【藍井エイル】
感情を曝け出した
1stアルバムがついに完成!

力強い歌声でストレートなメッセージを放つ実力派女性ヴォーカリスト、藍井エイル。ついに完成したファーストアルバムは、「強さ」だけでなく、「切なさ」「楽しさ」などさまざまな感情を詰め込んだ共感度の高い作品に仕上がっている。
取材:吉田可奈

待望の1stアルバム『BLAU』が完成しましたね。

改めて聴いてみると、藍井エイルの持つ感情を全て表現することができたので、総合的に見ても自分に合格点をあげれたかなって思うんです。

確かに、エイルさんのイメージは“強さ”だと思うのですが、切なさや喜びを表現した曲もありますよね。

はい。中には笑顔で歌った曲もあったんですよ。曲順は、夢を持つ主人公が紆余曲折あるけど、最後はしっかりと光に向かっていくという物語になっているんです。これは私自身の物語とそのまま重ねることができるんですよ。だからこそ、自己紹介的な作品として良いものができたと、すごく充実感にあふれているんです。

そんな今作の中でも特に挑戦的だったのはどの曲ですか?

『閃光前夜』かな。今までの藍井エイルの曲にはない、ハウステイストを盛り込んでいるので。さらにハンドクラップも入れたりして、すごく楽しかったんですよ。

ハンドクラップは新鮮でした!

そうなんですよ。スタッフみんなでハンドクラップに参加してもらって、“エイル、ハンドクラップはもっとこういう音出してよ”って突っ込まれたりして(笑)。ライヴで会場にいるみんなでハンドクラップができたらいいですね。

先ほど言っていた、“笑顔で歌った”という曲は?

『HIGH & HIGH』です。この曲自体、アップテンポでポジティブで、前に進んでいくという青春っぽいイメージが浮かびました。そのイメージを大事にすると、自然と笑顔で歌ってましたね。

すごくリアリティーのある歌詞ですよね。

この曲は日常的な言葉を選びました。というのも、もともと情景描写が苦手というのもあって、それならしっかり心情を描かないとって思ったんですよね。

中盤は悩んでいる心情が綴られていますが、これはいつ頃のエイルさんの心情なのですか?

少し前のものですね。昔は自分のことにまったく自信がなくて、全然ダメだという感じだったけど、それを分かっているのに前に進もうとしなかったんです。“もう、どうでもいいや”という気持ちになっていたんですよね。でも、それじゃ結局悩んだ意味がないなって気付いて。それからは、悩むのはマイナスではなくて、次に進むステップだと考えるようになったんです。

良い意識改革ができたと。

はい。どんなにしんどくても、これを乗り越えれば、また同じようなことが降りかかっても乗り越え方を分かっているから、もっと簡単に乗り越えることができるし、同じような悩みの人に、しっかりとアドバイスをすることができる。そう考えると、ネガティブとポジティブは紙一重で、考え方次第で変わるなって実感できたんですよね。

その考え方は素敵ですね。

もともとバスケをしていたからなのか、結構スポ根タイプで(笑)。何にでもガツガツ前にいかなくちゃ!!って思っちゃうんですよ。それが楽曲とリンクしているからいいんですけど…どうも女子力にはつながらないみたいで。そこが最近の悩みです(笑)。

エイルさんは最初“ミステリアス”なイメージがあったけど…

そうなんですよ! 知れば知るほどまったくミステリアスな部分がないってよく言われます。この前も、ニコ生で話していたら“本当にエイルさんですか?”ってなかなか信じてもらえなかったりして(笑)。

(笑)。でも、何にでもトライしていくがむしゃらなところがエイルさんの魅力でもありますし。

そう、受け取ってもらえると嬉しいです(笑)。レコーディングも“これをやってみたい!”と思ったらすぐに挑戦して、ダメだったらすぐに発想を転換して“次はこれをしよう!”ってなるんです。そうなると、悩んでいる暇もありません!

実際に今回のレコーディングはいかがでした?

『空を歩く』は録り直しましたね。楽曲がすごく優しいので、いつものように歌うと、どこか声がヒステリック気味に聴こえちゃって。全て録った後に、何度も聴き直して、やっぱり違うと思ったので、全部録り直させてもらいました。

声質と、楽曲を合わせるという挑戦もされたのですね。

はい。デビュー当時の頃は、とにかく一生懸命歌うことに徹していたんですが、やっぱり歌は感情が乗ってこそ。それならメロディーと歌詞、声が一体化していないと意味がないんですよね。なので、このアルバムでは全て納得できるまでしっかりと歌い直したんです。

「夢の終わり」は、今までにない歌い方ですよね。

そうですね。感情を込めて歌うという他に、吐息も大事だと思って入れたのがこの曲です。今まではハリを持たせて歌うことが多かったんですが、この曲にはしっかりと吐息を入れて、切なさを表現してみたんです。今までに“叫びながら泣く”っていう曲はあったけど、“しくしくと泣く”のは初めてだったので、歌っていてすごく新鮮でした。

“夢の終わり”というタイトルが印象的でした。

普通なら、このタイトルってマイナスなイメージを持つと思うんです。でも、夢が終わるということは、目標にしてきたものがしっかりと見えてきた瞬間と置き換えられると思うんです。だからこそ、最後はしっかりと笑顔で歌えた、ポジティブな歌です。

このアルバム全体にも、そんな雰囲気が流れていますね。

はい。前を向くことは大事。でも、振り返ることも大事だと思うんです。振り返った時に、“あぁ、こんなこともあったな。だけど、それがあったからこそここにいるんだ”という“だけど”が必要だと思うんです。どんなに辛いことがあっても、いつかは自分の経験値となり、全てが意味のある良い思い出になる。そんなふうにこのアルバムを聴いて思ってもらえたら嬉しいですね。
BLAU2013年01月30日発売 SME Records
    • 【初回生産限定盤A(BD+フォトブック付)】
    • SECL-1263~4 3900円
    • ※スペシャルスリーブ仕様
    • 【初回生産限定盤B(DVD+フォトブック付)】
    • SECL-1265~6 3600円
    • ※スペシャルスリーブ仕様
    • 【通常盤】
    • SECL-1267 3000円
藍井エイル プロフィール

アオイエイル:2011年10月、シングル「MEMORIA」でメジャーデビュー。自身のFACEBOOKページには世界中から50万以上のいいね!が寄せられるなど海外からの支持も大きい。シングル13枚、オリジナル・アルバム3枚を経て、2016年10月にベスト・アルバム『BEST -E-』『BEST -A-』を同時リリース。2016年11月4日(金)・5日(土)に行われた日本武道館公演をもって活動休止。休養を経て、今春より活動再開。藍井エイル オフィシャルHP(アーティスト)
藍井エイル オフィシャルHP(レーベル)
ブログ
Twitter
藍井エイル スタッフTwitter
Facebook
YouTube
Instagram
Wikipedia

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着