deadman、2024年春のニューアルバム
リリースと年内最後のワンマンライブ
を発表

deadmanが、2024年春に19年ぶりのニューアルバムをリリースすることが決定、併せて2023年年内最後となるワンマンライブ『the come down』を12月27日(水)にSUPERNOVA KAWASAKIにて開催することが発表された。
2019年の電撃的再結成の後、2023年も激しく疾走を続けるdeadman。本年はツアーを含む多くのライブのみならず、現サポートメンバーであるkazu(Bs)と晁直(Ds)迎えての初レコーディング作品となるアルバム『dead reminiscence』を発表、MUCCとのコラボ音源「産声」をリリースするなど、精力的な活動を行ってきた。
2024年春にリリースするニューアルバムは、現サポートメンバーであるkazu(Bs)と晁直(Ds)がレコーディングに参加。現在、作曲期間中とのことで、「既に多くの新曲が生まれつつある」といメンバーの弁も伝わってきた。これらの楽曲は、約20年の時を超え、大きく進化したdeadmanの新境地であろうことは間違いない。
そして12月27日(水)にSUPERNOVA KAWASAKIで開催される2023年年内最後となるワンマンライブ公演『the come down』では、現在作曲中の新曲も多々披露されるとのこと。
チケットのオフィシャルホームページ先行は、一般発売に先駆けて2023年11月11日(土)12:00~11月19日(日)21:00に行われる。

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

新着