VR能『攻殻機動隊』技術的な進化を遂
げた最新バージョンで東京公演を開催
 ベネチア凱旋公演も決定

2023年10月13日(金)~10月15日(日)東京建物 Brillia HALLにて、VR能『攻殻機動隊』が上演されること、また、ワールドツアーの皮切りとなるベネチア凱旋公演が決定した。
『攻殻機動隊』は士郎正宗による、近未来の電脳化社会を舞台に架空の公安組織の活躍を描いた漫画。これまで、テレビアニメや劇場版アニメ、小説、ハリウッド映画、ゲームなどさまざまな形でリメイクされ続けているSF漫画の金字塔とも言われる作品だ。
VR能『攻殻機動隊』は、その『攻殻機動隊』を日古典芸能である能で表現。さらに、最新技術「空中結像技術(AIRR)」を使い、仮想現実空間を舞台上に再現する。VR用のゴーグルなしに見られる、世界初の試みとなっている。2020年8月に世田谷パブリックシアターで初演。その後、東京芸術劇場プレイハウス、博多座、札幌文化芸術劇場、IHI ステージアラウンド東京で上演され、高い評価を得てきた。今回、技術的な進化を遂げた最新バージョンとして東京公演を行う。そしてこの東京公演の後にはワールドツアーの皮切りとなるベネチア凱旋公演が控えている。
演出は舞台『ペルソナ』シリーズや舞台版『攻殻機動隊ARISE』、AKB版『仁義なき戦い』などを手がけた映画監督・奥秀太郎。脚本は『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX』や『BLOOD』シリーズなどで知られる藤咲淳一。VR技術は国内のVR研究での第一人者・稲見昌彦(東京大学教授)、映像技術は日本初の舞台での3D映像を開発してきた福地健太郎(明治大学教授)と杉本麻樹(慶應大学教授)。世界初・空中結像(AIRR)技術を手掛けるのはこの技術の創始者・山本裕紹と陶山史朗(宇都宮大学教授)。
出演は、実力・知名度ともに現在の能のシーンを牽引する坂口貴信(観世流能楽師)、谷本健吾(観世流能楽師)、川口晃平(観世流能楽師)、そして業界大注目の観世宗家のプリンス・観世三郎太(観世流能楽師)など。未来の演劇を体験できる、またとないチャンスとなるこの機会を見逃さないでおこう。

アーティスト

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」
  • SUPER★DRAGON / 「Cooking★RAKU」
  • ゆいにしお / 「ゆいにしおのmid-20s的生活」

新着