小田和正「一緒に歌えるようになって
いることを願って」 全国ツアーが地
元横浜でフィナーレ、2023年春に追加
公演が決定

小田和正の全国ツアー『明治安田生命 Presents Kazumasa Oda Tour 2022 「こんど、君と」』が、11月9日に神奈川・横浜アリーナにてフィナーレを迎えた。本記事では同公演のオフィシャルレポートをお届けする。

2022年6月3日(金)ビッグパレットふくしまを皮切りにスタートした、小田和正3年ぶりの全国ツアー『明治安田生命 Presents Kazumasa Oda Tour 2022 「こんど、君と」』が、自身の故郷横浜に13,000人を集めてフィナーレを迎えた。
今回のツアーは、自身のコロナ感染により、8月3日(水)・4日(木)の国⽴代々⽊競技場第⼀体育館と8月13日(土)・14日(日)の沖縄アリーナ公演が延期され、また九州北部を直撃した台風14号の影響により、9月18日(日)のマリンメッセ福岡A館公演が中止された。順風満帆のツアーとはいかなかったが、9月20日に75歳を迎えながらも全国で30万人を動員し、前人未到の最年長アリーナツアーを成功させた。
冒頭のMCでは、「一部なんだか今日がファイナルみたいな雰囲気が漂っているように思えますが、まだ沖縄公演が残っていますし、沖縄のイベンターが今日遊びに来ているので傷つきますから(笑)。まあ、セミファイナルという感じで盛り上がっていきたいと思います。」と語った。
8年半ぶりのオリジナル・アルバム『early summer 2022』(読み方:アーリーサマーニーマルニーニー)を発表、その中から「so far so good」(NHKドラマ10『正直不動産』主題歌)、「ナカマ」(テレビ東京系『ガイアの夜明け』エンディングテーマ)、そしてツアータイトル名にもなっている「こんど、君と」(NHK『みんなのうた 60』記念ソング)等、新曲とお馴染みの大ヒットソングを織り交ぜながら、花道を縦横無尽に動き回り、客席を大いに盛り上げ、全力で楽しませた。
小田和正 撮影=菊地英二
終盤のMCでは、「セミファイナルはいかがだったでしょうか?皆さんご存じかとは思いますが、来年の5月から追加公演を行います。その頃はもしかして一緒に歌えるようになっていることを願って、皆さん健康に注意してまた付き合ってください。どうもありがとうございました!」と語った。
今回のツアーも、すべての会場のチケットが発売と同時にソールドアウト! しかし、小田のライブと言えば、自ら花道を降り、客席にマイクを向けて会場皆んなで一緒に歌って楽しめることが醍醐味。そのツアーも、コロナ禍ではマスク着用を義務付けられ、声を出すことさえも控えられた。それでも、きっとこの先、そんなコンサートができる日が待っているはずーー。そんな思いを抱き、その日を心待ちしている多くのファンの期待に応えられるように、来年6月28日(水)・29日(木)に振替となった東京公演に合わせて、さらなる追加公演が組まれた。思いがけぬその発表に会場から大きな拍手が巻き起こった。アンコールを含む全25曲 約2時間30分に及んだ横浜公演は、振替となった沖縄公演を残しつつも、一旦幕を閉じる。が、来年5月、福井から新たに追加公演がスタートする。(振替公演を除く、8ヶ所16公演、約15万人を動員予定)
皆んなで一緒に笑顔で、大声で歌えるーー。そんな春の日を心に描いた。

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」
  • SUPER★DRAGON / 「Cooking★RAKU」

新着