12月23日@東京EX THEATER ROPPONGI

12月23日@東京EX THEATER ROPPONGI

あっとくん、
満員のオーディエンスを熱狂させた
ワンマンライブ『あとわん! vol.3』

あっとくんがクリスマスイブを翌日に控えた12月23日、ワンマンライブ『あとわん! vol.3~六本木でメリクリ~』を東京EX THEATER ROPPONGIで開催し、1,000人を超える満員のオーディエンスを熱狂させた。

客電が落ちてイントロが鳴り響き、ステージの紗幕にあっとくんのシルエットが大きく浮かび上がる。ペンライトで赤く染まった客席から大歓声が沸き上がり、赤と青の照明が激しく点滅の中、スタートしたのは「虎視眈々」。アッパーなボカロ人気曲での幕開けに、会場のボルテージは一気に上昇。2曲目には「疑心暗鬼」を披露し、オープニングのMCへ。「どーもー! 今日は『あとわん! vol.3』来てくれてありがとうございました~!」と挨拶するが、会場を埋めた観客の数に、思わず「凄いね、凄い! 凄すぎてびっくりしちゃって。口も乾くし、緊張するし大変だ(笑)」と喜びを露わに。

続いて3曲一気にパフォーマンス。「いっつも配信で歌っている曲を歌っちゃおっかな~」と、軽快なリズムの曲「紗痲」、続いて、この日会場で先行発売された2ndシングル「マッドディペンデンス」のカップリング曲「ザレゴト」へ。前曲とはうってかわって、けだるい雰囲気の中でゆったりと歌声を響かせながら、イケボの魅力を炸裂させていく。5曲目には、あっとくんのイケボがさえわたる「いかないで」を披露し今度は静かに語りかける様な歌い方で、情景をせつなく浮かび上がらせる。

5曲を歌い上げ、ファン待望の企画コーナーへ。事前に会場で集めた観客からの質問をクリスマスの装飾が施されたアンケートボックスから取り出して答えていくというもので、「今後の野望を教えてください」という質問には、「詳しい想いはまた後で語るから、みんな涙ちゃんと溜めといて」とじらす回答も。そんな企画で盛り上げたあと、さあ、次の曲へと思いきや、まさかの本編終了とアナウンスがなされ、照明が暗転。驚きどよめくオーディエンス。すると会場に録音されたあっとくんのボイスが場内に流れる。その直後に、真っ白い衣装に着替えたあっとくんがステージに再び登場。「ねぇ、おいで。」のセリフをきっかけに1stシングル表題曲「CrazyCrash」を力強く熱唱し、まさかと動揺していた観客を熱狂させた。

その後「ヒバナ」であっとくん史上最大となるステージを端から端までめいっぱいに走り回りながら、観客を煽り、客席の温度をさらに上げ、最後にキャッチーなロックチューン「デリヘル呼んだら君が来た」を披露。「エロ可愛い」魅力を存分に振りまいて、会場を多幸感あふれる雰囲気で満たして本編を締めくくった。

まだまだ足りないファンのアンコールに、今度は赤いバラで埋め尽くされた衣装で登場したあっとくん。「東京で一番熱いライブ会場に出来ますかー!」と、テンションMaxで1stシングル収録「ラマ」を歌い上げファンへ最後のMCに。「しんみりしちゃうかもしれないけど、今回も思いのたけを伝えたい」と語り始め、「自信家なところもある自分だけど、こんな大きな会場に挑戦できるなんて思わなかった」と正直に明かした上で、 「みんなのおかげで最高の景色が見れた。もっともっと頑張るし、もっともっと凄いことを考えている。みんなを幸せにしようと思っているから、これからも付いてきて欲しい」と、何度もファンへの感謝の想いを伝えた。

そして、「君たちに捧げたいと思います」と前置きして、この日最後に披露したのは2ndシングル表題曲「マッドディペンデンス」。初挑戦となるアッパーなラップチューンで観客を大いに盛り上げ、あっとくんワールド全開のステージを作り上げ、ファンとの記念撮影の後、「僕はまだまだ突っ走っていくんで! 次のライブに来てくれるのを楽しみに待っているから!!」と、今回のワンマンは幕を閉じた。

そんな熱も冷めやらぬ中、第2弾シングル「マッドディペンデンス」がクリスマスの日にリリースを迎えた。自身が「作詞とラップに挑戦し経験したことのない世界を切り開いた」と語るこの作品、タイトルの「マッドディペンデンス」は互いを狂おしいほどに求め合う男女を、「狂依存」という言葉で綴ったもの。プロデュースは前作同様、すとぷりのリーダーななもり。が担当し、前述のように作詞はあっとくん自らが手掛けた(共作した)意欲作でRAPへの新たな挑戦も含め、アップテンポで刺激的な楽曲に仕上がっている。また、カップリング曲「ザレゴト」の作詞・作曲は、1stシングル「CrazyCrash」を手掛けた内山栞。AKBなどのヒット曲を送り出してきた彼女の楽曲は、生バンドをバックにスモーキーな空気感を醸造、超毒性の高いスローテンポなイケボ曲となっている。

もう一つ、そのCD発売・配信開始と同時に、こちらも待望の「マッドディペンデンス」MVフルバージョンも解禁された。楽曲の世界観をストレートに表したこのクリップは、見るものを正に"マッドディペンデンス=共依存"させるに違いない映像となっている。あっとくんデビューイヤーを締めくくる年末、是非この作品で楽しんで欲しい。

【セットリスト】
01.虎視眈々
02.疑心暗鬼
03.紗痲
04.ザレゴト
05.いかないで
06.CrazyCrash
07.ヒバナ
08.デリヘル呼んだら君が来た
<アンコール>
09.ラマ
10.マッドディペンデンス

「マッドディペンデンス」MV

シングル「マッドディペンデンス」2019年12月25日(水)発売
    • FSFL-1003/¥1,500(税込)
    • <収録曲>
    • M-1:マッドディペンデンス
    • 作詞:あっとくん シマダユウキ/作曲・編曲:シマダユウキ
    • M-2:ザレゴト
    • 作詞:Kanako Kato/作曲・編曲:内山栞
    • M-3:マッドディペンデンス(カラオケ)
    • M-4:ザレゴト(カラオケ) 
    • M-5:あっとくんとクリスマス!~夜 デート編~ 
    • 作:あっとくん
    •  
    • ◎ストリーミング、ダウンロード
    • https://lnk.to/xdJA0VQe
12月23日@東京EX THEATER ROPPONGI
12月23日@東京EX THEATER ROPPONGI
12月23日@東京EX THEATER ROPPONGI
12月23日@東京EX THEATER ROPPONGI
12月23日@東京EX THEATER ROPPONGI
12月23日@東京EX THEATER ROPPONGI
12月23日@東京EX THEATER ROPPONGI
12月23日@東京EX THEATER ROPPONGI
12月23日@東京EX THEATER ROPPONGI
シングル「マッドディペンデンス」
あっとくん

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」