツすぎるバトンを繋がれたSIX LOUNGEは、「10号線」から本編をスタート。空間を支配していく切ないメロディと情景に、俺らは俺らのやり方で勝負するんだという気迫が見え隠れしている。同時に、歌から放出されるエネルギーの開放度にツアーを経た成長が感じられる。続く「STARSHIP」も熱量溢れるロックンロールだが、サビのコードにセンチメンタル成分が差し込まれており、ストレートなSUPER BEAVERの楽曲と好対照だ。

ヤマグチユウモリ(Vo&Gu)が“別にショーをしに来たわけじゃないので。ここはライヴハウスなので、自由にやって帰れ!”と、中盤へ突入。ダークな焦燥と苛立ちを爆発させステージ上で暴れまくる中、ロンドンパンク〜パブロックの系譜を継ぐ「ORANGE」は3人全員がプレイに集中している。そのシルエットがロックンロールバンドとしてなんとも美しかった。

「SUMMER PIXY LADY」「メリールー」を挟み、MCタイムへ。“これまで何枚もCD出してきて、何回もツアー回って、いろんなとこ行きました。リキッドルーム、こんだけの人が観に来てくれて、なんか……俺、生きてるなって、バンドやってるなって思います。それはあなた方が来てくれてるからであって、とても感謝しています”とユウモリ。歌いたいから歌う、ステージに立ちたいから立つ。やりたいことをやってるだけかもしれないが、だからこそ続けるうちに芽生える感謝を、ものすごく素直に、ひとりひとりの目を見て伝えた。

《悲しいからそばにいて》(「くだらない」) 、《怖くはないぜみんなひとりさ/でも辛い時ひとつになる》(「俺のロックンロール」) 、《ねえ、もしも君が生きてて/僕の側で笑ってたら》(「僕を撃て」) 。ラスト3曲、絶唱されたこれらの歌詞に共通するのは、愛を求める気持ちだ。それは誰もが持つものだからこそ、SIX LOUNGEの鳴らす日本語ロックンロールは、新たな時代を作っていくはずである。
【セットリスト】
■SUPER BEAVER
1. 証明
2. 青い春
3. 正攻法
4. irony
5. ラヴソング
6. 人として
7. 秘密

■SIX LOUNGE
1. 10号線
2. STARSHIP
3. ふたりでこのまま
4. ZERO
5. ORANGE
6. SHEENA
7. LULU
8. トラッシュ
9. SUMMER PIXY LADY
10. メリールー
11. くだらない
12. 俺のロックンロール
13. 僕を撃て
アンコール
14. SWEET LITTLE SISTER
6月20日@恵比寿リキッドルーム(SIX LOUNGE)
6月20日@恵比寿リキッドルーム(SIX LOUNGE)
6月20日@恵比寿リキッドルーム(SIX LOUNGE)
6月20日@恵比寿リキッドルーム(SIX LOUNGE)
6月20日@恵比寿リキッドルーム(SIX LOUNGE)
6月20日@恵比寿リキッドルーム(SUPER BEAVER)
6月20日@恵比寿リキッドルーム(SUPER BEAVER)
6月20日@恵比寿リキッドルーム(SUPER BEAVER)
6月20日@恵比寿リキッドルーム(SUPER BEAVER)
6月20日@恵比寿リキッドルーム(SUPER BEAVER)

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着