【宮野真守】『MAMORU MIYANO LIVE
TOUR 2015-16 〜GENERATING!〜』201
6年1月31日 at 日本武道館

撮影:上飯坂 一/取材:清水素子

 “GENERATING=創成”というタイトルを掲げたツアーの最終日、宮野真守は数多くのチャレンジを成し遂げてみせた。まずは“無”から世界が創生されるさまを表現すべく、眠りから孵化してひび割れた大地に降り立つという幻想的なオープニング映像から、なんとアカペラでライヴを幕開け! 最新アルバム『FRONTIER』の表題曲を大地の息吹にも似たソウルフルな歌声で届けると、以降はアリーナ中央のステージから全方向に向かい、ありったけの声と動きで想いを飛ばす。もちろん360度オーディエンスに囲まれるステージセットも自身初の試みで、肩からジャケットを滑らせて素肌をさらす「TRUST ME」、妖しいムードで腰を揺らす「Magic」と、その一挙手一投足に前後左右から黄色い歓声が。対照的にバラードセクションでは、新曲「HOW CLOSE YOU ARE」を情感たっぷりに歌い上げて、聴く者の心を震わせた。これまた初挑戦となる無声映画のコミカルなショートフィルムでは狼男に変身! 狼男を連想させる衣装で登場して「TRANSFORM」へとつなぐ展開もストーリー性抜群。振りをレクチャーして客席とともに総踊りする「Fight for love」、コール&レスポンスを交えてロックに攻める「DON’T STOP!」と会場の一体感はグングン高まり、青に赤にと色を変えるサイリウムが全方位から彼を囲むさまの壮観なことと言ったら! 本編ラスト曲「ただ、そばにいて」での感無量な表情と、そして「Not Alone」でハッピーにライヴを締め括っての“みんな大好きだよ!”という言葉が、常にファンとともにある宮野真守の“最前線”を確かに示していた。

セットリスト

  1. FRONTIER
  2. NEW ORDER (Dirty Orange REMIX)
  3. Evolve
  4. シャイン
  5. TRUST ME
  6. Magic (WEST LA REMIX)
  7. Naked Tango
  8. Be Mine
  9. Can’t Ever Let You Go
  10. HOW CLOSE YOU ARE
  11. TRANSFORM
  12. Fight for love
  13. カノン
  14. DON’T STOP!
  15. J☆S
  16. ただ、そばにいて
  17. <ENCORE1>
  18. Kiss×Kiss
  19. BREAK IT!
  20. <ENCORE2>
  21. Not Alone
宮野真守 プロフィール

ミヤノマモル:『DEATH NOTE』『機動戦士ガンダム00』『ポケットモンスター ベストウイッシュ』『うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVEレジェンドスター』『ちはやふる』などのアニメ作品に加えて、『ファンタスティックビーストと魔法使いの旅』などの吹き替えにも出演する人気声優。2008年よりアーティスト活動をスタート。声優、俳優の現場で培った豊かな表現力と類い稀な歌声、そしてダンスを駆使した高いライヴパフォーマンス力を武器に、独自のエンターテインメントを追求し続けている。宮野真守 オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」