Elephant Gym、日本では初のワンマン
・ツアー開催決定 新曲「Gaze at B
lue」MV公開

台湾の3人組バンド、Elephant Gymが日本では初となるワンマン・ツアーを来年1月に開催することが発表された。

昨年、2ndアルバム『Underwater』をリリースし、その後およそ1年間に渡り、全14カ国約100公演のワールド・ツアーを開催したElephant Gym。日本でもその人気は高く、今年5月には東京・渋谷WWW XにてWONKとの2マンを公演を開催した。また、来月にはLAで開催されるTyler, The Creator主催『Camp Flog Gnaw Carnival』への出演を控えているほか、日本のインスト・バンド、LITEとの北米西海岸ツアーも敢行する予定。本ツアーは、2020年、半年間の充電期間に入る前のラスト・ツアーとなる。

さらに、新曲「Gaze at Blue」のMVも公開された。10月27日(日)までにワンマン・ツアーの先行チケットを購入すると、本楽曲の音源が無料で配布されることに。
昨年のリリース・ツアーでは東京公演が早々にソールドアウトとなっただけに、今回のツアーも気になる方は早めにチケットを確保した方がよさそうだ。
【イベント情報】

Elephant Gym 1st One-Man Tour in Japan 2020 『The Rats and The Elephants』

日時:2020年1月12日(日) OPEN 18:00 / START 18:30
会場:愛知・名古屋UPSET
Info:052-936-6041 (JAILHOUSE)

日時:2020年1月13日(月・祝) OPEN 17:30 / START 18:30
会場:東京・渋谷CLUB QUATTRO
Info:03-3444-6751 (SMASH)

日時:2020年1月15日(水) OPEN 19:00 / START 19:30
会場:大阪・梅田Shangri-la
Info:06-6535-5569 (SMASH WEST)

料金:前売 ¥3,800 / 当日 ¥4,300 (各1D代別途)

・チケット
新曲音源DLコード付き先行(e+)(https://w.pia.jp/t/elephantgym-pr/) :10月18日(金)12:00~10月27日(日)23:59 
※抽選制、各公演、お1人様最大4枚まで
※DLコードはチケット購入者様へ直接11月上旬までにメールでお送りいたします。

一般発売:11月2日(土)〜
名古屋公演 – チケットぴあ(P:167-657) 英語販売あり / ローソンチケット(L:43723) / e+(pre:10/28 – 10/30)
東京公演 – チケットぴあ(P:167-611) 英語販売あり / ローソンチケット(L:74611) / e+(pre:10/28 – 10/30)
大阪公演 – チケットぴあ(P:167-571) 英語販売あり / ローソンチケット(L:56104) / e+(pre:10/28 – 10/30)

主催:東京-SMASH / 名古屋-JAILHOUSE / 大阪-SMASH WEST
企画・制作:WORDS Recordings / SMASH
総合問合せ:SMASH 03-3444-6751

■ Elephant Gym 日本レーベルサイト(https://www.wordsrecordings.com/elephant-gym)

アーティスト

Spincoaster

『心が震える音楽との出逢いを』独自に厳選した国内外の新鋭MUSICを紹介。音楽ニュース、ここでしか読めないミュージシャンの音楽的ルーツやインタビュー、イベントのレポートも掲載。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」
  • V-MUSIC

新着