ストーン・サワーのジョシュ・ランド
、ツアー離脱は「アルコールと向精神
薬依存の治療」

1月終わりから約一ヶ月に渡り開催されたストーン・サワーの北米ツアーに参加しなかったギタリストのジョシュ・ランドが日曜日(4月15日)、声明を発表し、アルコールとザナックス(向精神薬)への依存を克服するため治療に専念していたことを明かした。
「君らの多くが知る通り、今年1月、僕はストーン・サワーのカナダ・ツアーから離脱するという困難な決断を下した。これ以上は無理だという限界に達し、それを表明せざる得なかった」
彼は、強度の不安や自信喪失からこの数年、アルコールとザナックスに依存するようになった上、攻撃的な面もあらわれ、このままではいけないと思ったという。「ありがたいことに、バンド、家族、友人たちの支えがあり、僕は家に戻り、助けを求めることができた。いま(3ヶ月が経ち)、調子はいい。でも、まだ回復途中だ。みんなからのお見舞い、祈り、ポジティブな言葉に心から感謝したい。僕にとってとても意味がある」
バンドは1月、ランドの不参加を発表した際、「治療センターに入った」とだけ伝え、病名や症状の説明はなかった。
活動再開の時期について具体的に記されていないが、フロントマンのコリィ・テイラーは2ヶ月ほど前、ランドは4月末に米フロリダで開かれる<Welcome To Rockville>フェスティバルで復帰するだろうと話していた。
Ako Suzuki

BARKS

BARKSは2001年から15年以上にわたり旬の音楽情報を届けてきた日本最大級の音楽情報サイトです。