L→R 合田 悟(Ba)、小高芳太朗(Vo&Gu)、桜井雄一(Dr)、山下 壮(Gu)

    L→R 合田 悟(Ba)、小高芳太朗(Vo&Gu)、桜井雄一(Dr)、山下 壮(Gu)

    【LUNKHEAD】“いくらでも武器あるじ
    ゃん”って感じた

    核の揺るぎなさは変わらず。しかし、表現のスタイルはそこにとらわれずに新たな世界を切り開いた。言葉もメロディーもサウンドも、全てが新鮮さをもって響き渡る。一曲一曲の存在感の強さと深み。間違いなくニューアルバム『アリアル』は最高傑作だ!
    取材:竹内美保

    アルバムを何度も聴いてみて、やっぱり「ユキシズク」の存在は大きいなと感じました。

    小高
    そうですね。あれがスタートの曲だったし、あの曲に込めたメッセージが“アリアル”という言葉につながっていったので。最初に録ったのが「優しくしたい人がいる」と「月明かりに踊る君を僕はただ見ていた」なんですけど、この2曲にも「ユキシズク」と同じく、君がいて、無力な自分がいて、でも何とかしたいという気持ちが描かれているんですよ。で、その次に「空中線」の歌詞を書いたんですけど、この曲はその答えだと思うんです。それくらいの時点で、“このアルバムで言いたいことって、お互いの存在を認知しているだけで生まれる、変われる、何かがあるということなんじゃないか”と思った時に、“存在”というキーワードが浮かんできて。その“存り、在る”とアンテナを意味する“エアリアル”を混ぜた言葉が、アルバムのタイトルになりました。

    じゃあ、かなり早い段階でビジョンが見えていたと?

    山下
    匂いくらいですね。デモを聴いて“これはひと皮剥けた感じがあるな”っていう。サウンド的にちょっと今までと違うっていうのは「ユキシズク」の時からありました。また新しいエッセンスが出てきてるなって。

    確かに今までと違う方向でひとつ抜けた感がありますね。

    小高
    デモを作っていても“手応えがいつもと違うな”っていう感じは、俺自身にもありました。LUNKHEADで在り続けながらLUNKHEAD自身が進化していかなきゃいけないというのは毎回自分たちのテーマなんですけど、今回は“いくらでも武器あるじゃん”って感じたのが自分でもすごく新鮮で。自分のメロディーのセオリーからも離れて、新しい世界に行ったなぁと思えたので。
    合田
    デモの段階でメロディーがすごく強くて、“もうこれでよろしいやん”っていう感じの曲ばかりでした。だから、どうやって料理するか?という。嬉しい悩みはありましたね。

    「空中線」などは今までにない、抑えた感じが新鮮で。ローズピアノっぽく聴こえるのはギターの音色ですよね。

    山下
    そうです。エレクトリックピアノの入っている古い曲が好きなので、ずっと憧れだったんですけど、鍵盤弾けないので(笑)。
    小高
    全体的にドスコイ!みたいな感じの曲ばかりなので、箸休めも必要というか。桜井さんはすぐ刻みたがるので(笑)、“いや、これはグッと抑えて”って。頑張って何もしない、みたいな。だって、「うぇいうぇいうぇい」なんかAメロからいきなりブワーッて叩きまくって、叩き終わるとハーハー言ってるから。

    この曲はテンションが高いですよね、合田さんも(笑)。

    合田
    高くなってしまいましたね、結果的に(笑)。
    小高
    馬鹿みたいな曲、ライヴで武器になる曲が欲しくて作ったんです。で、悟のシャウトありきで歌詞を書いて。
    合田
    “ベース、いいのが録れたな〜。え? 今回のレコーディングの最後にシャウト!?”って(笑)。でも、ライヴ感のある曲になりましたね。

    歌詞は「木曜日」も面白い。今までにないタッチですよね。

    小高
    これはふたりからお題をリクエストしてもらったら、悟が“恋愛”で壮が“のっぴきならない修羅場”って。曲が歌謡曲っぽくて、リフがサスペンスっぽかったので、そういうイメージになったんだと思うんですけど。なので、“のっぴきならない恋愛の修羅場”をテーマに書きました。
    山下
    想像以上にのっぴきならなかったです(笑)。“痴話喧嘩とかじゃねーんだ!?”みたいな(一同笑)。
    小高
    これ、事務所のスタッフが“非現実的”って言ってたんですけど、俺はすげぇ現実的だと思ってて。毎日、こんなニュースばかり流れてるから。

    すごくリアルですよね。自分の身の周りには起きていないけど、ニュースを観ていると必ずある現実で。

    小高
    そう! そうなんですよ。自分の身に起きていないだけ。

    「いつか知らない誰かを愛しても」のアレンジのスケール感はグッときました。最初はリリカルな雰囲気で始まって、スケールアップしてミニ組曲みたいな展開になっていく。

    小高
    これはすごい気に入っているんですよね、曲として。最初に冒頭のリフのフレーズとサビが一緒にできて。で、最初は3拍子なんですけど、途中から4拍子に変わるっていう。
    山下
    かつテンポも変わる。でも、長いけど聴きやすいアレンジにしてあります。

    アルバムの締め括りが「陽のあたる道」なのもいいですね。スッと浄化される感じがありますよ。

    小高
    「優しくしたい人がいる」で始まって、この曲で終わるっていうのが、ストーリーがあっていいなと。これはすげぇ日常ですね。《焼きすぎたパンも 苦いコーヒーも 君が笑うから御馳走になる》っていうところとか。

    ここ最近の作品につながるのは、《美味しいものが美味しいのは〜》っていう言葉だったり。

    小高
    そうですね。“食べることは生きること”っていうのは、最近のキーワードなので。

    今回、手に触れたり、手を握ったりといった描写がすごく印象的だったのですが、アルバムの最後が《だからさ、君もさ、信じてみてよ 繋いだこの手を》で締め括られているのも温かくていいなと思いました。象徴的でもあるし。

    小高
    なるほど、そうかも。希望がちゃんとありますよね。曲順は一発で決まったんですよ、これに。曲を作っている時は「存在?」が1曲目かなと思っていたんですけど、“アリアル”ってこれだけ大層なことを言っておいて、1曲目が「存在?」だったら、いきなり真逆だろうっていう(笑)。ま、アンチテーゼも込めて“存在?”ってタイトルを付けたんですけど。いろいろギミックも入ってますよ、アルバムのあちこちに。

    面白かったです。楽曲の良さはもちろんですが。

    小高
    全部リード曲にしていいくらい。全曲、代表曲に育っていくんじゃないかと思っています。
    『アリアル』
      • 『アリアル』
      • CHKY-0027
      • 2016.09.07
      • 3024円
    LUNKHEAD プロフィール

    ランクヘッド:1999年に愛媛県で結成され、04年1月にシングル「白い声」でメジャーデビュー。10年4月にオリジナルメンバーの石川 龍(Dr)が脱退するも、桜井雄一(ex.ART SCHOOL)を迎えての新体制となる。16年5月、初のアニメタイアップとして、『うしおととら』の第3期エンディング「決戦前夜」を発表し、新たなる世界感を見出す。LUNKHEAD オフィシャルHP

    OKMusic編集部

    全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

    0コメント