3月18日(日)@東京ドームシティ ラクーアガーデンステージ

3月18日(日)@東京ドームシティ ラクーアガーデンステージ

M!LK、新作リリースイベントにて
謎のユニット“BLACK M!LK”の
1stミニアルバム発売を発表!

7thシングル「ボクラなりレボリューション」を発表したばかりのM!LKが3月18日、リリース記念イベントを東京・ラクーアガーデンステージで開催。5人組ボーカルダンスユニットという形態を活かし、想いの籠もった熱いパフォーマンスを繰り広げた最後には、6月13日にBLACK M!LKのミニアルバムが発売決定という場内騒然の告知も為されて、集まった約2700人の大歓声を浴びた。

全国7箇所を回ったリリースイベントツアーの最終日となったこの日は、“姫たちへの最高の感謝を込めて”という吉田仁人の甘いセリフから「Special Thanx」でスタート。爽やかな楽曲に乗せてメンバー5人の、そしてみ!るきーずと呼ばれるファンとの絆を弾ける若さいっぱいに届け、曲中、山﨑悠稀が佐野勇斗に微笑みかけるシーンも。続く「新学期アラカルト」では塩﨑太智の掛け声にカラフルなペンライトが勢いよく振られ、佐野とみ!るきーずが息ピッタリのコール&レスポンスを繰り広げてゆく。前作シングル「テルネロファイター」発売時にラクーアでイベントを行った際は大雨だったという思い出話も交えながら、その「テルネロファイター」では深みを増した山﨑のボーカルといい、合いの手を入れる客席との一体感といい、グループとしての進化を証明。しっかりとついてきてくれるみ!るきーずに対し、板垣瑞生が曲中のセリフを“愛してるよ”に言い換えると、場内からはもちろん黄色い悲鳴が湧く。

息継ぎの暇もないほどのハイテンションナンバーで塩﨑が叫びをあげた「めちゃモル」を挟み、最終日ということで“恋愛レボリューション”と題したMCでは各自が恋愛観の変化を告白。佐野の無茶ぶりから5人それぞれ年上と年下、どちらが好みか?を申告させられて、み!るきーずをやきもきさせた(年上派が板垣、山﨑。年下派が佐野、塩﨑、吉田)。最後は3月14日にリリースされ、オリコンデイリーチャートで4位を獲得したニューシングル「ボクラなりレボリューション」を豊かな声量と堂々たるダンスで披露。先ほど「支えてもらいたいから年上派」と語っていたメンバーも、全員が逞しいパフォーマンスで魅了し、この曲で歌われている“支えられる側から支える側への革命”を見事に表現してみせた。

全5曲が終了し、ここで吉田が“重大発表がございます! なんとBLACK M!LKがアルバムを出すそうです!”と報告すると場内は大歓声! 謎の別ユニットの活動に“よくわからないけど、言っとけって言われたんで……”と嘯く5人だったが、M!LKの愛らしさとは180度真逆のデンジャラスな表情を堪能できるBLACK M!LKの動向もまた、今後漏らさずチェックしていきたい。3月25日の大阪公演を皮切りに、吉田いわく“ストーリー仕立てなので、初めての人も何度も来ている人も新鮮に感じられる”というM!LK初のホールツアーもスタート。全4都市5公演のチケットは既にほぼソールドアウトと、5人の活躍はますますその幅と速度を増してゆきそうだ。

Text by 清水素子
Photo by 笹森 健一
シングル「ボクラなりレボリューション」2018年3月14日(水)発売
    • 【TYPE-A】
    • ZXRC-1145/¥1000+税
    • <収録曲>
    • M1.ボクラなりレボリューション
    • M2.Special Thanx
    •  
    • 【TYPE-B】
    • ZXRC-1146/¥1000+税
    • <収録曲>
    • M1.ボクラなりレボリューション
    • M2.ハナキン!
    •  
    • 【TYPE-C】
    • ZXRC-1147/¥1000+税
    • <収録曲>
    • M1.ボクラなりレボリューション
    • M2.妄想ドン・キホーテ
    • ※各形態それぞれメンバーソロ+集合カットの6種類のトレーディングカードの内1枚ランダム封入 (TYPE-A 6種類 TYPE-B 6種類 TYPE-C 6種類 全18種類)

『M!LK SPRING TOUR 2018 #バトレボ~牛丸学園ブルジョワ部~』

3月25日(日) 大阪・NHK大阪ホール
3月31日(土) 福岡・福岡国際会議場メインホール
5月04日(金・祝) 愛知・日本特殊陶業市民会館ビレッジホール
5月12日(土) 埼玉・大宮ソニックシティ大ホール

<チケット>
指定席¥6,500(税込)
特設サイト http://sd-milk.com/springtour2018/

3月18日(日)@東京ドームシティ ラクーアガーデンステージ
3月18日(日)@東京ドームシティ ラクーアガーデンステージ
3月18日(日)@東京ドームシティ ラクーアガーデンステージ
3月18日(日)@東京ドームシティ ラクーアガーデンステージ
3月18日(日)@東京ドームシティ ラクーアガーデンステージ
3月18日(日)@東京ドームシティ ラクーアガーデンステージ
3月18日(日)@東京ドームシティ ラクーアガーデンステージ
3月18日(日)@東京ドームシティ ラクーアガーデンステージ
3月18日(日)@東京ドームシティ ラクーアガーデンステージ
3月18日(日)@東京ドームシティ ラクーアガーデンステージ
3月18日(日)@東京ドームシティ ラクーアガーデンステージ
3月18日(日)@東京ドームシティ ラクーアガーデンステージ
3月18日(日)@東京ドームシティ ラクーアガーデンステージ
3月18日(日)@東京ドームシティ ラクーアガーデンステージ
3月18日(日)@東京ドームシティ ラクーアガーデンステージ
3月18日(日)@東京ドームシティ ラクーアガーデンステージ
3月18日(日)@東京ドームシティ ラクーアガーデンステージ

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。