2018年6月10日 at さいたまスーパーアリーナ

2018年6月10日 at さいたまスーパーアリーナ

【宮野真守 ライヴレポート】
『MAMORU MIYANO ARENA
LIVE TOUR 2018 〜EXCITING!〜』
2018年6月10日
at さいたまスーパーアリーナ

2018年6月10日 at さいたまスーパーアリーナ
2018年6月10日 at さいたまスーパーアリーナ
2018年6月10日 at さいたまスーパーアリーナ
2018年6月10日 at さいたまスーパーアリーナ
2018年6月10日 at さいたまスーパーアリーナ
2018年6月10日 at さいたまスーパーアリーナ
2018年6月10日 at さいたまスーパーアリーナ
2018年6月10日 at さいたまスーパーアリーナ
2018年6月10日 at さいたまスーパーアリーナ
2018年6月10日 at さいたまスーパーアリーナ
2018年6月10日 at さいたまスーパーアリーナ
 デビュー10周年を祝したベストアルバム『MAMORU MIYANO presents M&M THE BEST』を冠に行なわれた初のアリーナツアー。あらゆるジャンルの楽曲をエンターテイメント性豊かに昇華させていく宮野真守が、さいたまスーパーアリーナの1万7,000人のファンと作り上げた“EXCITING!”なライヴをレポート!

 スクリーンに映るプライベートジェット機から本人が登場すると、客席からは割れんばかりの歓声が響き渡った。さらに、宮野の“遂に来たぜー! 一緒にEXCITINGしていきましょう!”という言葉にさらに会場はテンションアップ。そして、“10周年! 全てを曝け出していこうと思ってます。裸になる覚悟はできてますか?”という問いかけからオープニングナンバー「EXCITING!」へと突入する。ロックナンバー「SHOUT!」では花道から続くステージでダンサーとともに、鎖によって囚われた宮野が脱出する様子をドラマティックに演出。左右を正面にするなど、まるでセンターステージのように使うパフォーマンスも見せてくれた。

 黒い衣装に着替えて、再度登場した宮野。ここからはバラードコーナーということで、しっとりと楽曲を歌い上げていく。“ベストアルバムをリリースして、こんなにも多くの時間をみんなと一緒に歩んできたんだと実感した”という10年目の想いとともにアルバムへのリクエストで1位になったバラード「MOONLIGHT」を披露した。

 温かい空気から一転、ライヴではお馴染みのスペシャルムービーコーナーでは声優仲間の鈴村健一と櫻井孝宏をキャストに迎えて“アイドル・雅マモル”の10周年ヒストリーを披露し、客席を爆笑の渦に巻き込む。

 また、ライヴの合間で「TEAM MAMO」としてバンドメンバー、ダンサーの紹介をはさみつつ、赤の革ジャンから白のシャツに身を包んでミディアムナンバーを、さらに黒のジャケットにハットへと変化を遂げ、バラードを堪能させるなど衣装でも楽しませてくれた。その後もポップでダンサブルなナンバー「Kiss×Kiss」、ロックテイスト溢れる「オルフェ」、ダンサーと息のあったステップを見せた「NEW ORDER」、動きに合わせてエフェクトが流れる「Magic」…など、一瞬にしていろんなカラーになれる多才で多彩なアーティストであることを感じさせられるアクトを展開。コール&レスポンスでは、地元である埼玉にちなんで、草加せんべいを題材に会場を一体化させる最高のトークセンスとノリの良さで楽しませるサービス精神も、宮野真守が愛される理由のひとつだと感じさせられる。

 そして、“デビューの時から、声優、役者だからこそできるアーティスト活動ってあるんじゃないかとずっと考えてやってきました。その結果がエンターテインメントのステージだったんです。たくさんのクリエイターさんとの出会いでアーティストとしての一歩も踏み出すことができました。アーティスト宮野真守として、自信を持って今ここに立っています”と想いを告げると、“これもみなさんの支えがあったからこそ。ここからまた未来に向かって歩いていきましょう”とデビュー曲「Discovery」で本編を締め括った。

 アンコールでは“ここからは自由だー!”と花道で寝ころび、トーク。SPムービーのマル秘エピソード、メンバーとのアットホームなトーク、さらにお誕生日ケーキのサプライズを受けてファンとの温かい時間を過ごしたあと、“みんなでひとつになろう”と披露された「POWER OF LOVE」では花道のステージがせり上がり、放たれた銀テープが会場に降り注いだ。ここには書ききれない細かいネタもいっぱい! ほぼ3時間半に渡る長いステージだったが、最後の最後まで一瞬も気を抜くことなく会場にいる人たちを目いっぱ楽しませたい、そんな気持ちが感じられる熱いステージだった。

撮影:上飯坂一/取材:大庭利恵


セットリスト

  1. 1.EXCITING!
  2. 2.SHOUT! (Dirty Orange REMIX)
  3. 3.BREAK IT!
  4. 4.ヒカリ、ヒカル
  5. 5.そっと溶けてゆくように
  6. 6.THANK YOU
  7. 7.…君へ
  8. 8.Beautiful Life
  9. 9.MOONLIGHT
  10. 10.Kiss×Kiss
  11. 11.オルフェ
  12. 12.NEW ORDER
  13. 13.Magic
  14. 14.GOLDEN NIGHT
  15. 15.シャイン
  16. 16.Discovery
  17. <ENCORE>
  18. 1.J☆S
  19. 2.POWER OF LOVE
宮野真守 プロフィール

ミヤノマモル:『DEATH NOTE』『機動戦士ガンダム00』『ポケットモンスター ベストウイッシュ』『うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVEレジェンドスター』『ちはやふる』などのアニメ作品に加えて、『ファンタスティックビーストと魔法使いの旅』などの吹き替えにも出演する人気声優。2008年よりアーティスト活動をスタート。声優、俳優の現場で培った豊かな表現力と類い稀な歌声、そしてダンスを駆使した高いライヴパフォーマンス力を武器に、独自のエンターテインメントを追求し続けている。宮野真守 オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。