4年ぶりに新曲「Fire Bird」を披露したYELLOW MAGIC ORCHESTRA Listen Japan

4年ぶりに新曲「Fire Bird」を披露したYELLOW MAGIC ORCHESTRA Listen Japan

<WORLD HAPPINESS 2011>YMO脱原発
「NO NUKES, MORE TREES」旗のもと新
曲披露

8月7日(日)東京・夢の島公園陸上競技場で野外フェス<WORLD HAPPINESS 2011>が開催され、サカナクション、YUKI、YELLOW MAGIC ORCHESTRAら豪華アーティストが出演した。
真夏日となったこの日、都心にありながら緑に囲まれた新木場・夢の島公園というロケーションで、のんびりとした雰囲気を味わえることからカップルや家族連れが多く訪れた。今年のイベントのテーマは「再生への道」。手塚治虫の『火の鳥』とコラボし会場のトレードマークとして同キャラクターが使用された会場には、「レフトステージ」と「センターステージ」の2ステージが隣接して用意され、出演者が交互にライブを展開するという構成で行われた。

日も暮れかけた会場、「センターステージ」に登場したサカナクション。一曲目の「ルーキー」ではエレクトロサウンドの心地よいリズムに会場にいるオーディエンスが飛び跳ね、新曲『バッハの旋律を夜に聴いたせいです。』では、妖艶な雰囲気を演出。ラスト「アイデンティティ」までオーディエンスは終始リズムに体を委ねる。

一方、初登場となったYUKI。小柄だが存在感ある姿がスクリーンに映し出されると大歓声が。ファンの中でも人気の高い「JOY」、「メランコリニスタ」ではコミカルにリズムをとりながら歌う姿にオーディエンスもつられてダンス。続く「Wild Ladies」では“私は限界を作るの止めたの!”とギターを持ち自らリードギターをとる場面も。ラスト「ワンダーライン」ではハイトーンの中にも伸びのある歌声が野外会場に響き、夕暮れと相まって幻想的な空間を演出。

そして、本イベントの大トリを努めたYellow Magic Orchestra。今年は4年ぶりに新曲を披露することがアナウンスされその動向が注目されていたが、登場するや一曲目から新曲「Fire Bird」を演奏。『火の鳥』をモチーフに「再生・復活」をテーマにしたというこの曲、スタートから壮大な音の波が会場を包んだ。続いて「Firecracker」、「The City of Light」とライブが進行するにつれ、打ち込みのサウンドの中にもグルーヴ感ある技術で若い世代はおろか往年のファンをも圧倒。計10曲を演奏し本編が終了するとアンコールに応えステージに再登場。アンコール曲「東風 / Tong Poo」では暑い夏の野外を更なる熱で包んだ。

さらに、熱気が冷めぬライブ終了後、ファンの声援に応えていた細野、高橋、坂本の3人が「NO NUKES, MORE TREES」(原子力はいらない、もっと木を)の旗を掲げる一幕も、会場からは称賛の拍手がいつまでも鳴り響いていた。この日のステージではMCもなく多くを語らなかったYMO、しかし、ライブを見た者には何かしら心に響くものが残され
4年ぶりに新曲「Fire Bird」を披露したYELLOW MAGIC ORCHESTRA Listen Japan
「NO NUKES, MORE TREES」の旗を掲げる坂本龍一 Listen Japan
<WORLD HAPPINESS 2011>で熱演を繰り広げたYELLOW MAGIC ORCHESTRA Listen Japan
<WORLD HAPPINESS 2011>で熱演を繰り広げたサカナクション Listen Japan

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

新着