メタリカのラーズ、ヨーロッパ・ツア
ーに起用したゴーストを「彼のエネル
ギーが好き」

メタリカのラーズ・ウルリッヒ(Ds)が、5~8月にかけてスタジアム級の会場で開催するビッグなヨーロッパ・ツアーのオープニング・アクトにゴーストとBokassaを起用した理由を語った。
ラーズは、UKの音楽誌『Kerrang!』のインタビューで、こう話した。「俺にとって、トビアス(ゴーストのフロントマン)はスーパー・クールな奴なんだよ。俺はホントに彼のエネルギーや彼とつるむのが大好きなんだ。俺らのバンドの誰もが、ゴーストの大ファンだ。俺らのバンドのファンも、彼らのことを気に入っているようだ。俺らいつも、サポート・バンドには一緒にいたいと思う人たちを選ぶようにしている。彼らと旅するのを楽しみにしてるんだ」

ノルウェー出身のバンドBokassaについては、「Bokassaは、ものすごくいい。彼らの曲、彼らのエネルギーとヴァイブは、すごく新鮮だ。1年前、彼らの音楽を聴いたとき、ぶっ飛んだよ。より多くの観客に彼らを紹介できるのは、スーパー・クールだ」と話した。

ウルリッヒはちょうど1年前、お気に入りの新人バンドとしてBokassaの名を挙げ、彼らのアルバム『Divide And Conquer』(2017年)や、2015年に発表された「No Control」のミュージック・ビデオを絶賛していた。
Ako Suzuki

BARKS

BARKSは2001年から15年以上にわたり旬の音楽情報を届けてきた日本最大級の音楽情報サイトです。