【インタビュー】バンドハラスメント
、僕と僕を取り巻く世界との関わりを
真摯に柔らかく伝えるEp「鯉、鳴く」

2015年10月の活動開始から、わずか1年足らずで【SUMMER SONIC METROCK 2016】への出演を果たすなど、速いペースでスケールアップを果たしてきているバンドハラスメント。2月7日リリースの最新音源「鯉、鳴く」が彼らの新たな魅力や特異性を堪能できる作品になったことも含めて、今年の彼らはより多くのリスナーを魅了するに違いない。バンドハラスメントに対する期待の高まりを感じさせるなか全員インタビューを実施。「鯉、鳴く」に関する話に加えて、バンドや各メンバーのプロフィールなども交えたロング・インタビューをお届けしよう。
■本人の意志とは関係のないところで世間がつける名前とか

■そういうことを書きたいということをメンバーに話していたんです
――バンドハラスメント結成について聞かせてください。
斉本佳朗(以下、斉本):僕とベースのはっこー君は小学校の頃から友達で、中学校の時に彼をバンドに誘ったんですよ。学校でバンドが流行っていたというのもあるけど、はっこーはあまり学校に来ない、いわゆる不登校系男子だったんです。
はっこー:“系男子”って(笑)。
斉本:家に引きこもってオンラインのネットゲームばかりしていたので、バンドをやることではっこー君が外に出る機会ができると良いなと思って。それで、中学3年の時に、はっこー君と僕と、もう一人の友達と3ピースのコピーバンドを組んだんです。高校に進学する時に別々の学校になってしまったけど、はっこー君とバンドは続けようと言っていて、僕がボーカルとギターを探すことにして。それで、高校の先輩のワタさんと別のボーカルを誘って四人でバンドを始めて、2年前くらいに井深君が入って今の四人になりました。
――高校生当時から目指すバンド像などはありましたか?
斉本:最初の頃から、コアな方には走らなかったですね。ポップな方向を目指そうという話をしていたわけではないですけど、いろんな人に聴きたいなと思ってもらえる音楽を創りたいという気持ちがあって。そういう意識で曲を作っていった結果、今のスタイルになったという感じです。
はっこー:こういう方向性じゃないといけない…みたいに考えることはなかったですね。ただ、エモーショナルなものが好きだということは、一貫してあった気がする。
全員:そうだね。
――エモーショナルさは、音源を聴いて感じました。では、皆さんはどんな風に音楽やロックに目覚めたのでしょう?
斉本:僕は曲を作って、歌詞も書いていますけど、そんなに熱心に音楽を聴いていたわけではなくて。バンドを始めた時もはっこー君と一緒にバンドをやるということが大切で、こういう音楽がやりたいというのがあったわけではなかったんです。ドラムをやることにしたのも、その場のノリというか(笑)。僕の兄がギターをやっていて、はっこー君がベースをやると言ったので、じゃあ俺はドラムかな…みたいな。バンドを組んで最初にコピーしたのはthe pillowsさんだったんですけど、当時の僕はthe pillowsさんも知らなかった。その時に流行っていた音楽……YUIさんとか、BUMP OF CHICKENさんとかは聴いたことがあるというくらいの感じでバンドを始めたので、誰かに憧れて音楽をやっているというよりは、みんなで一緒に何かをすることが僕の中では大切なことになっています。
はっこー:僕は子供の頃は普通にJ-POPとかを聴いていたんですけど、小5くらいの時に友達のお兄ちゃんの影響でBUMP OF CHICKENさんを知ったんです。それで、ボンヤリとバンドという音楽があるんだということを知って。その後、中学に入る頃にthe pillowsさんと出会って、彼らのライブ映像も見たりして、“バンドってこういうものなんだ、カッコ良いな”と思って、のめり込んでいきました。ベースをやることにしたのは、消去法です(笑)。ボーカルとギターは目立つ役割だということはなんとなく分かっていたので、ドラムかベースが良いなと思っていて。本当はドラムをやりたかったけど、その頃に“リズム隊”という言葉を知って、“隊”ならどっちでも良いかなと思ってベースをやることにしました。ベースを始めて、最初に憧れたのはマーカス・ミラーです。
――えっ? いきなり、シブいところにいきましたね。
はっこー:よく言われます(笑)。でも、マーカス・ミラーは派手なベースを弾きますよね。そこに、すごく憧れたんですよ。それをバンドでやろうとは思っていなかったけど、家ではマーカス・ミラーとか、ソロ・ベーシストをよく聴いていました。
井深:僕は家族全員音楽が好きで、幼稚園の頃から車の中で流れている音楽が洋楽だったり、ポップスだったり、ジャズだったりしたんです。だから、僕にとって音楽は昔から馴染み深いものでしたね。そういう環境で育って、中学2年生くらいの時に僕の兄がバンドにハマって、ハードコアとかも聴くようになったんです。最初はうるさいなと思っていたけど、聴いているうちに、それぞれの音楽にそれぞれの良さがあるなということを感じるようになって。それに、兄貴と一緒にYouTubeでライブ映像とかを見て、バンドはカッコ良いなと思うようになりました。ただ、その頃の自分は違う夢があって、スポーツの道を目指そうと思っていたんです。だから、音楽は趣味の一環として聴くだけで良いなと思っていたけど、高校の時に部活でいろいろと上手くいかないことがあって。すごく嫌な時期だったんですけど、その時に音楽というものが自分の中ではすごく救いになって、元々自分が描いていた夢よりも音楽に惹かれるようになったんです。自分が歌うことで、誰かを勇気づけられたり、背中を押したりできる立場になりたいなと。それで、本気で音楽をやろうと決めたタイミングで、このバンドに出会ったんです。僕は本当に幅広いジャンルを聴くので、特定のボーカリストをすごくリスペクトしたりということはないですね。僕は癖があって、それが魅力になっているボーカリストに惹かれるんですよ。そういう人達から少しずつ影響を受けつつ、自分なりの歌を歌っているという感じです。
ワタさん:僕は、高校に入るまで音楽は全く知らなかったです。高校が決まった頃に、親が家に飾るためにエレキギターを買ってきて、それがきっかけになってギターに触るようになって。見よう見まねで弾いてみたら楽しかったので、すぐに習いに行くようになりました。だから、僕も誰かみたいになりたいと思ってギターを始めたわけではなくて。ギターは楽しいなと思いながら弾き続けていて、今に至っています。
――ワタさんはサウスポーのストラトキャスターを使っていたり、基本的にフィンガー・ピッキングで弾いていたりと、かなり個性的ですね。
ワタさん:指弾きはジェフ・ベックとかスティーヴィー・レイヴォーンが好きだというのがあって。それに、僕は音楽の専門学校に行っていて、そこに通っている間に指で弾くことに慣れてしまったんです。それで、基本的に指で弾くようになったんですけど、指弾きは音が太くて丸くなります。だから、シャープな音がするストラトキャスターをメインにしているんです。ハムバッカーPUが乗っているギターは、機種を選ばないと合わなかったりするんですよね。あと、サウスポー・ストラトはカッコ良いから使っているだけで、特に深い意味はありません(笑)。
▲斉本佳朗(Dr) (Vo /Gt)


――続いて2月7日にリリースされる1st EP「鯉、鳴く」について話しましょう。
斉本:今回は制作に入る前に、本人の意志とは関係のないところで世間がつける名前だったりについて書きたいということをメンバーに話していて。それを踏まえて、リード曲の「鯉、鳴く」を作りました。僕は曲を作る時はいつも先にメロディーを考えて、そこにドラム・パターンを打ち込むんですよ。その後ワタさんとやり取りをしてコードやギターを乗せて、歌とギター、ドラムで100%完成形のデモを作った後にベースを入れる。いつも1番まではスムーズに作れるけど、そこから先はみんなで意見を交換し合って、それこそ何十パターンも作って、その中から良いのを選んだら次のパートに行くということを繰り返すんです。そうやってゆっくり、ゆっくり作っていって、もうベースが入るところないやろうという状態になってからベースが入る(笑)。いつも、そういう進め方をしていて、それは「鯉、鳴く」も変わらなかったです。元々はミュージック・ビデオも「鯉、鳴く」で撮ろうと言っていたんですけど、音源が出来上がってから2曲目の「Sally」で撮ろうということになりました。
ワタさん:「鯉、鳴く」は、まずはメロディーにコードをつけていって、コードだけだと見えにくいところがあるので、ある程度のリード・フレーズもつけて斉本に返して。そこからどういう風にするのかということを、パソコン上でデータのやり取りをして詰めていきました。ギターはバレないように、いろいろやっています(笑)。リード・パートを作る時は、頭の中で鳴ったものをギターに置き換える時もあれば、ギターを弾きながら考える時もあって。デモを聴いてテーマ・メロディー的なものが浮かんだら活かすけど、浮かびづらいパートというのもあって、そういう時はギターを持つようにしています。
――「鯉、鳴く」は、しっかりとコード感を出したうえで、イントロやBメロのリフやサビのオクターブ・メロディーなど、効果的なリード・ギターを散りばめています。
ワタさん:そうですね。でも、歌のメロディーを聴かせたいというのが一番にあるので、邪魔しないことを意識しました。
はっこー:さっき話が出たようにベースはデモがほぼ完成した状態で入れるんですけど、僕的にはそれは結構やりやすいんです。なぜかというと、僕は高校生の時にボーカロイドにすごくハマっていたんですけど、当時はボーカロイドが出始めた頃だったんですよ。だから、ボーカロイドの曲をアップする人も、演奏してみたといってアップする人も両方初心者みたいな段階だった。まだ作曲も演奏も上手くない人がいて、曲ができたところに「ベースを入れました」「ギターを入れました」みたいなことが積み重なって、どんどん楽曲の完成度が上がっていっていたんですね。僕はずっとそれを見ていたから、完成形に近いデモを渡された時に、どういう過程を経て、こういうものになったかが分かるんです。佳朗やワタさんが意図したことが理解できるというか。だから、最後の最後にベースを入れるのは苦にならないです。
▲はっこー(Ba)


――それで、ボトムを支えつつベースが出るべき場所で出るというアプローチになっているんですね。
はっこー:そうだと思います。それに、ベースを考える時はベースを持たないんですよ。ベースラインが浮かんでくるまでデモを聴き込んで、浮かんできたものを打ち込みに起こして、最後にベースを持つ。最近はそういう風にしていて、「鯉、鳴く」のベースもそうやって作りました。
井深:この曲の歌は難しかった……というか、僕らの曲は基本的に難しいんですけど(笑)。それに、今回の「鯉、鳴く」は今までの作品からまた一歩先に進んだことを、僕的には感じていて。これまで挑戦したことのないところだったので、挑戦するという気持ちで臨んだし、自分の成長を感じられる曲でもありましたね。だから、レコーディングはすごく楽しかったです。
――井深さんの歌は、どんな曲であれ、どこかせつなさが香っていることが魅力になっています。
井深:さっき話したように、僕は元々いろんなジャンルが好きではあったけど、常にエモーショナルなものに惹かれるというのがあって。せつない歌はすごく心に響くと思うし、そういう歌を歌うアーティストが好きなんです。それで、昔から音源を聴きながら、この人のこういう息の抜き方は気持ち良いなとか、こういうニュアンスで歌うとせつなさが伝わるんだなと思ったりしていたんです。そういう手法を自分の歌にも自然と活かしているところがあって、エモく聴こえるんじゃないかなという気がしますね。僕は歌を録るにあたって、ここはこういう歌い方で、ここはこう…という風に細かく決め込んでいるわけではなくて、感覚で歌っているんですよ。今回の「鯉、鳴く」は“僕”という子がいて、その子が抱えている悩みだとか、胸の奥にしまっている悲痛な叫び、締め付けられている感じといったものを最初に聴いた時に感じたというのがあって。それを表現することを意識して歌ったら、こういう歌になりました。
■2月から始まるツアーはファイナルのワンマンを埋めるために

■各地でどれだけ魅せられるかというツアーになると思います
――高い表現力を持っていることが分かります。では、続いてカップリングについて話しましょう。
斉本:2曲目の「Sally」は、僕が女性と一緒にいた時に思いついた曲です。この曲で描いている女性と過ごす中で、たとえばシャワーを浴びている時とか、眠りに落ちる瞬間とかに湧き出てきた感覚をすくい上げて曲にすることが多いんです。「Sally」もそういうところから入っていって、冬の曲にすることにしました。季節感のある曲は、その季節にしか聴けないとリスナーに思われるかもしれないという葛藤もあったんですよ。でも、季節ということを超えて、聴いてくれた人が昔の恋愛の冬の光景とかを思い出すような曲になっても良いなと思って。それで、当初のイメージのままいくことにしました。僕が曲を作る時は頭の中で最後まで出来ている曲と、「鯉、鳴く」みたいに出来ない曲があって。「Sally」は最後まで出来ていたので、ドラムもスンナリ決まりました。頭の中で鳴っているドラムを打ち込んで、メロディーとリズムが入った状態でワタさんに渡して、そこから広げていって…という感じでした。
――ループと生ドラムを上手く同居させていることも印象的です。
斉本:「鯉、鳴く」もそうですけど、四人だけの音とか、楽器の数とかにはあまりこだわっていなくて。僕らはそういうことよりも、楽曲としての完成度や説得力を重視しているんです。そういう体質のバンドだから、必要なものは入れるようにしている。音源のドラムは手が10本ないと叩けないようなところもあります(笑)。
ワタさん:僕も、それで良いと思っています。「Sally」のギターというか、今回の音源はピックで弾いたパートが全体の半分くらいあるんですよ。音色的な問題でそうしたんですけど、それが今までとは違っていて。「Sally」は、サビの裏のリードとかはピックで弾きました。この曲のサビはベルみたいな音のシンセが鳴っていて、それを入れるならピックのほうが良いなと思ったんです。
――そういう選択ができるというのは、ワタさんならではといえますね。それに、今回の音源はギター2本の定位をセンターに寄せていませんか?
ワタさん:今回はギターの定位も自分で決めた状態でエンジニアに渡したんです。一度自分でいつもみたいに左右に振ってみたんですけど、すごくバラバラな印象になってしまって。なので、いつもより寄せています。ちょっとイレギュラーな定位かもしれないけど、全体のバランスとして良い感じになったんじゃないかなと思う。ギターの定位という面の引き出しが一つ増えたことも、今回のレコーディングの収穫でした。
はっこー:「Sally」はデモの段階でサビにベルの音が入っていたりして、高音が煌びやかで、冬の空気の冷たい感じとかがあるなと思って。だから、低音はあまりブヨブヨさせずにスッキリさせて、ハイがきれいに聴こえる曲にすることを目指してベースの音色を決めました。それに、この曲はバンド感よりも打ち込み感が強い曲だなと感じたので、打ち込みっぽいベースということも意識しましたね。イメージ通りのベースに持っていくことができて、満足しています。
井深:今までのバンドハラスメントにも恋愛の曲はいっぱいあったけど、「Sally」は季節感のある曲ということで新しいと思っていて。僕は冬と聞くと澄んでいる空気感だったり、煌びやかな夜の情景、それに寒さの中にあるちょっとした温もりとかを思い出すんですよ。「Sally」は、そういうことを表現できると良いなと思って歌いました。この曲のCメロとかは、個人的に気に入っています。“ガッ!”という感情を、息に込められた感覚があって。この曲はAメロとかは敢えて淡々と歌ってみたりしたんですけど、曲として完成した時に、そういうメリハリもつけられて良かったなと思いました。
斉本:もう1曲の「モノ」は元々僕が考えた物語があって、それを前々作の歌詞カードの裏に載せていたんです。その物語をいつか曲にしたいと思っていて、今回のリリースに合わせて完成させました。
▲井深(Vo)


――「モノ」は、生まれつき顔に大きな傷を持った少年を主人公にしつつ人間の醜さや愚かさを描いていて、歌詞を読んで衝撃を受けました。
斉本:そういう人は多いみたいです。でも、その物語を書いた時のことは、よく覚えていないんですよ(笑)。何を思って書いたのかが、今となっては分からない。さっきメンバーに、「俺、なんでこの歌詞書いたんだっけ?」と聞いたら、「なんか知らないけど、夜中にこの歌詞が送られてきて、歌詞カードの裏に載せたいと添えてあった」と言われました(笑)。この歌詞を書いた時は……たぶん、病んでいたんじゃないですか(笑)。
――どうなんでしょうね……。“傷があるから人は醜いわけではない”ということに真理を感じましたし、かといって人の醜さなどを批判しているわけではないというのがすごく良いなと思いました。
斉本:「モノ」は、僕自身も結末を考えて書いたわけではなくて、最後はそれぞれが考えて欲しいという気持ちがあったんです。だから、そこには答えはないし、説教しているわけでもないし、教訓めいたものもない。それぞれの感性で受け止めて、それぞれの解釈をして欲しいという曲になっています。
――そういうメッセージの発し方は確実に“あり”ですよね。「モノ」は静と動の対比を活かしたアレンジも秀逸です。
斉本:この曲は敢えてですけど、ボーカルを先に録ったんです。ボーカルを先に録って、そこに楽器をつけるという。だから、結構大変でしたけど、それが上手くいって良いものになったんじゃないかなと思います。
井深:歌を録った時は、ギターのコードだけが鳴っている状態だったんですよ。それで、佳朗からこういう曲にしたい、こういうニュアンスで歌って欲しいということを聞いて、仕上がりをイメージしながら歌いました。でも、僕自身は、それほど大変ではなかったです。この曲は歌詞に描かれている場面が映像として浮かんできて、それが心に残る曲だなという印象を受けていたから、それぞれのパートをどういう温度感で歌えば良いかが分かりやすかったんですよね。「鯉、鳴く」とかはすごく感情を“ガッ!”と入れたのに対して、この曲は場面に合わせて、敢えて淡々と歌ってみたりしました。淡々と歌うことで、ちょっとした不気味さが出てくるかなと思って。歌を先に録るという変わった構築の仕方だったけど、最後に全部のピースがカッチリ合わさった感じがして、すごく面白かったです。
ワタさん:「モノ」はもうギターというよりは、エレピとストリングスをつけたという印象です。エレピはあまり使ったことがなかったけど、この曲には合うんじゃないかなと思って。それで、僕が勝手にエレピにいろんなエフェクトを足して、イメージしている世界観を形にしました。この曲は、その辺りの作業が、すごく楽しかったです。
はっこー:この曲は物語がメインで、僕の中では曲というよりは物語に音がついているくらいの感覚だったんですよ。サウンド的にもエレピとかストリングスの曲だなと思っていて、ベースは必要最小限のものを入れたという感じです。でも、それが楽しかったんですよ。初の試みだったからすごくワクワクしたし、完成したトラックを聴いた時も手応えを感じたし。こういう曲をバンドでやれるというのは、バンドハラスメントの強みだなと改めて思いますね。
▲ワタさん(Gt)


――根っからの音楽好きなメンバーが揃っていることを感じます。さて、「鯉、鳴く」は必聴の作品になりましたし、2月から5月にかけて行うツアーも注目です。
斉本:今度のツアーはファイナルが4月5日の渋谷O-Crestのワンマンで、僕達が今までワンマンをしてきた中で一番大きいハコなんですよ。今までは小さいハコを埋めていくスタイルを採っていたけど、それだと成長できないし、自分達にあまり合っていないことを感じたというのがあって。今後はワンマンで大きいハコを押さえて、そこを埋めていくというツアーにしていきたいんです。そのほうが後で見返した時に、自分達が歩いてきた道が分かりやすいから。なので、2月から始まるツアーは、ファイナルのワンマンを埋めるために各地でどれだけ魅せられるかというツアーになる。そういうところで、今までとはまた少し違う空気感が生まれると思うので、そこも楽しみにしていて欲しいです。僕自身は、ライブにはモチベーションは感じていないですけど(笑)。
――えっ、そうなんですか?
斉本:はい(笑)。僕は、制作が好きなので。ライブは力を注いで作った曲を人前で披露して、それをみんなが好きになってくれると良いな…というくらいの感覚です。というか、僕は100%の熱量を発信するバンドというのは苦手なんですよ。お客さんが100%で来てくれて、それにバンドが100%で応えるというのは良いけど、“20%:20%”でも“100%:100%”でも同じことなんじゃないかなと思ったりするので。だから、自分達らしい熱量でやれれば良いかなと。そういうスタイルは今の流行りではないかもしれないけど、僕はそういう感覚でライブをしています。ただ、そこに関しては、メンバーそれぞれ違っていますけどね。
ワタさん:ライブの捉え方は、僕は佳朗に近いかな。僕も制作が好きで、とりあえずライブのことは考えずに、本当に作りたいものを作るんですよ。だから、出来上がった楽曲をライブで四人だけでやるのは基本的に不可能みたいな曲が多くて。それを、ライブでどう演奏するのか、どういうシステムを使って音源を再現するのかということを考えて、必要な機材を持ってきて、試してみて…という作業が好きなんです。ライブとか、生で演奏することならではの熱量みたいなものには、あまりこだわりはないですね。
井深:僕は、ライブがすごく好きだし、ライブをするからには、生ならではのものを伝えたいと思っています。お客さんの顔を見ながら歌って、それに対するお客さんの反応を直で見れるのは楽しいことだから。それに、ライブでしか感じられない良さがあるということを僕自身がいろんなアーティストのライブに触れて感じてきていて、バンドハラスメントのライブに来てくれた人にもそういうものを感じて欲しいんですよ。僕は、いつもそういう意識でライブをしています。あとは、今の僕らは200人くらいのキャパのハコでツアーを廻ったりしているけど、去年結構大きなフェスとかにも出させてもらう機会があって。突然規模が大きくなった時に、僕らの曲はその規模でもすごく映えるなということを感じたんですよ。だから、今度のツアーはそういうことも踏まえて、ファイナルのワンマンはもちろん、その先に向かっていくことを感じさせるツアーにしたいと思っています。
はっこー:みんなが話したように、今度のツアーはファイナルがワンマンなんです。僕らの中には、対バン・ライブではどうしても出来ないことをワンマンでやりたいという想いがあって。初めてワンマンをした時から、演出を凝りたいねという話が出ていたんですよ。ショーみたいなライブにしたいねと。エンターテイメント性のあるライブを見せたいと思っていて、4月5日のワンマンもそういう意識で臨もうと思っている。ファイナルでは各地を廻るライブとはまた違う姿を見せられると思うので、ぜひ両方を味わって欲しいと思います。
取材・文●村上孝之
リリース情報


1st EP「鯉、鳴く」

2018.2.7 Release

\1,512 (Tax in) / SANPA-0003

1.鯉、鳴く

2.Sally

3.モノ

4.サヨナラをした僕等は2度と逢えないから(LIVE ver.)
ライブ・イベント情報


<鳴けば少女は鯉となるツアー>

2018.02.09 [Fri] 東京:Milkyway

ACT MELLOWSHiP / 彼女 IN THE DISPLAY / All Found Bright Lights / VOI SQUARE CAT

2018.02.13 [Tue] 広島:CAVE- BE

ACT EVERLONG / THREE LIGHTS DOWN KING

2018.02.16 [Fri] 名古屋:ell.FITS ALL

2018.02.18[Sun] 奈良:RHEBGATE

2018.03.09 [Fri] 福岡:小倉FUSE

2018.04.05 [Thu] 東京:渋谷O-Crest ツアーファイナル ワンマン
<TOWER RECORDS 梅田大阪マルビル店 RECOMMEND LIVE>

2018.02.20 [Tue] 大阪:梅田Zeela

ACT Lenny code fiction/Pulse Factory/バンドハラスメント and more...
<J:COM presents MUSIC GOLD RUSH>

2018.02.23 [Fri] 東京:新宿LOFT

ACT CIVILIAN神はサイコロを振らないRhythmic Toy World、バンドハラスメント
<TENJIN ONTAQ 2018>

2018.03.10 [Sat] 福岡:public bar Bassic. / LIVEHOUSE CB / Early Believers / graf / Kieth Flack / LIVE HOUSE Queblick / VIVRE HALL / public space 四次元
<IITOKODORI vol.FIN>

2018.03.29 [Thu] 名古屋:今池REFLECT HALL

ACT Some Life postman
関連リンク


◆ バンドハラスメントオフィシャルサイト
◆インタビュー(1)へ戻る

関連画像&映像

BARKS

BARKSは2001年から15年以上にわたり旬の音楽情報を届けてきた日本最大級の音楽情報サイトです。

29コメント
  • 【BUMP:News】 【インタビュー】バンドハラスメント、僕と僕を取り巻く世界との関わりを真摯に柔らかく伝えるEp「鯉、鳴く」 https://t.co/69JW98MfKY #バンプ
  • 【ミュージック・ニュース】 【インタビュー】バンドハラスメント、僕と僕を取り巻く世界との関わりを真摯に柔らかく伝えるEp「鯉、鳴く」 https://t.co/1alJUErofz
  • RT @barks_news: 【インタビュー】バンドハラスメント、僕と僕を取り巻く世界との関わりを真摯に柔らかく伝えるEp「鯉、鳴く」 https://t.co/Yo3u2ULI2X #バンドハラスメント #第一興商 #DAM @BAN_HARA
  • 【インタビュー】バンドハラスメント、僕と僕を取り巻く世界との関わりを真摯に柔らかく伝えるEp「鯉、鳴く」 https://t.co/yd6NaYIyEC / ロック69コンニチワ https://t.co/RAxXundtVx
  • 【インタビュー】バンドハラスメント、僕と僕を取り巻く世界との関わりを真摯に柔らかく伝えるEp「鯉、鳴く」 - BARKS 日本 https://t.co/av4lqrnazr
  • RT @barks_news: 【インタビュー】バンドハラスメント、僕と僕を取り巻く世界との関わりを真摯に柔らかく伝えるEp「鯉、鳴く」 https://t.co/Yo3u2ULI2X #バンドハラスメント #第一興商 #DAM @BAN_HARA
  • 【インタビュー】バンドハラスメント、僕と僕を取り巻く世界との関わりを真摯に柔らかく伝えるEp「鯉、鳴く」 https://t.co/QiD77VfTET
  • 【インタビュー】バンドハラスメント、僕と僕を取り巻く世界との関わりを真摯に柔らかく伝えるEp「鯉、鳴く」 https://t.co/GjEeTtx8rJ
  • 【インタビュー】バンドハラスメント、僕と僕を取り巻く世界との関わりを真摯に柔らかく伝えるEp「鯉、鳴く」 https://t.co/UKqWthT2kz
  • 【インタビュー】バンドハラスメント、僕と僕を取り巻く世界との関わりを真摯に柔らかく伝えるEp「鯉、鳴く」 https://t.co/CtLnW6ub2w
  • 【インタビュー】バンドハラスメント、僕と僕を取り巻く世界との関わりを真摯に柔らかく伝えるEp「鯉、鳴く」 https://t.co/Hn97DkGSqq
  • 【インタビュー】バンドハラスメント、僕と僕を取り巻く世界との関わりを真摯に柔らかく伝えるEp「鯉、鳴く」続き⇒ https://t.co/wYWhqT1Rel →by大人の音楽情報 https://t.co/eZQ4Whyjd7
  • 【インタビュー】バンドハラスメント、僕と僕を取り巻く世界との関わりを真摯に柔らかく伝えるEp「鯉、鳴く」 https://t.co/YOgL9N5E9V by音楽速報 https://t.co/K05xn7fhs0
  • 【BARKS】【インタビュー】バンドハラスメント、僕と僕を取り巻く世界との関わりを真摯に柔らかく伝えるEp「鯉、鳴く」 https://t.co/PrUNLPXciK
  • 【インタビュー】バンドハラスメント、僕と僕を取り巻く世界との関わりを真摯に柔らかく伝えるEp「鯉、鳴く」 https://t.co/AJSwIFBeU1 by nipponmusic Next https://t.co/qN1bXhPoGu
  • 【インタビュー】バンドハラスメント、僕と僕を取り巻く世界との関わりを真摯に柔らかく伝えるEp「鯉、鳴く」 https://t.co/i6gbsbHvcjギター談義 https://t.co/O9fVr2pWvE
  • 【インタビュー】バンドハラスメント、僕と僕を取り巻く世界との関わりを真摯に柔らかく伝えるEp「鯉、鳴く」 https://t.co/RwhUqpQ8dw
  • 【インタビュー】バンドハラスメント、僕と僕を取り巻く世界との関わりを真摯に柔らかく伝えるEp「鯉、鳴く」 https://t.co/1lCXc42MSN
  • 【インタビュー】バンドハラスメント、僕と僕を取り巻く世界との関わりを真摯に柔らかく伝えるEp「鯉、鳴く」 https://t.co/Hg4xDiW1FI by 69話題 https://t.co/EtnkCwfiut
  • 【インタビュー】バンドハラスメント、僕と僕を取り巻く世界との関わりを真摯に柔らかく伝えるEp「鯉、鳴く」 https://t.co/oEFesGGC67 by J-POPまとめ https://t.co/nrBLtbdkKf
  • 【速報】【インタビュー】バンドハラスメント、僕と僕を取り巻く世界との関わりを真摯に柔らかく伝えるEp「鯉、鳴く」⇒ https://t.co/zeSli5Ndbnと音楽 #音楽 https://t.co/vv58nPbmkm
  • 【News】【インタビュー】バンドハラスメント、僕と僕を取り巻く世界との関わりを真摯に柔らかく伝えるEp「鯉、鳴く」 https://t.co/sDEYBrDKPB by日本のロック https://t.co/2GbCNRe9Ms
  • RT @barks_news: 【インタビュー】バンドハラスメント、僕と僕を取り巻く世界との関わりを真摯に柔らかく伝えるEp「鯉、鳴く」 https://t.co/Yo3u2ULI2X #バンドハラスメント #第一興商 #DAM @BAN_HARA
  • 【インタビュー】バンドハラスメント、僕と僕を取り巻く世界との関わりを真摯に柔らかく伝えるEp「鯉、鳴く」 https://t.co/Yo3u2ULI2X #バンドハラスメント #第一興商 #DAM @BAN_HARA
  • RT @barks_news: 【インタビュー】バンドハラスメント、僕と僕を取り巻く世界との関わりを真摯に柔らかく伝えるEp「鯉、鳴く」 https://t.co/Yo3u2ULI2X #バンドハラスメント #第一興商 #DAM @BAN_HARA
  • RT @barks_news: 【インタビュー】バンドハラスメント、僕と僕を取り巻く世界との関わりを真摯に柔らかく伝えるEp「鯉、鳴く」 https://t.co/Yo3u2ULI2X #バンドハラスメント #第一興商 #DAM @BAN_HARA
  • RT @barks_news: 【インタビュー】バンドハラスメント、僕と僕を取り巻く世界との関わりを真摯に柔らかく伝えるEp「鯉、鳴く」 https://t.co/Yo3u2ULI2X #バンドハラスメント #第一興商 #DAM @BAN_HARA
  • RT @barks_news: 【インタビュー】バンドハラスメント、僕と僕を取り巻く世界との関わりを真摯に柔らかく伝えるEp「鯉、鳴く」 https://t.co/Yo3u2ULI2X #バンドハラスメント #第一興商 #DAM @BAN_HARA
  • 【インタビュー】バンドハラスメント、僕と僕を取り巻く世界との関わりを真摯に柔らかく伝えるEp「鯉、鳴く」 - BARKS https://t.co/WxJnApG7dO