L→R  YUKA(Vo)、KOUSUKE MASAKI(Gu)

L→R  YUKA(Vo)、KOUSUKE MASAKI(Gu)

約1年振りのニューアルバム『PAIN KILLER』は“痛み止め、鎮痛剤”というタイトルの示す通り、聴き手の心に寄り添って安らぎを与えてくれる一枚である。心を通い合わせたいというシンプルな想いを汲み取った本作について紐解いていく。
取材:ジャガー

今作『PAIN KILLER』は“心に届ける”という思いにあふれた作品ですね。

YUKA
今回の作品を誰に聴いてほしいかを考えた時に、どうしようもなく辛かったり、情けなかったり、苦しかったり、心を痛めている人に届くものにしようって思ったんですね。私自身、心の痛みについて考える機会があって…『PAIN KILLER』というアルバムを作ったのは、どうしようもない痛みを抱えている人の心を和らげてあげたかったからだし、“音楽は何かを変えられる”っていう無限に広がる音楽の力を私たちもこの作品を作ることで感じたくて。すごく正直な気持ちをかたちにできた、筋の通った作品になったと思います。
MASAKI
一作品を作り終えたら、すぐに次に向けて動き始めるんですよ。曲作りというよりは、次の方向性を考えるみたいな。シングルをいろいろ作っていく中で、シンプルなものを大切にしたいなっていうのが漠然と見えてきて、『PAIN KILLER』のコンセプトにつながっていった気がしますね。

自問自答するような、突き刺さる楽曲が確かに多いですね。

YUKA
これを作ったことで勇気が出ましたね。ここまで言えるぞ!って。ずっと同じ場所にいると居続けることは居心地はいいんだけど広がっていかないんじゃないかって不安もあるし…最初の一歩を踏み出すのは怖さもあるけど、いろんな可能性が出てきたのでやってみて良かったです。
MASAKI
YUKAちゃんから自然と出てきた言葉だから、僕があーだこーだ思うこともなかったんですけど、隣で見ている者としては、正直な思いを出すって取り繕って書くよりも難しいというか。誠意を持ってちゃんと書かないといけないし、そもそも伝わらないと意味がないし…大変だった曲もあるだろうなって。でも、出来上がった歌詞を見ると良いものができたなって。

では、柱になった楽曲を挙げるならばどの曲ですか?

YUKA
MASAKIくんと感じ方が違うかもしれないけど、私は「ネバイナフ」と「PAIN」が柱になっているなぁと思ってます。

それは歌詞の面で?

YUKA
サウンドもなんですけど、今までになさそうなテイストだけど本当は一番自分たちらしいところなんじゃないかなって、この2曲を作っていて気付けたというか。曲につられるように自然と浮かぶ言葉も飾らない言葉だったり、しっかりと向き合えた曲だからすごく力強さを感じます。

MASAKIさんはいかがですか?

MASAKI
前作と比べると、サウンドも歌詞も装飾を削ぎ落としていったので、今一番自分たちが表現したい核となる部分が見えたのかなって思います。シングル曲はわりとアップテンポなものが多いんですけど、「バニタス」や「PAIN」とか、わりと音も共通点を設けて同じ雰囲気を出しました。「アニベルセル」はゼクシィとのコラボレーションソングだったのもあって華やかなんですけど、基本的には全体を通してシンプルで骨太っていう作りに自然となりましたね。
YUKA
シンプルで骨太…っていいね。歌とギターだけでサラッと一発で録った「Flowers」(※CD ONLY盤のみのボーナストラック)なんかは特にそういうのが伝わりやすいと思う。今までのmoumoonだったら絶対に挑戦しなかっただろうし…なかなか勇気がいるというか(笑)。自然体の私たちを感じてもらいたいですね。歌詞も心の内面を歌っていたり、音もより削ぎ落としてって言ってたけど、いらないところは減らして、聴かせたいところをもっと浮かび上がるようにしたし。ギターが主人公になっている曲も多いですし、ライヴが楽しみですね。結構、ライヴの画をふたりで話し合いながら作っていったのも影響してるとは思うんですけど。

ツアーのサポートメンバーのみなさんも熱い人たちだから、生々しい楽器の音を閉じ込めた楽曲たちが映えそうですよね。

YUKA
そうですね! 「どこへも行かないよ」は、わりとシンプルな感じでデモを作ってて、いつも一緒にツアーを回ってくれているギタリストのsammyさんとMASAKIくんのふたりでアレンジしたんですけど、曲を聴いた時に私が感じたことやそこから歌詞を書いてどういう思いで歌っていたかをふたりのギターがすごく音で表現してくれていて。明るいだけでも、暗いわけでもない、その中間のすれすれの部分…愛する気持ちも愛しいけど愛しすぎると狂っちゃいそうな、本当すれすれな繊細な感情をこんなにも美しく、しかも綺麗すぎない感じで人間の心の中に渦巻いている部分もギターが引っ張ってくれているから、ひたすら“すごーい! すごーい!”って言ってました。普段、sammyさんと恋愛の話をすることはないんだけど(笑)、そういうひとつひとつの出来事に感動しながら、この音に乗っかって歌ってみようって『PAIN KILLER』の世界観がどんどん広がっていく感じがしました。それこそ、話出すと止まりません。本当に感謝の連続でしたね。
PAIN KILLER2013年01月30日発売avex trax
    • CD+Blu-ray
    • AVCD-38681/B 5040円
    • ※初回限定スリーブ仕様
    • CD+2DVD
    • AVCD-38682/B~C 4620円
    • ※初回限定スリーブ仕様
    • CD
    • AVCD-38683 3150円
    • CD+2DVD(ファンクラブ限定盤)
    • AVC1-38704B~C 4620円
    • ※スペシャルブックレット仕様
moumoon プロフィール

ヴォーカル YUKAとギター柾昊佑(まさきこうすけ)によるユニットで2005年結成。
フランス語の『mou(やわらかい)』と、英語の『moon(月)』をかけあわせて作った“やわらかい月”という意味の造語。
YUKAの柔らかく暖かな、それでいて鋭くエッジのきいた歌声と、柾が創造する印象的なメロディーが絶妙にマッチし、繊細且つ大胆なアレンジが施された楽曲が聴き手を柔らかく包み込む。

2006年7月に限定シングル「Flowers/pride」でデビュー。2007年8月ミニ・アルバム「love me?」でavex traxよりメジャーデビュー。
同年12月にリリースした1stシングル「Do you remember?」がラジオ、衛星波21局でパワープレイを獲得する。
2008年7月、自身初となるのワンマンライヴ(原宿ASTRO HALL)を行いチケットSOLDOUTとなる。同年12月(渋谷duo music exchange)、2009年5月(赤坂BLITZ)に行われたワンマンライヴでは両公演共にチケットが即日完売となる大盛況ぶりを見せた。
同年7月には通算5枚目となるシングル「On the right」のリリースが決定、10月には日比谷野外音楽堂でのワンマンライヴを行う。オフィシャルHP
YouTube
Facebook
YUKA Twitter
MASAKI Twitter
公式サイト(レーベル)

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」