L→R 大橋卓弥(Vo&Gu&Harmonica)、常田真太郎(Piano&Cho&Organ&Other instruments and total sound treatment)

L→R 大橋卓弥(Vo&Gu&Harmonica)、常田真太郎(Piano&Cho&Organ&Other instruments and total sound treatment)

【スキマスイッチ インタビュー】
今だからこそ作り出せた、
原点回帰のポップワールド

デビュー15周年の幕開けを飾る、3年振り7作目のニューアルバム『新空間アルゴリズム』が完成。スキマスイッチならではのアルゴリズム(方程式)を駆使した、これまで以上に広がりのある新空間を満たす心地良い音楽は、いかにして生み出されたのか?

前作『スキマスイッチ』から3年の間で、アルバムのことはいつ頃から考え始めたのですか?

常田
2015年にデモをいっぱい作った時期があったんですよ。今回もそこで作った曲があるので、そのあたりですかね。

その時はどんなテーマを意識して?

常田
スキマスイッチの曲ということをあんまり考えずに作っていたような気がしますし、逆に「未来花」(読み:ミライカ)のようにふたりであることをすごく意識したりとか、いろいろ新しいことをやりたかったんだろうなと思います。シングル、アルバム、ツアーというルーティンを3回続けてきて、それもあってか、前作のツアーが終わったあとにいろいろ新しいことを始めていこうということだったのかもしれないですね。

そう言われてみれば、今回が三度目の三部作の始まりかもしれない。

大橋
何かしら新鮮さを取り戻したくなる時期というのがあるんですよね。このままルーティンで活動していくこともできるんだろうけど、それだとあんまり面白くないんじゃないのかな?とか。僕が聴く側だとしたら違うテイストの楽曲を聴いてみたいと思うんですよ。その人の今が分かる作品を聴きたいですよね。たぶん、自分たちもそういう感覚でちょっと客観的に見てるのかもしれない。

フレッシュな感覚は今回はたっぷり感じました。全体的にリラックスしているし、風通しの良いアルバムだと思います。

常田
“原点回帰”というテーマを掲げて作ったアルバムなんですけど、今までは伝わることをコントロールしようとしていたりとか、いろんなやり方を知ってしまったがゆえに、やる前から結果を気にしてしまったりとか…そういうことはあったかな。デビューした頃は“こういう曲を作りたい”というイメージだけを走らせていたので、そういうアプローチで今作ったらどうなるのかなという想いはありました。

冒頭から躍動的なリズムの曲がどんどん登場しますね。

常田
曲を選ぶ時にもそういう話になりましたね。とはいえ、アップテンポばかりじゃなくてハネてる曲もいくつかありますし、“バラエティーに富んだ作品”ということを最初から掲げなかったから良かったのかなと思います。一曲一曲イメージで作っていって、できたものを並べていったらこういうラインナップになったということですね。
大橋
衝動的に進んでいった結果、そういう曲がたまたま多くなったんですね。昔はミディアムやバラードが多かったんですけど、結局そういう作品が集まったアルバムって一曲一曲のカラーを変えていくのが難しいし、伝えたいメッセージもバラードだと偏ってくるというか。だから、溜めて溜めて“ここぞ!”というところでバラードを出すみたいな使い方を、最近はしてるような気がしますね。

今回で言えば、バラードは「未来花」の1曲だけでいいと?

大橋
そうですね。そこは「未来花」に注ぎ込んだ感じはあります。
常田
今回は起伏が激しい曲が多いので。「ミスターカイト」もそうですけど、“バラードなの? いや違うな”という難しい感じの置き位置ですね。「リアライズ」もそうで、だんだんエモーショナルになっていくという。

その2曲には強いつながりを感じます。

大橋
「リアライズ」は静かに熱い曲を作りたいねと言って、じわじわと熱量が上がっていくようなアイデア先行で作りましたね。バラードを歌う感覚ではないです。

この曲はアルバムのラスト曲にぴったりですよ。

常田
そうなんですけど、最後に置かないという案をふたりとも出したんですよ。最後に思えるからこそ、あえて置かない(笑)。でも、今回はそういうことじゃないねという話をして、そのままの通りに受け止めてもらってもいいんじゃないかと。

何でしょうね? ひねる癖がついてるのか。

常田
照れ臭さ半分、ちょっと思ってもらいたい半分みたいな、なかなかストレートにいけない部分があったんです。でも、今回は最初から“なるべくシンプルに”という話をしていたのが大きいのかなと思いますね。

確かに歌詞の面でもスキマスイッチ得意の皮肉系とか、卑屈な男のラブソングとか(笑)、そういう歌詞が今回はないですね。これは褒め言葉として取ってほしいですけど、とても素直な感情が伝わる歌詞ばかりだと思います。

大橋
シンガーソングライターはみんな、“この言葉はみんなよく使うよな”とか意識すると思うんですけど。スキマスイッチは特にそこを嫌がって、“違う言い回しはないかな?”ってすごくひねって考えていたところがあって。

もちろん、そこが好きですよ。

大橋
ただ、それも随分やったので。自分たちの年齢もあるかもしれないですね。今は何か言っても若い頃よりは軽く聴こえないだろうとか、今だからこそやってもいいやと思えたというのはあるかもしれない。
常田
ただ、シンプルに書いたとしてもスキマスイッチのリスナーには意味を考えてくれる方がたくさんいらっしゃるので。“次に何してくるんだろう?”という期待を良い意味で裏切っていくことは変わらないと思います。

ライヴで心地良い曲も多いので、ツアーを楽しみにしてます。

大橋
ツアーをやることでアルバムが完成すると思うので。スキマスイッチはコンピューターを使って演奏しないのでステージ上での完全再現は難しいんですけど、ポイントを押さえてバンドでリアレンジして、アルバムを完成させたいと思います。

取材:宮本英夫

アルバム『新空間アルゴリズム』2018年3月14日発売 AUGUSTA RECORDS
    • 【初回限定盤(SHM-CD+DVD)】
    • UMCA-19056 ¥3,700(税抜)
    • ※スリーブケース仕様
    • 【通常盤】
    • UMCA-10056 ¥2,950(税抜)

『SUKIMASWITCH TOUR 2018 "ALGOrhythm"』

4/11(水) 神奈川・川崎市スポーツ・文化総合センター
4/14(土) 宮城・仙台サンプラザホール
4/18(水) 大阪・festival hall
4/19(木) 大阪・festival hall
4/27(金) 香川・サンポートホール高松
4/28(土) 高知・高知県立県民文化ホール オレンジホール
5/03(木) 岡山・倉敷市民会館
5/04(金) 鳥取・米子コンベンションセンター
5/06(日) 広島・広島文化学園HBGホール
5/09(水) 福岡・福岡サンパレスホール
5/12(土) 新潟・新潟テルサ
5/13(日) 石川・北陸電力会館 本多の森ホール
5/19(土) 栃木・宇都宮市文化会館
5/20(日) 群馬・ベイシア文化ホール(群馬県民会館)
5/29(火) 青森・八戸市公会堂
5/30(水) 山形・やまぎんホール(山形県県民会館)
6/01(金) 福島・會津風雅堂
6/06(水) 東京・NHKホール
6/10(日) 愛知・名古屋国際会議場センチュリーホール
6/11(月) 大阪・オリックス劇場
6/18(月) 京都・ロームシアター京都
6/19(火) 兵庫・神戸国際会館
6/29(金) 北海道・北見市民会館大ホール
7/01(日) 北海道・ニトリ文化ホール
7/03(火) 北海道・七飯町文化センター
7/09(月) 愛知・刈谷市総合文化センター
7/12(木) 埼玉・大宮ソニックシティ 大ホール
7/19(木) 東京・中野サンプラザホール
7/20(金) 東京・中野サンプラザホール
7/26(木) 静岡・アクトシティ浜松 大ホール
7/27(金) 三重・亀山市文化会館 大ホール
8/08(水) 熊本・市民会館シアーズホーム夢ホール(熊本市民会館)
8/09(木) 鹿児島・宝山ホール(鹿児島県文化センター)
8/12(日) 沖縄・沖縄コンベンションセンター

スキマスイッチ プロフィール

スキマスイッチ:大橋卓弥、常田真太郎のソングライターふたりからなるユニット。1999年結成。2003年にシングル「view」でメジャーデビュー。大橋の温かく包み込むような独特の歌声、それを支える常田の卓越したサウンドクリエイトで「奏(かなで)」「全力少年」など、ヒット曲を次々と生み出している。スキマスイッチ オフィシャルHP

L→R 大橋卓弥(Vo&Gu&Harmonica)、常田真太郎(Piano&Cho&Organ&Other instruments and total sound treatment)
アルバム『新空間アルゴリズム』【初回限定盤(SHM-CD+DVD)】
アルバム『新空間アルゴリズム』【通常盤】

「未来花(ミライカ)」MV

「ミスターカイト」MV

「LINE」MV

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。