【イベントレポート】二見颯一と平松
賢人が再び共演「USEN唄小屋Vol.11
歌謡新風伝」

11月26日に無観客生配信コンサート「USEN唄小屋Vol.11 歌謡新風伝 二見颯一 平松賢人」が開催された。

演歌第七世代メンバーで、聴く人すべてに心地よく響く“やまびこボイス”の持ち主、二見颯一、東海エリアで人気グループ・BOYS AND MENこと通称“ボイメン”のメンバーでソロシングルがオリコン演歌歌謡ランキング1位を獲得した実力派・平松賢人。二見は2度目、平松は3度目の出演でこの配信での共演は2度目。普段からSNS上にて交流がある2人の息の合った掛け合いはオープニングからフルスロットル
オープニング後、まずは二見が「ふるさと暮色」を平松さんが「別れたっていいじゃない」とそれぞれのオリジナル曲を披露。その後、名曲「アメリカ橋」を2人でコラボ熱唱。とても心地の良いハーモニーを奏でる。そして今回の目玉企画のひとつお互いの楽曲をシャッフルして歌うコーナーに突入。平松が共演以来とても気に入って聴いているという二見の「0時の終列車」を本人の前で披露する。二見も自分の楽曲をカバーされるのは初めてということでとても楽しみにしていた。歌い終わり、平松独自の世界観に酔いしれていた。
選手交代して二見が歌唱したのはBOYS AND MENの「男気・夢・音頭」を平松、配信でおなじみのボイメンエリア研究生ユニット「灼熱ダンサーズ」を従えて熱唱。サビでは4人で同じ振りを披露してアイドルコンサートさながらだった。平松は「本物の歌唱だ」と興奮して二見を讃えていた。

トークコーナーではお互いの趣味について語り、二見はイラストを、平松はカメラ撮影についてなど多彩な才能をお互いリスペクトしながら語らう。「USEN唄小屋」恒例の生電話コーナーに突入して抽選で選ばれた視聴者と楽しく電話をした。後半戦の前に、灼熱ダンサーズの2人が所属するボイメンエリア研究生のオリジナル曲「君が焦がした恋のパンケーキ、僕が食べちゃいたいと思った」を披露してフレッシュ感たっぷりな歌唱に元気をもらい後半戦スタート。

平松から先日、ラジオで共演したという山本譲二の「みちのくひとり旅」を歌い上げると、続いて二見がアルバムから「放浪のはて」と、11月2日にリリースになったばかりの「君恋列車」を伸びやかな歌声でスタジオを包みました。そして、平松の最新曲「灼熱ロマンス」をキレキレのダンスとともに歌唱し盛り上げた。

エンディングでは平松が「二見と歌いたいリスト」の中からレミオロメンの「3月9日」を選びコラボ歌唱。時にしっとりと時に魂を込めて歌い上げた。

全日本歌謡情報センター

歌謡曲・演歌に特化したエンタメ情報サイト

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」
  • SUPER★DRAGON / 「Cooking★RAKU」

新着