80's調の弾むサウンドが春を感じさせる表題曲は上京時のセンチな気持ちを歌っていた前作とは対称的に、失敗を物ともしない可愛らしく前向きな一曲。これから新しい生活が始まる人たちに向けたチャットからのメッセージと言ってもいいだろう。ウルフルズの名曲「かわいいひと」のカバーでは阿波踊りのテイストを利かせるなど、故郷愛も忘れず取り入れる彼女たちに思わず笑みがこぼれる。
(佐藤志保)
コメントはありません

このアーティストのその他のノート

チャットモンチーについて