撮影:斉藤香織/取材:土屋恵介

“季節は変われど夏はまだ終わっちゃいない!”と言わんばかりに、ミニアルバム『NUTS BANG!!!』を引っ提げ『FLOW THE CARNIVAL 2009 ”NUTS BANG!!!”』を開催! 超満員の会場は、まさに熱~い夏状態。そんな中、5人とそっくりなダンサーが踊りまくっての「SUMMER FREAK」からライヴはスタート。『NUTS BANG!!!』は、夏がテーマのイキの良い楽曲が詰まった作品なだけに、選曲も「Party Crazy」「Sunshine 60」など、のっけから勢い全開のナンバーで攻めまくり。KOHSHI(Vo)とKEIGO(Vo)はステージを縦横無尽に動きながら歌い、演奏陣も熱い演奏を繰り広げる。それに対して観客は拳を突き上げ、タオルをブン回し応戦だ。そして、ライヴは直球勝負だけじゃなく、爽快なハウステイストの「DAYS」、ゆったりとした「ノスタルジア」など、いろんな夏の表情を見せるかのように進んでいく。さらには、初披露の新曲「NOWHERE~君に贈る俺らなりの応援歌~」を情感豊かに心に響かせてくれた。ひと息付いた後は、ヘヴィな「HEAVENLY STARS」から怒涛の後半戦出発! 「SURFIN U.S.A.」では観客のウェイブが起こり、「GO!!!」では会場全体での大ジャンプ合戦。ダンサーも入っての「NUTS BANG!!!」では激しくハッピーな空間が作られた。アンコールに入っても、カリプソ風なアレンジの「ドリームエクスプレス」などFLOWの夏は続き、そして観客への感謝の思いを込めた温かいナンバー「ありがとう」でフィニッシュ! “久々のワンマンライヴ、最高に楽しかった!”というKEIGOの言葉、気持ちは観客も同じだったはず。激しく楽しくグッとくるFLOWの夏祭りは、大盛況&大成功で幕を閉じた。
FLOW プロフィール

フロウ:1998年に結成。03年1月に発表した海援隊の「贈る言葉」のカバーで注目を集め、シングル「ブラスター」でメジャーデビュー。疾走感あふれるエネルギッシュなバンドサウンドと思わず身体が弾み出すようなメロディーを武器に、全国でイベント出演やライヴを繰り広げる。『NARUTO -ナルト-』『交響詩篇エウレカセブン』をはじめ、多くのアニメにも楽曲を提供し、最近では世界各国で行なわれるアニメフェスなど、日本ばかりではなく諸外国へと活動の広がりを見せている。18年4月からは全21公演の全国ツアー『FLOW 15th Anniversary TOUR 2018「アニメ縛り」』を開催し、そのファイナル公演で10年振りの日本武道館単独公演となる『15th Anniversary Final「FLOW LIVE BEST 2019 in 日本武道館 ~神祭り~」』の開催を発表した。FLOW オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着