MACHINA

MACHINA

MACHINA、アンジェラ・アキとタッグ
を組んだ新曲「Waltz-steps」MV公開

9月7日にEP『Color Me』のリリースを控えたMACHINAが新曲「Waltz-steps」のMVを公開。同時に同曲が日本テレビ系『バズリズム』のPOWER PLAYに決定したことも明らかになった。
「Waltz-steps」は、かねてから親交のあったアンジェラ・アキとの共作。アンジェラ自身が楽曲を気に入り、共作が実現したという魅力のナンバーだ。今回タッグを組んだディレクターは、タイで行なわれた国際的な広告祭「アドフェス2016」でも受賞し、注目度急上昇中の平牧和彦(ギークピクチュアズ)。廃墟を舞台にMACHINA本人がコンテンポラリー・ダンスに初挑戦した、文字通り身も心も体当たりで表現した意欲作に仕上がっている。

この美貌と才能を兼ね備えた新世代宅録女子MACHINAの初の全国流通作品が、9月7日(水)いよいよリリースとなる。「Waltz-steps」を含む全6曲を収録したEP『Color Me』は、一部タワーレコードでのみ流通した限定デビューEP『Hear Me』に続く2作目。ジェイムス・ブレイクの影響を受けているという本人の言葉も納得のアンビエントでスタイリッシュなクラブ・ミュージックに、男女の恋愛過程をテーマにしたシネマティックなリリックが織り込まれている。そのセンスは、Inter FM / block.fm「TOKYO SCENE」出演時に、MCのTAKU TAKAHASHI(m-flo)、TJOから大絶賛を受けたほど。現在はイラストレーターとして活躍する元ceroの柳智之によるジャケット・アートも個性的かつ素晴らしい仕上がりだ。

9月7日(水)には、渋谷のクラブ・ミュージックの聖地「マンハッタン・レコード」で観覧無料のインストアイベントも決定。「DAW女(ダウジョ)」という言葉も生まれ盛り上がる宅録女子シーン、その最新型アーティスト・MACHINAから目が離せない。

■日本テレビ系『バズリズム』オフィシャルHP
http://www.ntv.co.jp/buzzrhythm/

【各関係者よりコメント】

■アンジェラ・アキ
彼女は本当に素晴らしいボーカリストであると同時に、他に類をみないオリジナリティーを持ったクリエーター。
今回一緒に曲を作れたことはお互いにとって大きな刺激になりましたし、とてもエキサイティングな経験でした。

■PARKGOLF
リリースおめでとうございます。moodな曲からオリエンタルな曲、韓国語、英語、日本語。
色々な要素が詰まっていて、色々な場所で聴きたいです。

「Waltz-steps」MV(Full Ver.)

EP『Color Me』

2016年9月7日発売
YHM-002/¥1,500(税込)
<収録曲>
1,More
2,at Love
3,bpm 89
4,Born to Love
5,Waltz-steps
6,The Match
MACHINA
MACHINA
E.P. 「Color Me」

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』

新着