【インタビュー】M!LK「グループとし
てまだまだ成長していくという決意表
明」 NEXTステージ目指して突っ走る

M!LKサイン入りチェキ プレゼント企画開催】
10日〜15日に掲載されるインタビュー&ランキング記事下に6つのキーワードが出ています。その文字を繋げるとある言葉が出現しますので、それを導き出してください!!詳しい応募方法は、15日に掲載されるプレゼント企画記事をチェック!

■「自分たちのパフォーマンスに自信」それぞれが感じるグループの成長と変化!

――男らしさや大人っぽさなど、新たな表情が見られるシングル「テルネロファイター」ですが、収録の4曲とも春ツアーで早速披露されていて。お客さんの反応がすごく良いので、みなさん自身、大きな手応えを感じているのではないでしょうか。
太智 ツアー初日の宮城・Rensaで初披露したんですけど、初披露する場合、大抵はお客さんが“どんな曲かな?”って様子を窺うところがあるじゃないですか。でも、リード曲の「テルネロファイター」は、ツアー前に振り&コール講座の動画を配信していたこともあって、<テルネロテルネロテルネロ!!>というお客さんのかけ声が、すごく大きく聴こえてきて。“まさか初日から!?”という驚きと嬉しさがあったし、踊っていて楽しかったです。
仁人 「テルネロファイター」をセットリストの1曲目にしたのは、新しいM!LKを見せたいという僕たちの想いからです。各地でお客さんが全力でコールをぶつけてくれたことで、すごく元気をもらえました。
悠稀 カップリングの「ボクノアカシ」は、これまでのM!LKの曲の中で一番カッコいい曲だなって思うんですけど、ファンの人たちも、「カッコいい!」って喜んでくれていて。それもすごく嬉しかったです。
勇斗 そうだね。「テルネロファイター」はお客さんと一体になれる曲だし、「サンキュー!N・D・K!」は爆発的に盛り上がれる曲だし、「ボクノアカシ」は悠稀が言ったみたいにカッコいい曲だし、「桜咲く頃には」はグっとくるいい歌だし。中でも、個人的に一番好きなのは「桜咲く頃には」。卒業・入学シーズン、たくさんの出会いや別れがあるから人は成長するんだよなって思えたりもします。
瑞生 今回のシングルは、色気のある大人っぽさとはまた違って、「M!LK大きくなったね!」って感じてもらえる4曲が詰まっているよね。グループとしてこれからまだまだ成長していくという決意表明ができた、M!LKにとってとても大事な作品になりました。

――結成から2年超、振り返ってみれば、お互いに変化や進化を感じていたりもして?
瑞生 一緒にいるから、どこがっていうことは案外わからないんですけど……うん、お互いに相手のことを考えられるようになったと思う。それがグループの成長にも繋がっているんだろうなって。
仁人 メンバーみんな、意識が本当に変わったよね。僕たちを知ってくれている人たちが増えていくと、嬉しい言葉もたくさんいただく反面、ご指摘をいただくことも増えるので「基礎スキルがないね」とは言われないようにしなきゃいけないなと思うようなりました。リハーサルの態度にも、それぞれの真剣さが滲むようになったと思います。
悠稀 そのことで、全体のパフォーマンス力が上がったよね。最近よく「昔はまだまだひよっこだった」と言われるんですけど(苦笑)……。

――でもそれは、成長を感じてもらえるから言ってもらえることですよね。
悠稀 そうですよね。ライヴとかリリースイベントをたくさん重ねて場数を踏んでいくうちに、自分たちのパフォーマンスに対して自信を持てるようになりました。
勇斗 ライヴのMCに関しても、「おもしろくなったね」とか「成長したね」って、最近よく言ってもらえるんですよ。自分たちでも、昔はただ騒いでばっかりいたなと思うんですけど(苦笑)、ようやくちゃんと筋の通ったMCができるようになってきたなという実感があります。

――加えて、ライヴで何かトラブルやハプニングがあったときの対応能力なんかも、上がっているのではないでしょうか。
勇斗 それもありますね。たとえばMCで誰かが言わなきゃいけないことを忘れていたら、誰かがさっとフォローしたり。何かあってもテンパったりしなくなったし、春ツアーでは特に、お互い周りを見られるようになったと思いました。
太智 集中力もすごくついてきたよね。お互いにソロでの稼働も多くなってきた分、5人全員が揃うときには時間が短くても「いいものを作ろう!」という意識が高まっていて。もちろん、5人でいれば楽しくなるしワチャワチャもしちゃうけど、やるときはやる!っていうスイッチをパっと切り替えられるようになりました。

■あのメンバーが昔は尖っていた!?“テルネロ”トークで見えた新たな一面!

――ちなみに、“生後1年以下のオスの子牛”を意味する“テルネロ”にかけまして……最初の頃こんな失敗があった、みたいなお話も聞いてみたいなと。
瑞生 ……最初の劇でモメたよね(笑)。
勇斗 仁人が「黒毛和牛やりたくない!」って言ったやつね(笑)。

――黒毛和牛??
悠稀 普通にMCをしてもおもしろくないよねっていうことで、M!LKだけに牛になって次の曲に繋げるっていう劇をしたんですけど、仁人くんは鹿児島出身だから、黒毛和牛になるっていう台本になっていたんですよ。
仁人 その前段階で、4人は人間で僕だけ牛になることになっていたから、「ちょっと!」と思って。完全に若気の至りです(苦笑)。
太智 昔は、仁人がトンガっていたもんね。
仁人 うん。イヤなことがあったら「イヤ」って言っちゃうし。

――今となっては絶対に言わなさそうなのに、意外です。
仁人 最近、物事を俯瞰で見るようにしています。あと、昔は“自分ができたからいいや”というところがあったけど、活動していく中で団結力がどんどん強まったし、“5人でひとつなんだ”という意識も強まってきたと思います。

――その上で、今、お互いにもっとも尊敬する部分は?
瑞生 太智は足が長くて、スタイルがすっごくいい。
勇斗 だね。あと、ライヴでお客さんが盛り上がっているときはもちろん、そうでないときでも、物怖じせずに煽りにいってくれるんですよ。そういうところは、すごいと思います。
仁人 M!LKのテンションは、太智にかかっているよね。なおかつ、M!LKのことをすごく考えてくれています。
悠稀 それに、勉強もスポーツもできるしね。同じ人間かなって思うくらい、ハイスペックです。
瑞生 佐野(勇斗)くんは、素敵なお兄ちゃん。
悠稀 みんなをまとめてくれるもんね。
太智 どんなに疲れていても、周りにそれを感じさせないし。
仁人 そうだね。どんなときも相手にイヤな思いをさせない人間性は、MCにも出ていると思う。
瑞生 悠稀くんは、とても優しい。
勇斗 瑞生の一発ギャグ、悠稀だけ笑ってあげたりね(笑)。
瑞生 あと、意外とツッコミで、それがおもしろいよね。
勇斗 確かに。仁人へのツッコミとか、結構鋭い(笑)。
太智 ホント、悠稀は普段そんなに発しない分、発したときの威力が大きいし、的確。悠稀と仁人はコンビ組んだほうがいい(笑)。
勇斗 瑞生は……この子のことはホントに尊敬する。
瑞生 アバウトだな!(笑)。
勇斗 たとえば一発ギャグでシーンってなっても、気にしない。
太智 メンタルが一番強いよね、5人の中で。
悠稀 ネガティブなことを言われてもプラスに変換できるし。
仁人 スーパーポジティブだよね。
瑞生 仁人くんは、ダンスにしてもお笑いにしても、リズム感がすごくいい。だから、もっと話せばいいのになって思っている。
仁人 ……なんか上からだな!(笑)。
勇斗 ずっと一緒にいるから麻痺しちゃうけど、ダンスに関しては化け物。
太智 どんなに難しい振りでも、飲み込みが早いし、すぐ自分のものにしちゃう。
悠稀 嫉妬するくらい、上手いもんね(笑)。
勇斗 そして、丸くなった。
仁人 4人に心を許したんだろうね、うん。

文/杉江優花

アーティスト

タグ

    ランキングBOX

    “気になる人の気になるランキング”をテーマに、様々な分野の著名人へ直撃した「MY BEST3」を紹介!オリジナルのランキングインタビュー記事をはじめグルメなどのトレンド情報やエンタメなどのストレートニュースなども毎日配信中です。

    0コメント