今だからこそ、ライブキッズにはアジカンを97%オススメしたい

    邦ロック好きのライブキッズの皆さん、ASIAN KUNG-FU GENERATION(アジアンカンフージェネレーション)を知っていますか??

    アジカンです、アジカン。
    消してー!!リライトしてー!!
    のアレです。

    フォーリミとかKANA-BOONとかさ、KEYTALK!あと、セプテンバーミー
    そして、SHISHAMOTHE ORAL CIGARETTES![Alexandros]!

    そしてそれを好きなライブキッズ!!!

    アジカン聴いたかー!?
    ELLEGARDENが好きなら多分好きだぞ!

    アジカンは、最近流行りのハイトーンボイスよりもロックだ

    最近流行りのバンドは、どうもモヤシのようなナヨナヨしたボーカル声が人気のようです。
    個人的には好きなんですよ、モヤシボーカル。

    だけど、「ロック」じゃなくね?と、正直。

    僕はロックおじさんではありません。
    生まれてからバンドに出会うまでは、J-POP聴いて生きてきましたよ。

    だからこそ何となく ロックってもっとゴツゴツしてるなって思うし、たくましくいて欲しいんですよ。

    邦ロックって一括りに言ってもジャンルとか違うけどね。
    あの花は関係ないです。

    この曲は、ブレイク寸前の2003年に発売した1st フルアルバム。

    今のアジカンを知ってる人からすると、めちゃくちゃ若い(笑)
    けど、この低めの声質がパワフルで、癖になりませんか?

    ロックって、高音のメロディーで声を擦り切って歌う時のかすれ声のことを言うじゃないですか。
    知りませんでした?(今決めました)

    アジカンは、演奏がシンプルなのに発想がヤバい

    みんな驚愕こと凛として時雨

    ヤバいですよね。
    メンバー3人なのに誰が何弾いて叩いてるのか分かりません。

    時雨はヤバいです。

    それに比べて、アジカンの演奏、
    クッソシンプルです。

    これって実は難しい問題で、音楽って、
    演奏が複雑だから良いとか、シンプルだからダメってことでは無いんですよね。
    逆もしかり。

    その上で、たまにはシンプルなロックも気持ち良いよ、と伝えたいわけです。

    そして、シンプルな演奏を駆使して面白い発想で楽曲を作り上げているのが、たまらない。
    楽器とかやってる人なら分かる話かもしれません。

    例えばこれ、
    こちらは2016年リリースという、アジカンの中では比較的新しい曲。

    アジアちっくなイントロのリードギターがフワッとしていてカッコ良い。
    毎度ながらシンプルな構成なのにフレーズが、流行りの邦ロックとは一味違う、これがアジカン。

    良い歳の取り方してますよね。この曲、40歳で演奏したってカッコ良いもん。
    名曲、新世紀のラブソング。

    今までの楽曲とは違う路線の曲。2009年にリリースしていたアジカン、ヤバくないですか?
    打ち込みっぽいビートからの逆回転ディレイを使ったとされるギターフレーズが印象的。でも演奏自体はシンプル。

    ついでに言うと、Vo. ゴッチのラップを意識した歌い方が熱いです。

    アジカンは、ライブのクセがすごいんじゃ

    原曲↓
    原曲とのVo. ゴッチの ねちっこさが違います(笑)

    これは恐らくアジカンが影響を受けたと言われる、邦楽ロック90年代伝説のバンド NUMBER GIRL(ナンバーガール)の影響です。

    NUMBER GIRLの透明少女という曲があるんですが、しっかりカバーしちゃってますし(笑)
    そして本家様をご覧ください。
    こ れ は 影 響 を う け て る

    Vo.ゴッチのワンフレーズの切り方とかスゴイ似てます。

    あまりにもリスペクトしたのか、
    N.G.S(ナンバーガール・シンドローム)って曲をアジカンは作りました。
    この歌い方のねちっこさ、クセがすごいんじゃ。

    今の邦ロックには無いもの

    今の邦楽ロックは、曲がキレイです。演奏も上手いし、J-POP聴くよりもノリ良いしカッコ良いよね。

    それに比べて、ELLEGARDENとかASIAN KUNG-FU GENERATIONとかって初期なんか特に荒削りですよね。

    今なんて、レコーディングする環境も整ったしプロっぽい曲なんかすぐ録音できちゃいますよ。
    だけどさ、ずーっと同じような曲のスタイルだったり、パッションだったり。
    バンドが新しい音とか発想に向けて曲を進化させていく、ってことがあんまり無いような気がします。

    みんな考えて考えて曲作ってるのは百も承知なんだけどね。

    バンドって生き物で、良くも悪くも一生完成しない音楽じゃないのかなと自負しているわけなんですが。(ワンオクのVo.TAKAも言ってたし)

    どっちが良いか悪いかというわけではなくて、今しかできない作品をバンドには残していって欲しいなと思っています。

    それにしても、バンドって楽しいからね。

    邦ロックブームまだまだ続きますように。
    うわカッコ良いこと言っちゃったよ。

     

    mic

    FOOL MUSICが運営する日本最大級の面白い邦ロック専門メディアです。
    邦楽ロックを中心に、最新の音楽情報、音楽紹介、イベントカレンダー、インタビュー、「〜やってみた」などを掲載しています。

    コンセプトは、「邦楽ロックとリスナーの交差点」。
    音楽好きの溜まり場、そして最良の仲間として、より身近に楽しいコンテンツをお届けしていきます。

    0コメント