【速レポ】<SATANIC CARNIVAL>ハル
カミライ、観客と一体となったシンガ
ロング

1stアルバム『永遠の花』を引っさげた<天国と地獄ツアー>を全公演ソールドアウトで終え、現在、着々とファンの裾野を広げているハルカミライ。2018年にこのEVIL STAGEに登場し、ニューカマーでありながらもフロアを巻き込んで大暴れし、<SATANIC CARNIVAL>史上でもかなりのインパクトを残したアクトとなったが、あれはルーキーだから爪痕を残そうというものでも、テンションが上がってやらかしたものでもなく、嘘偽りない普段の彼らのライブだったのだなと、2019年のステージを見て再確認した。
「サタニック、やってきたぜ。ハルカミライの時間だ。歌おうか!」というフロントマンの橋本学(Vo)の挨拶で、「君にしか」をぶちかます。とにかく、声がデカい。それにもまして、バンドの音もデカい。そしてフロアから返ってくる歌声もデカい。
橋本は「おいみんな、元気で何よりだぜ」とひと声かけると、早速ステージからフロアへと降りたち、観客に支えられるようにして、その声を張り上げる。「いろんなバンドに、ケガするなよって言われてきたと思うけど、その前に(周りに)ケガさせちゃダメだよ。男前にいこうぜ」(橋本)と熱くコブシを上げ、ガンガンとダイブする観客に語りかけながらも、バンド・アンサンブルはますます激しく観客の興奮に燃料を注いでいく。
橋本に続き、ギターの関 大地(G、Cho)もまたフロアへとダイブして、もみくちゃになりながらプレイ。ステージを守るのは、小松謙太(Dr、Cho)と須藤 俊(B、Cho)のリズム隊だ。橋本が片手を突き出したスーパーマンスタイルで、フロア中心までクラウドサーフし、どんどんステージから離れたところで観客と肉弾戦を繰り広げながら熱唱する間も、力強くサウンドの屋台骨を支える。なかなかステージに戻ってこない(戻れない)ふたりに、須藤が「今、どのへん?ファイト!」と声をかけ、激しく熱いショートチューン「ファイト!!」を演奏しはじめたりと、自由なふたりをしっかりハンドリングをしているのが頼もしい。
「今日、俺、めちゃくちゃ歌が調子いい。このデカいところで響かせて帰るぞ」(橋本)。そういって歌った「predawn」は、観客と一体となったシンガロングが最高だ。何よりここにいる誰もが一生懸命で、思い切り声をあげ、思い切りコブシを上げ、自分の歌かのように歌っている。このライブが生み出すエネルギーに引き寄せられるようにして、EVIL STAGEにたくさんの人が集まって、熱気を高めている。
さらに「世界を終わらせて」では、フロアの真ん中でマイクなしでアカペラで歌ったり(観客のシンガロングが重なって、その声はあっという間にかき消されるが)、「サタニック、去年よりも(マイクの)コードが短いんじゃないですか」とぶつくさ言いながらフロアをさらに進んでいって、馴染みだというファンの男の子に肩車してもらってMCをする橋本。

フロントマンがほとんどステージにいないという型破りなライブで、歌詞だって聞き取れないこともある。でもその歌はやけに心に刺さる。ラストの「アストロビスタ」まで、会場は大きな豪快なバンドサウンドと観客のシンガロングで満ち溢れた。
「これが俺たちの最強だ。みんな、はじめまして。また来るね」(橋本)。この声に会場は拍手喝采となった。

取材・文◎吉羽さおり
撮影◎中河原理英

【ハルカミライ・セットリスト】

1.君にしか
2.カントリーロード
3.ファイト!!
4.僕たちが呼んでいる
5.春のテーマ
6.ファイト!!
7.ウルトラマリン
8.predawn
9.世界を終わらせて
10.アストロビスタ


■<SATANIC CARNIVAL'19>

6月15日(土) 幕張メッセ国際展示場9-11ホール
6月16日(日) 幕張メッセ国際展示場9-11ホール
・物販開始 BOOTH AREA 開場 9:00
・LIVE AREA 開場 10:30 / 開演 12:00

関連サイト

BARKS

BARKSは2001年から15年以上にわたり旬の音楽情報を届けてきた日本最大級の音楽情報サイトです。