星野 源、RADWIMPS、SUGIZOなど
12月リリースの作品17作を紹介

フリーマガジンokmusic UP's vol.171(11/20発行)、 vol.172(12/20発行)に掲載中の『DISC GUIDE』から、12月リリースの作品17作を紹介!

1.「あなたの知らない私たち」/chay feat. Crystal Kay
2.「レイメイ」/さユり×MY FIRST STORY
3.「スノウドロップ」/FOMARE
4.『マシン・ザ・ヤング』/ニトロデイ
5.『ANTI ANTI GENERATION』/RADWIMPS
6.『私的旅行』/DAOKO
7.『没落』/ぼくのりりっくのぼうよみ
8.『JAPRISON』/SKY-HI
9.『ALL TIME BEST TOUR 〜20th STORY + LOVE + SONG 〜』/GOING UNDER GROUND
10.『夢をみた少年』/HARUMA
11.『POP VIRUS』/星野 源
12.『COSMOSCAPE II』/SUGIZO
13.『Baby Bump』/Chara
14.『Tank-top Festival in JAPAN』/ヤバイTシャツ屋さん
15.『この部屋が世界のすべてである僕、あるいは君の物語』/THE 夏の魔物
16.『IRON SPIRIT』/般若
17.『Life is going on and on』/MISIA
「あなたの知らない私たち」/chay feat. Crystal KaySingle 12/5 Release
    • WARNER MUSIC JAPAN
    • 【初回限定盤(DVD付)】
    • WPZL-31550〜1 ¥2,700(税込)
    • 【通常盤】
    • WPCL-12969 ¥1,296(税込)
ドラマ『あなたには渡さない』の主題歌としてオンエア中の新曲はCrystal Kayをフィーチャリングしたラテン歌謡テイストなナンバー。ドロドロした女同士の戦いや恋の駆け引きをテーマにしたドラマに沿った、スリリングで大人な世界観がサックスなどの生楽器によって引き立てられている。chayとCrystalKayのヴォーカルが絡み合っていくデュエットは最大の聴きどころだ。ジャケットのイメージともリンクしている。
TEXT:山本弘子
「レイメイ」/さユり×MY FIRST STORYSingle 12/5 Release
    • Ariola Japan
    • 【初回生産限定盤(DVD付)】
    • BVCL-923〜4 ¥1,667(税抜)
    • 【期間生産限定盤(DVD付)】
    • BVCL-926〜7 ¥1,481(税抜)
    • 【通常盤】
    • BVCL-925 ¥926(税抜)
“心配ない”と言い聞かせ歩む先で出会った共鳴者と夜明けを信じて一緒に進みゆく…そんなストーリーが浮かぶさユり×MFSの共闘作はTVアニメ『ゴールデンカムイ』第二期OPテーマ。MFSが放つエレガントなピアノとエレクトロを交えた疾走感あふれるエモーショナルなサウンドの中、さユりとHiro(Vo)の二者が並走しつつも時に絡み合い、それが昇華を魅せる。全ての黎明を信じてそれでも進む者たちの謳歌として捧げたい。
TEXT:池田スカオ和宏
「スノウドロップ」/FOMARESingle 12/5 Release
    • Small indies table
    • SIT-1015
    • ¥1,296(税込)
TSUTAYA O-EAST でツアーファイナルを迎えたばかりだが、早くもシングルをリリース。ジョン・レノンの「HAPPY X-MAS(WAR IS OVER)」のカバーをボーナストラックに加え、クリスマスを意識しながら、バラードの「libido」他、自作の3 曲は別れをふっ切れない男心を歌っているところにバンドのリアルがある。温もりが恋しい季節だからこそ、より染みるという意味ではまさにタイムリー。
TEXT:山口智男
『マシン・ザ・ヤング』/ニトロデイAlbum 12/5 Release
    • Beacon Label/SPACE SHOWER MUSIC
    • PECF-3220
    • ¥2,500(税込)
新生代オルタナロック4 人組の1stアルバムは、さらなる注目を浴びるに相応しい出来映え。3 分前後にまとめられた楽曲を主軸に、歪んだ重々しい演奏とは対極を描く抜けの良いヴォーカルやコーラスワークは実にキャッチーに響く。とりわけ「ジェット」はエモーショナルかつ粘着的な歌メロがとても癖になる。懐かしくも新しく、ヒリヒリしているのに甘酸っぱい。何度も聴き返したくなる好盤だ。
TEXT:荒金良介
『ANTI ANTI GENERATION』/RADWIMPSAlbum 12/12 Release
    • EMI Records
    • 【初回限定盤(DVD付)】
    • UPCH-29313 ¥3,800(税抜)
    • 【通常盤】
    • UPCH-20503 ¥3,000(税抜)
前作『人間開花』以来、約2年振りになるニューアルバムは全17曲入りの大ボリュームだが、片時も緊張感は途切れないままに聴き終えてしまった。一曲一曲が連関し、作品トータルでRADWIMPSの豊潤な音楽性を開陳している。パパラッチに対してストーリー仕立ての構造を取りながらも、丸裸の感情でラップする「PAPARAZZI〜*この物語はフィクションです〜」は衝撃的なMVも相まって胸にズシリと響く。問題提起という意味でも深く考えさせられる楽曲だ。そんなシリアスなメッセージを掲げる一方、彼らの冒険心に満ちあふれたサウンドにも驚かされる。打ち込みを用いて祝祭感を運んでくる「カタルシスト」、童謡調の歌詞を引用して既存のロックの枠組みからはみ出した「洗脳(Anti Anti Mix)」は繰り返し聴きたくなる中毒性の高い曲調。また、ONE OK ROCKのTaka、あいみょん、ラッパーのMiyachiとSOIL&"PIMP"SESSIONSのTabu Zombie(Tp)をゲストに招いた豪華コラボも3曲収録。特に「泣き出しそうだよ feat.あいみょん」で聴ける男女掛け合いヴォーカルは見事なはまりようでグッときた。
TEXT:荒金良介

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。